サイト内の現在位置を表示しています。

クレジットカード決済

RegiGrow 機能紹介

RegiGrow クレジットカード決済

POSシステムとクレジットカード決済端末の連携で、スムーズなカード決済を実現。クレジット・デビット・中国銀聯(ぎんれい)はもちろん、各種電子マネーにも対応。

  • カード決済端末への金額の二度打ちが不要
  • クレジットカード、デビットカード、中国銀聯カードに対応
  • さまざまな非接触ICカードにも対応

クレジットカード決済端末

POSシステムとクレジットカード決済端末の連携で、スムーズなカード決済を実現

RegiGrow クレジットカード決済

POSシステムとクレジットカード決済端末の連携で、スムーズなカード決済を実現。クレジット・デビット・中国銀聯はもちろん、各種電子マネーにも対応。

クレジットカード決済の導入で、次のような効果を期待できます。

  • 売上単価UP
    「カードが使えるならこれも欲しい」という購買意欲のあるお客さまを逃しません。
    クレジットカード決済ならお客さまが現金の持ち合わせを気にする必要がないため、1人あたりの売上単価アップを期待できます。
  • 機会損失の低減
    クレジットカード決済が利用できないことによる機会損失を低減します。
  • 集客力UP
    クレジットカードはポイントやマイルが貯まるので、カード決済が使えるお店で購入を希望する人が増えています。クレジットカード決済の導入は新たなお客さまの来店を期待できます。
  • インバウンド対応
    海外のお客さまはカードでお会計をすることが多く、増加の一途をたどる外国人観光客の対応(インバウンド対応)としても有効です。
    ※ 中国のお客様が多く使用する銀聯(ぎんれい)カードも利用可能です。

※ 「INFOX」および「INFOX-NET」は、日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
クレジット・デビット・中国銀聯のほか、さまざまな非接触ICカードにも対応。
これらのカードを使ったショッピングや、ポイントサービスなどにも対応しており、日本で最も多く利用されている国内設置台数 No.1のカード決済端末です。

RegiGrow カード決済端末「INFOX」連携

カード決済端末「INFOX」連携

※ 「J-Mups」は三菱UFJニコス株式会社とJR東日本メカトロニクス株式会社が提供する決済システムです。
インターネット回線を活用して、J-Mupsセンターと通信することで、クレジットカード決済や各種電子マネーの利用が、1台の端末で取り扱い可能。

RegiGrow カード決済端末「J-Mups」連携

カード決済端末「J-Mups」連携

決済機能・決済売上処理

会計する商品をスキャンして小計を押し、「クレジット」を選択します。クレジット種別選択画面が表示されるので、該当する種別を選択します。

「預り/合計」を押下します。確認画面が表示されるので、支払金額・支払種別が正しければ、クレジットカードをクレジットカード決済端末に読み込むなど、クレジットカード決済端末の指示に従います。

このように、POSシステムとクレジットカード決済端末が連動しているので、クレジットカード決済端末への金額の二度打ちが不要で、スムーズなクレジットカード決済を実現します。

決済機能・決済売上処理の流れ

お問い合わせ