顧客管理

RegiGrow 機能紹介

RegiGrow 顧客管理

顧客登録によりPOS売上情報に基づいた、顧客分析、販売促進情報として活用できます。

  • 優良顧客を把握し、質の高いサービスを提供
  • 各店舗の品揃えの適正化に有効
  • DM(ダイレクトメール)の発行で再来店を促進

RegiGrow(レジグロー) 顧客管理

DM発送、購買分析、ポイント管理など、お客さまへのきめ細かなプロモーションが可能な顧客管理機能

顧客登録によりPOS売上情報に基づいた、顧客の購買履歴の管理、DM発行、ポイント管理がおこなえます。顧客分析、販売促進情報として活用できます。

顧客分析

効果的な優良顧客へのプロモーションや、品揃えの適正化に役立ちます。

ショッピングをする女性
  • 優良顧客を把握し質の高いサービスをご提供します
    来店回数が多く、お買上回数、お買上金額が高い優良顧客を把握することができるので、質の高い接客、サービスをご提供することができます。
  • 各店舗の品揃えの適正化に有効です
    各店舗の買上金額・年齢別・性別の分析を行うことによって、品揃えの適正化に役立てることができます。
  • DMの発行で再来店を促します
    来店から一定の期間が空いているお客さまにDMを送付して、再来店を促すことで、店舗の集客と売上アップを期待できます。
  • 特定のお客さまに向けたDM配信で売上アップを狙います
    特定の商品を買っているお客さまに新入荷のご案内をしたいなど、顧客の嗜好に合わせてDMを送ることで、再来店と売上アップを期待できます。

顧客管理機能

販売管理システムとの連携により、売掛・請求管理も可能となります。

顧客の購買履歴の管理、DM発行、ポイント管理が行えます。顧客分析、販売促進情報として活用できます。

販売管理システムとの連携による顧客管理機能

顧客管理

売上情報に基づいた、販売促進情報として活用

顧客の購買履歴の管理、DM発行、ポイント管理が行えます。顧客分析、販売促進情報として活用できます。

顧客マスタメンテナンス

顧客の詳細情報の設定を行います。

顧客番号、顧客番号採番、入会店コード、入会店担当者、顧客氏名、顧客区分、売上売価ランク、入会日付、有効日付、割引率、性別、生年月日、年齢、郵便番号、住所、TEL、FAX、緊急連絡先、取引開始日付、最終利用日付、買上回数、買上金額、売掛残高、請求残高、累計ポイント、メモ、DM発行FLG、備考などの設定が行えます。

顧客問い合わせ

顧客の登録情報を表示します。

顧客番号/採番、入会店コード、入会店担当者コード、顧客氏名、顧客区分、売上売価ランク、入会日付、有効日付、割引率、性別、生年月日、年齢、郵便番号、住所、TEL、FAX、緊急連絡先、取引開始日付、最終利用日付、買上回数、買上金額、売掛残高、請求残高、累計ポイント、メモ、DM発行FLG、備考などを表示します。

顧客購買履歴問い合わせ

お客さまの購買履歴情報一覧を日付の降順で表示します。

顧客番号、氏名、日付、集計対象外区分、明細(売上日付、店舗名、PLUコード、商品名、数量、単価、金額、内値引金額)売上合計などを表示します。

顧客購買履歴一覧表

お客さまの購買履歴情報一覧を印刷します。

顧客番号、氏名、日付、集計対象外区分、明細(売上日付、店舗名、PLUコード、商品名、数量、単価、金額、内値引金額)売上合計などを表示します。

DM発行処理

DM発行対象顧客の一覧を印刷します。

店舗名、営業日付、顧客コード、顧客採番、顧客名、明細(売上日付、時間、店舗名、PLUコード、商品名、値引額、金額、合計金額)などの印刷が行えます。

顧客ポイント変更

顧客のポイントを変更する場合に使用します。

  • オプションで、株式会社アイルのポイント・顧客一元管理ASPサービス「CROSS POINT(クロスポイント)」と連携することで、より高度な顧客・ポイント管理を実現することができます。

顧客RFM分析機能

優良顧客になる可能性がある顧客へのプロモーションで店舗を活性化

「RFM分析」は、顧客のセグメンテーション方法として有効な手法です。
R(Recency:最新購買日)、F(Frequency:累計購買回数)、M(Monetary:累計購買金額)の3つの指標で、顧客をスコアリングし優良顧客を判定するのに用います。
優良顧客や優良顧客になる可能性がある顧客をターゲットとして、それぞれに合ったプロモーションをしていくことで、顧客維持と売上アップを期待できます。

顧客RFM分析機能

RFM分析とは
R(Recency:最新購買日) いつ買ったか、最近購入しているか
F(Frequency:累計購買回数) どのくらいの頻度で買っているか
M(Monetary:累計購買金額) いくら使っているか

RFM分析で最も重要なのはR(Recency:最新購買日)です。 F(Frequency:累計購買回数)やM(Monetary:累計購買金額)が高くても最近購買実績がない顧客は既に他店に奪われてしまっている可能性が高いと考えられるからです。

R(Recency:最新購買日)の動きが各顧客の動向を把握する上で非常に重要なので、Rのランクが下がり始めた顧客に対して、営業的なアプローチを行えば顧客離れを防ぐことができ、店舗の活性に役立てることができます。

顧客購買履歴問い合わせ

お客さまの購買履歴情報一覧を日付の降順で表示します。お客さまの購買傾向を把握することができます。

  • 顧客購買履歴一覧表で、抽出結果を印刷、Excel出力、またはCSV出力することができます。
顧客購買履歴問い合わせ

ダイレクトメール発行処理

顧客を抽出し、DM発行対象顧客の一覧を印刷します。

ダイレクトメール発行処理

顧客ポイント変更

顧客のポイント履歴を照会し、現在ポイントを変更することができます。 ポイントカード忘れによる手動ポイント付与や、ポイントを使用して景品をお渡しする時などに利用します。

顧客ポイント変更

顧客管理機能(メッセージ表示)

顧客マスタにあらかじめ特記事項をセットすることにより、お客さまのポイントカード使用時、POSにメッセージがポップアップします。

顧客管理機能(メッセージ表示)

画面イメージ

顧客マスタメンテナンス
顧客マスタメンテナンス
顧客問い合わせ
顧客問い合わせ
顧客購買履歴問合せ
顧客購買履歴問い合わせ
DM発行処理
DM発行処理
顧客ポイント変更
顧客ポイント変更

お問い合わせ