サイト内の現在位置を表示しています。

モバイルソリューション

UNIVERGE Aspire WX(ユニバージュ アスパイア ダブリューエックス)ソリューション

ビジネスに不可欠なモバイルコミュニケーション。UNIVERGE Aspire WXなら、携帯電話・PHS、携帯音声網・クラウドなど、利用環境に合せた最適な選択を可能とし、通信コストの削減と業務の効率化に貢献します。

モバイルソリューション

携帯電話の内線化

AXモバイルリンク

キャリアの公衆網を利用し、モバイル内線環境を構築します。音声通信網を使用するので高品質な通話を実現します。

AXモバイルリンク
スマートフォンアプリケーション「SmartFMC」

専用アプリケーションで、AXモバイルリンク機能をご利用いただけます。パーク保留応答や代理応答など、様々なコマンドもワンタッチで操作できます。 ※SmartFMCはアイソルート社の製品です。

SmartFMC
コールバック機能

携帯電話からUNIVERGE Aspire WXへワンコールし、すぐに切断すると呼び返し電話がかかってきます。これに応答することで、AXモバイルリンク機能を利用できます。

UNIVERGE どこでも内線サービス対応

外出先や自宅からでも、スマートフォンを使ってインターネット経由(LTE/3G/Wi-Fi)で内線通話を可能とする、UNIVERGE どこでも内線サービスに対応しています。

UNIVERGE どこでも内線サービス対応
※社内の無線LANによる内線接続は推奨しておりません。本サービスはインターネットを利用するため、音声品質を保証することができません。LTE/3G、Wi-Fiの電波状態、およびインターネットの混雑状況により音声品質、発着信・通話に影響が出る場合があります。
スマートフォンアプリケーション「ST500」

UNIVERGE どこでも内線サービスを利用する場合に使う、スマートフォン用アプリケーション「ST500」。優れたインターフェースで、保留・転送・コールピックアップなどの内線機能を利用できます。

ST500
Android用 / iOS用
電話帳オプション

電話帳はクラウドに登録できます。番号は端末に残らないので、セキュリティ面でも安心です。

電話帳オプション

FMCサービスのマルチキャリア対応

キャリアが提供するFMCサービスに対応しています。携帯電話やスマートフォンを内線番号で呼びだしができ、通話料も定額で利用できます。

  • ビジネスコールダイレクト

KDDI株式会社

  • ホワイトオフィス

ソフトバンク株式会社

  • オフィスリンク

株式会社NTTドコモ

※ご利用には各サービスへの加入が必要です。
※ご利用にあたっては、サービスに対応した指定の固定電話サービスのご契約が必要となる場合があります。 
※サービスの詳細につきましては、各キャリアへお問い合わせください。

構内PHSソリューション(デジタルコードレス)

マルチラインデジタルコードレス電話機「IP8D-8PS-3」

多機能電話機同様の使い勝手を実現するマルチライン対応のファンクションボタンを搭載しています。

外線やボイスメールボックス、ワンタッチボタンなど各種機能ボタンを割り付けることが可能です。

IP8D-8PS-3

ファンクションボタン例

Simpleメール機能

ファンクションボタン例
 

全角45文字(半角90文字)のメール送受信可能。*1
*1:構内メールはUNIVERGE Aspire WXに内線収容されているIP8D-8PS-3もしくはCarrity-NWとの通信に限ります。

デジタルコードレス電話機「Carrity-NW」

防水対応により、水を扱う機会の多い業務シーンでも、濡れたままの手で操作できます。

よく使う電話番号や機能をボタンに登録してワンタッチで操作できるワンタッチキーを2つ備えています。

Carrity-NW

日常的に水を利用する環境はもちろん、万が一の災害時でも水濡れを気にせず安心して利用できます。

防水対応(IPX5/IPX7)

防水対応(IPX5/IPX7)

構内メールでは全角45文字(半角90文字)の送受信可能。*1

*1:構内メールはUNIVERGE Aspire WXに内線収容されているIP8D-8PS-3もしくはCarrity-NWとの通信に限ります。

メール機能

PHSカード「Carrity-BR」

構内に構築されたPHS内線環境を使って内線収容ができ、スマートフォンとBluetooth®で接続することでPHS並みの高品質な内線通話環境を実現します。

既にPHS内線環境があれば、すぐにスマートフォンで内線利用が可能です。

Carrity-BR

ご利用イメージ

営業Aさんの1日

昼間は外回り。外出中はほとんど社内と連絡をとらないので、夕方帰社すると机の上には伝言メモの山が…。なかには、緊急対応が必要な案件もあり、対応の遅れで焦ることもしばしばあります。

内線電話ですぐ確認

お客様と打ち合わせ前に「あ!確認しておかなきゃ」なんてことがあっても大丈夫。内線番号を押すだけで事務所とスピーディにつながります。

お客様への電話は事務所経由で

お客様へは、携帯電話番号でなく、事務所番号が表示されます。番号が一本化されるメリットとともに、事務所経由になることで通信コストの削減にもなります。

昼間に仕事を止めないから、帰社後はラクに

外出先でも事務所からの転送電話に対応可能。事務所とのコミュニケーションが増えることで、事務所止まりの仕事を減らすことができます。

事務Bさんの1日

お客様から緊急の電話がきても、外出先の営業と連絡がとれず、困ることがある。
また、見積もり内容や納品日など営業に確認しないと進まない仕事がたくさんあって、連絡がとれないことで仕事が止まってしまう。

急ぎのお客様対応

外出中の社員にそのまま転送

事務所あてにかかってきたお客様からの電話は、そのまま外出先の社員に転送。緊急な件に対してもスピーディーに対応可能です。

確認しないと進まない仕事

相手がどこにいても内線呼びだし

外出中の社員を内線番号で呼びだすことが可能。個人所有のスマートフォンを内線化すれば、2台持ち不要になるので、「気づかなくて出れなかった…」ということがなくなります。

外出中の社員からの電話

伝達工数を削減

「○○さんの番号を教えて」「○○さんに…伝えてほしい」など、外出中の社員からの確認や伝達依頼は、モバイル環境を整えれば、その工数は簡単に削減できます。