サイト内の現在位置を表示しています。

ラインスキャナ

金融・印刷・製造・医療・流通など、
幅広い分野で高速かつ的確な画像入力を実現します

ラインスキャナは、さまざまな分野で実績のある高度な画像入力をベースに、生産ラインへの組込みや読取りモジュールとして、多彩な活用シーンを想定したモデルを提供しています。業務の効率化やスピードアップ、検査・検品ミスの防止、サービス品質の向上を実現し、幅広い分野で活用いただけます。

ラインスキャナ LS06

LS06の外観イメージです

撮像素子(ラインCCD)、レンズ、光源の一体化により、生産ラインへの組込みを容易としたラインスキャナ。

さまざまなワークに合わせ、撮像幅、照明、撮像速度、解像度の変更など、柔軟なカスタマイズに対応します。

特長

  • 高速・連続撮像
    最大1.2m/秒の撮像速度、長尺物の連続撮像を実現します。
  • 深い被写界深度
    高低差があっても、1スキャンでの撮像が可能です。
  • 広いワークディスタンス
    105mmのワークディスタンスにより、高さのある立体物撮像にも対応できます。
  • 一体化構造
    撮像素子・レンズ・光源の一体化により、設置が容易です。