サイト内の現在位置を表示しています。

機能紹介

入退管理ソリューション SecureFrontia X

SecureFrontia X 標準パッケージソフトである「管理プログラム」は、さまざまな入退管理の運用に対応するため、多彩な機能を搭載しています。
勤怠システム連携といった業務システム連携機能など、お客さまのニーズに合わせた機能拡張が可能です。

監視モニター機能

扉の状態をリアルタイムにモニターします。

  • 異常が発生したら赤字で表示します。
  • 個別画面で詳細履歴を確認できます。

常時監視
個別モニター/ブロック別モニター

在室管理モニター機能

エリアに誰がいるかをリアルタイムに表示します。

  • 在室者一覧をリアルタイム表示します。
  • エリアを任意にグループ化することができます。工場敷地全体、建屋ごと、フロア単位で見ることができます。
  • 各エリアの混雑具合を確認することができます。
  • 本機能をご利用になる場合、入場用と退場用にそれぞれICカードリーダが必要です。
表示の階層化イメージ
表示の階層化イメージ
在室管理モニター
在室管理モニター

グループ管理機能(エリア制限機能)

管理者ごとに、監視できるエリア(扉)範囲を制限できます。

「東地区を担当しています。研究棟と開発本部のみ参照できます」
<東地区 管理者>
「西地区を担当しています。本部棟と営業本部のみ参照できます」
<西地区 管理者>
「私は管理者なので、すべて参照できます」
<全拠点 管理者>

解錠許可権限

扉単位×人単位の細かな入退場制限が可能です。

設定可能な組み合わせ

  • 個人(グループ)
  • 期間(日付範囲)
  • (エリア)
  • 時間帯
  • 曜日

解錠許可登録画面

<解錠許可登録画面>

(1) 個人(またはグループ) 個人コード 12345
氏 名 山田 靖男
分 類 001
分類名 システム管理者
(2) 期間(日付範囲) 無期限
2018/4/1 ~ 2019/3/31
(3) 場所(エリア) 研究棟1F、2F、3F居室、3Fサーバ室…
研究棟1F、3F居室…
(4) 時間帯、曜日 24時間使用可
平日9:00~19:00のみ可、土・日・祝は使用不可

<設定項目と設定例>

アンチパスバック機能

供連れを抑止するのに有効な機能です。
入退場履歴アンマッチ発生時、エラーとすることができます。その際には、音声で警告し、ログにも残ります。

  • 供連れ:1人の認証で2人以上が入室すること。
入場
<入場> 誰かの認証にまぎれて入場
退場
<退場> 供連れで入場した人はエラーに

2名照合機能

2名とも連続で照合OKしたときに解錠します。
これによりセキュリティレベルを高めることができます。

2名照合

入室経路チェック機能

セキュリティ階層ごとに入退場記録をチェックし、制限する機能です。
1階層目の扉を通過していないと、2階層目の扉に入れないよう制限します。

【主な用途】

  1. 工場やオフィスで、必ずゲートを通過するよう運用を徹底したい。
  2. テナントビルで、従業員入口を通過してから売場に入場できるよう制限したい。

【メリット】
勤怠システムとの連動により、厳密な入退場記録を取ることができる。
(各店舗への従業員の出勤状況を把握できます)

従業員は1階層(外周)にあるゲートを通過しないと、2階層(内周)の建物へ入れない

某製造業での運用例

某製造業での運用例

従業員入口を通過しないと、バックヤードへ入場できない(お客さまと同様に売り場などから入った場合、バックヤードに入場できない)

某テナントでの運用例

某テナントでの運用例

火報連動

火報盤から接点信号を受信すると、一斉解錠を行います。

火報受信盤から接点信号を発信し、解錠指示

警備連動

警備システムと接点で連動します。SIUを操作することにより、警備セットおよび解除を行います。

警備セットすると「リーダー使用禁止」になり、解除するまで入場できなくなります

警備システムから警備セット・解除信号を発信

安否確認システム

災害時に構内在場者の点呼を取ることができます。
入退管理システムの在場データを元に、持ち出し用PCで点呼を取ることができます。

運用イメージ

入退管理サーバの在場情報を、持ち出し用PCに一定間隔で出力します。災害時に「持ち出し用PC」を持参し、点呼を取ります。

在場情報出力
在場情報出力(一定間隔)
災害時に避難場所で点呼

対応ICカード

FeilCa®MIFARE®typeBの3種に対応しています。
FeliCa®とMIFARE®の併用など、利用者の用途に応じた使い分けが可能です。

  MIFARE® FeliCa® Type B
動作周波数 13.56 [MHz]
通信速度  106~848 [kbps] 212/424 [kbps] 106 / 424[kbps]
ユーザーメモリー 1 [kB] 2.4 [kB] 850 [kB]
規格 ISO/IEC14443
(ISO/IEC18092)
ISO/IEC18092他 ISO/IEC14443
固有ID UID(4バイト、7バイト) IDm(8バイト) -
カードの特徴 入退管理証や社員証、学生証などに利用される。世界的に幅広く使用されていて、価格が安い。 日本で広く普及し、主に社員証や交通系ICカードに利用されている。セキュリティ性が高いといわれており、MIFAREと比べて価格は高い。 固有IDとされるものがない(認証時に値が変わる)など、セキュリティが非常に高いため、運転免許証やマイナンバーカードなど厳密に本人確認が求められるものに使用される。

IDm、UIDに対応

FeliCa®の「IDm」、MIFARE®の「UID」に対応しており、既存カードをそのまま利用できます。

  • IDmとは、Identification Manufactureの略で、FeliCa®カードの固有の番号です。
  • UIDとは、Unique Identificationの略で、MIFARE®カード固有の番号です。
  • カードタイプにより読み取れないことがありますので、事前確認が必要です。
  • *
    MIFAREは、NXPセミコンダクターズ社の登録商標です。
  • *
    FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
  • *
    typeBは、アプリケーションごとにカスタマイズが必要です。
  • *
    その他掲載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。