サイト内の現在位置を表示しています。

システム管理

UNIVERGE Aspire WX(ユニバージュ アスパイア ダブリューエックス)ソリューション

継続的な運用のしやすさは、システム管理者にとって重要なポイント。UNIVERGE Aspire WXは、簡単にマネジメントできるツールや機能を豊富に備えています。

マネジメントツール

ユーザープログラミング

PCのWebブラウザから、UNIVERGE Aspire WXの基本設定、電話機毎の各種設定などをメンテナンスできます。

【短縮ダイヤルデータと名称設定】zoom拡大する
【短縮ダイヤルデータと名称設定】
【電話機設定】zoom拡大する
【電話機設定】
【VMファイル(メールボックス)】zoom拡大する

【VMファイル(メールボックス)】

ユーザープログラミングで管理可能な項目一覧
  • 時計カレンダー設定
  • 保留音設定
  • 自動運用モード切替設定
  • DISAユーザーID設定
  • メールボックス番号設定
  • Eメール通知設定
  • テキストメッセージ設定
  • 外線一般着信時の鳴動電話機設定
  • 短縮ダイヤルデータと名称設定
  • 手動運用モード切替設定
  • DSSコンソールのボタン登録
  • ドアホン鳴動電話機設定
  • ACDスキルベース設定
  • KDDI内線Cメールメッセージ設定
  • KDDI内線Cメールメッセージパターン設定
  • 電話機設定
  • 外線設定
  • UCアカウントのユーザ情報設定
  • ワンナンバーフォーキング設定
  • ワンナンバーフォーキンググループ毎の運用モードグループ設定
  • ワンナンバーフォーキンググループ毎の運用モード設定
  • 発信者番号選択リスト設定
  • 内線グループ毎の設定確認
  • 保留音(ダウンロード曲)(保留音(ダウンロード曲)の追加・削除)
  • VRSファイル(VRSファイルのアップロード/ダウンロード)
  • VMファイル(内線)
  • VMファイル(メールボックス)
  • VM構成設定
  • ホテル客室情報参照
  • In-UC Appsアップデート

ユーザーマネジメントツール

専用アプリケーションから、電話帳や短縮ダイヤル、ボイスメールの録音データ情報等を管理することができます。

短縮データ設定zoom拡大する
【短縮データ設定】
ボイスメールデータ管理zoom拡大する
【ボイスメールデータ管理】
ユーザーマネジメントツールで管理可能な項目一覧
電話帳データ設定
  • センター電話帳データの編集
短縮データ設定
  • 短縮ダイヤル(共通/グループ)データの編集
発信規制データ設定
  • 個人登録発信規制データの編集
ボイスメール管理
  • ボイスメールメンテナンス情報
    <録音時間残量表示、メールボックス情報表示>
  • メールボックス毎の録音データリスト
    <録音データリスト表示、ダウンロード/削除>
  • VRS/VM応答メッセージ用の音声ファイル変換
  • ボイスメール機能のエクスポート(CSV)
UC100アカウント情報管理
  • アカウント情報の編集
発着信情報管理
  • 発信・着信履歴のダウンロード(CSV)

システム全体を支える様々な機能

料金管理プログラム

料金管理プログラム

料金管理プログラムをインストールしたPCをUNIVERGE Aspire WXに接続し、通話データの集計やプリントアウトを行うことができます。内線番号毎や予め設定したIDコードなどで通話料金を集計することができ、部門毎の経費管理などにも役立ちます。

CMS(コールマネジメントシステム)

CMS(コールマネジメントシステム)

UNIVERGE Aspire WXより送出される通話情報をPCで受信し、データベースとして格納、集計、出力することができます。内線番号毎、内線グループ毎、外線毎、外線グループ毎に発着信数の集計出力ができ、呼量により求められる適正回線数を把握できます。

通話録音アプリケーションユニット

通話録音アプリケーションユニット

回線種別(アナログ・INS・IP)を問わず、最大10,000時間まで録音した通話を保存できます。さらに、最大24チャネルまで同時録音が可能なので、通話録音を頻繁に行うお客様でも安心の大容量です。また、Webブラウザ上で、音声データの検索・再生・ダウンロードもできるので、簡単に通話内容の確認ができます。

パワーセーブ

パワーセーブ

電話を使用しない時間帯にパワーセーブ機能を使用することで、電話機の待機電力をゼロにでき、エコに貢献します。システムの構成により約30%~50%程度の消費電力低減が期待できます。