サイト内の現在位置を表示しています。

各種機能

クラウド型統合管理サービス NetMeister(ネットマイスター)
NetMeister(ネットマイスター)は、NECプラットフォームズが提供するクラウド型統合管理サービスです

顧客管理

NetMeisterは、顧客単位などで「グループ」を作り、そのグループ内に複数の「拠点」を登録可能です。

NetMeisterで管理する「装置」は、「グループ」「拠点」の組み合わせで紐づけを行う仕組みのため、体系的に管理することができるようになっています。

また、これらの情報は、アカウントを「招待」することで管理を共有することもできます。

NetMeisterの管理体系-1
NetMeisterの管理体系-2

ダッシュボード

拠点・装置ごとの正常・異常の有無を円グラフ表示し、最新のアラーム情報を下段に表示し状況をひと目で把握できます。

また、インフォメーションボードにより、最新情報をご提供します。

NetMeister ダッシュボードの画面
NetMeister ダッシュボードの画面 アラーム詳細ウィンドウ

拠点画面

設置機器の拠点情報は、GoogleMAPと連動したマップ表示ができます。
装置の設置場所などが地図上で確認できるので、機器情報の運用管理が容易になります。

NetMeisterの拠点画面

状況確認に関する機能

NetMeisterの装置に関して、さまざまな状況を監視・情報収集をすることができます。

装置画面

  • 装置概要の確認(機種名、シリアル番号、ファームウェアバージョンなど)
  • アラームの確認(発生時刻、復旧時刻、拠点名、ホスト名など)
  • 「VPN」「無線LAN」など装置固有の機能に関する情報の確認

NetMeister 装置概要の画面

デバイスリスト

IXシリーズ・WAシリーズなどのルータ機器では、LAN側に接続された端末情報の確認を行うことも可能です。

NetMeister 装置概要の画面

見える化機能

ネットワークトポロジーやUTMの脅威レポートを表示する機能です。

デバイスマップ

拠点内のネットワーク機器の接続可視化を行います。
図のサークル内の数値は接続された端末(PC等)の数を示します。サークルをクリックすると、接続された端末の一覧を表示します。

※ NetMeister Ver3.0に対応した機器に限ります。

デバイスマップの画面

UTM脅威レポート

NetMeister Ver3.0に対応したUTM機器(UTMライセンスを適用したIXシリーズ、Aterm SA3500G)で検出されたネットワーク上の脅威や、Webカテゴリごとのアクセス状況をレポート表示します。

脅威検出状況(全体)
脅威検出状況(URLフィルタリング)

お知らせ機能(通知機能)

NetMeisterは異常を検知した際に、メールで通知を行う機能があります。

ネットワークモニタ
異常を検知したときにメールで通知

Ver3.0から、この検知の種類に「ネットワークモニタ」「リンクダウン」が追加されました。

ネットワークモニタは、IXシリーズ・WAシリーズ、およびAspire UX/WXのルータボードで利用可能な、ホスト監視・経路監視やその後のアクションの設定が行える機能です。

この機能では監視対象のホスト・経路は自由に設定ができるため、さまざまな異常を検出し、通知するためのトリガとしても非常に有効です。

たとえば、業務上重要なサーバなど特定の端末の死活監視に異常が起きた場合に、メール通知をするといったことができるようになります。

ネットワークモニタ
ホスト監視・経路監視や、その後のアクションの設定が行える

リモートメンテナンス機能

NetMeisterに対応した機器に対して、さまざまなアクションが行えます。

  • ファームウェア更新
  • コンフィグ取得
  • 装置情報の一括取得

さらにNetMeister Ver3.0からは対応した機器の設定(コンフィグ)情報を装置から吸い上げてクラウド側に保管ができ、保管したコンフィグを装置に反映させることも可能になりました。

遠隔でコンフィグの管理・反映が可能クラウドに最大3つまでのコンフィグが登録でき、それぞれにコメントを書き記すことができます

多要素認証(MFA)機能

管理対象機器とクラウド間は暗号化通信によって改ざん、盗聴などの攻撃を防御します。
またNetMeisterへのログインはMFA多要素認証(注)による不正ログインの防止も行えるため安心・安全にお使いいただけます。

NetMeister セキュリティ情報
NetMeister MFA設定画面
  • (注)
    ログイン時、通常のIDとパスワードに加え、手持ちのデバイス(ハードウェア)に表示されている認証コードを入力しなければ、ログインできないという認証方式。

NGN閉域網IPv6対応DDNS機能

NetMeisterではインターネット網だけではなく、NGN網内のIPv6にも対応したダイナミックDNSを提供しており、以下の特長があります。

  1. 「実験サービス」「ベータ版」といった位置づけではなく、メーカーが運用する正規サービスのため、安心してお使いいただけます
  2. 「NTT東日本エリアのみ利用可能」といった制限はなく、NTT東西でお使いいただけます(
  3. NGN網から付与されるIPv6アドレスが変化した際には、ルータから自動でIPv6アドレスの更新を行います。ユーザ自身で更新する必要はありません。
  4. DDNSサーバの設定は、お使いのフレッツ回線経由である必要はありません。インターネット経由でどこからでもDDNSサーバの設定が行えます
IPv6半固定アドレスでもNGN網内VPN通信が可能となります
※ NTT東西間の通信は別途、ISP契約が必要です

機能一覧表

  • (注意)
    Ver3.0で追加されたアラーム・アクション・タブに関する機能、デバイスマップ・脅威レポートは、Ver3.0に対応した装置のバージョンでご利用になれます。また装置の機種によりご利用になれる機能には差分があります。詳細は、NetMeisterのマニュアルをご参照ください。
項 目 NetMeister
 Ver1.0 Ver2.0 Ver3.0
顧客管理 グループ作成、拠点作成 ×
ダッシュボード画面 ×
拠点画面 リスト表示/マップ表示 ×
メモ入力対応 ×
アカウント管理/権限 管理権限・閲覧権限 ×
カスタム権限 × ×
状況確認に関する機能 装置画面 基本情報表示 ×
メモ入力対応 × ×
装置画面タブ アラーム ×
デバイスリスト ×
コンフィグ × ×
VPN × ×
無線LAN × ×
モバイル × ×
回線リスト × ×
電話機リスト × ×
見える化機能 デバイスマップ × ×
UTM脅威レポート × ×
お知らせ機能 アラームの表示 ×
アラームのメール通知 ×
アラームの種類 リブート ×
FAN ×
温度超過 ×
CPU使用率 ×
メモリ使用率 ×
USB過電流 ×
システムエラー × ×
常時接続断 ×
ネットワークモニタ × ×
リンクダウン × ×
アンチウイルス検出 ×
Webガード検出 ×
IPS検出 ×
認証失敗 × ×
ライセンス期限間近 ×
ライセンス期限切れ ×
リモートメンテナンス アクションメニュー コンフィグ取得 ×
装置情報一括取得 ×
ファームウェア更新 ×
設定引継ぎ × ×
コマンド実行 × ×
再起動 × ×
装置削除 × ×
コンフィグ管理
(装置画面のコンフィグタブの機能)
コンフィグ保存 × ×
コンフィグ差分確認 × ×
コンフィグ反映 × ×
ファームウェア統一 × ×
URLオフロード ×
セキュリティ 多要素認証(MFA)機能 ×
DDNS機能 インターネット対応DDNS
NGN閉域網IPv6対応DDNS ×


  • NetMeister\ネットマイスターは、NECプラットフォームズ株式会社の登録商標です。
  • 記載されている社名および商品名・サービス名は各社の商標もしくは登録商標です。