サイト内の現在位置を表示しています。

仕様

【販売終了】耐環境性・高速M2Mルータ HX2105

「HX2105」は、2019年9月30日をもちまして販売を終了しました。

耐環境性・高速M2Mルータ「HX2105」は、
多様な設置ニーズにお応えします

耐環境性・高速M2Mルータ「HX2105」は、標準的なルータに比べ、動作保証温度が高温側・低温側とともに広くとられています※1。電源はDC+12VとDC+24Vに対応し、インタフェースはワイヤと光の両インターフェースに対応します。
また、暗号化機能を標準搭載し、高速で安全なインターネットVPNの構築が可能です。

  • (当社調べ)

外観

HX2105 外観
外形寸法(WDH):135×196×36mm (ゴム足含む)

正面

HX2105 正面

背面

HX2105 背面

ハードウェア仕様

項 目 仕 様 備 考
CPU 品 名 Freescale PowerQUICC II(400MHz)  
メモリ FLASH ROM 32MB  
DRAM 128MB  
拡張機能 H/W IPsecエンジン  
内部温度/電圧モニタ  
ポート 10 / 100 / 1000BASE-T 4ポート (Auto MDI/MDI-X)  
SFPスロット (※1)
(1000BASE-T / BX)
1ポート 自動識別
コンソール 非同期シリアル (Dsub9ピン-RJ45)  
盗難防止 セキュリティスロット(盗難防止用鍵取り付け穴)  
設置方法 机上設置(横置き・縦置き)  
マグネット・壁掛け (※2)
19インチラック (※3)、DINレール (※4)
 
環境条件 使用条件 温度:-10℃~60℃、湿度:90%以下(非結露)  
保管条件 温度:-20℃~60℃、湿度:90%以下(非結露)  
電 源 DC12V/DC24V ±10%  
リップルノイズ DC12V:240mV以下
DC24V:480mV以下
 
消費電力 7VA(7W)以下  
発熱量 25.2kJ/H=6.0kcal/h以下  
騒 音 0dB ファンレス
外形寸法 W(mm) 135  
D(mm) 196  
H(mm) 36 ゴム足含む
質 量 0.8kg以下  
認 定 VCCI Class A、端末適合認定 国内専用品
適合認定番号 D14-0171001 / M14-0008  
梱包品 本 体 1台  
マニュアル スタートアップガイド  
コンソールケーブル 1本  
電源プラグ 1個  
検査成績書 1枚  
  • ※1
    1000BASE-T/BXを利用する場合、別売りのSFPモジュールが必要。
  • ※2
    壁面に取り付けるためには、別途「壁掛けキット」が必要。マグネットで固定するためには、別途「マグネットセット」が必要。
  • ※3
    19インチラックに取り付けるためには、別途「19インチラック取付棚1U3」が必要。
  • ※4
    取り付け可能なDINレールは35mm幅タイプ。マグネットセットを利用して取り付け。DINレールへの取り付けには、別途「マグネットセット」と市販の「取付金具(カメダデンキ製:S-21-3C ×2個)」が必要。

SFPスロット仕様

項 目 仕 様 備 考
SFPモジュール種別の自動識別  
ホットスワップ  

[NOTE] SFPモジュールは、指定製品のみをサポートします。

対応SFPモジュール種別

種 別 ポート 伝送距離 備考
10 / 100 / 1000BASE-T RJ45 - 別売り
1000BASE-BX (10km) SM/LC(1芯) 10km 別売り
1000BASE-BX (40km) SM/LC(1芯) 40km 別売り

[NOTE]上記以外の種別を希望されるお客様は、お問い合わせください。

電源端子

項 目 表 示 機能説明 備 考
正 極 DC12VまたはDC24V(入力) ※1
負 極 電源用グランド ※1
アース アース アース ※1
  • ※1
    DC電源入力コネクタの活線挿抜には未対応です。

[注意]電源ケーブルは、アース、電源用GND、DC12V/DC24Vの順に接続してください。

電源ケーブル

電源ケーブルは、UL規格に対応した 20AWG~14AWG の電線をご使用ください。
[NOTE] 電源ケーブルは、工事手配になります。

温度アラーム発報・復旧仕様

項 目 仕 様 備 考
アラーム発報 高温側 約70℃  
低温側 約-10℃  
アラーム復旧 高温側 約65℃  
低温側 約-5℃  

[NOTE] 温度アラームを検出した場合、装置はアラームを発報するのみで、動作は停止しません。

ソフトウェア仕様

リンクレイヤ機能 HX2105
Ethernet IPv4、IPv6 (IPv6 IPoE)、ブリッジ
PPP over Ethernet IPv4 PPPoE
IPv6 PPPoE
同時セッション数 (LANポート当たり) 8セッション
セッション キープアライブ
アンナンバード設定
データコネクト
(NGNオンデマンドVPN)
データコネクト回線接続数 1 (※1)
ひかり電話
ひかり電話
ナンバーゲート
-
無通信切断タイマ
設定可能対地数 16
同時接続数 16
IEEE802.1Q ID数(LANポート当たり) 32ID
ID数 (ポートベースVLANポート当たり) 8ID
SW-HUB ポートベースVLAN
ポートミラーリング
ポート優先制御
リンクアグリゲーション
ループガード -
IGMPスヌーピング -
Wake on LAN
ブリッジ機能 HX2105
トランスペアレントブリッジ
ブルータ

Ethernet over IP
ブリッジ

EtherIP
Ethernet over GRE
対地数 10
IPルーティング機能 HX2105
経路数 4,096
スタティック 設定可能数 1,024
フローティングスタティック
イコールコストマルチパス
RIPv1
RIPv2
OSPFv2 ネイバ数 128
ルート数 2,048
NSSA
イコールコストマルチパス
BGP4 ピア数 64
ルート数 4,096
ルートリフレクタ
ポリシールーティング
IPv6ルーティング機能 HX2105
経路数 2,048
スタティック 設定可能数 1,024
フローティングスタティック
イコールコストマルチパス
RIPng
OSPFv3 ネイバ数 64
イコールコストマルチパス
ポリシールーティング
アドレス変換機能(IPv4) HX2105
NAT 静的NAT
動的NAT
NAPT 静的NAPT
動的NAPT
最大テーブル数 65,535
VPNパススルー IPsec 1セッション
PPTP 1セッション
DHCP HX2105
DHCPサーバ
DHCPクライアント
DHCPリレーエージェント
DHCPv6 PD
拡張機能 HX2105
プロキシDNS (IPv4/IPv6)
ダイナミックDNS (IPv4/IPv6)
プロキシARP (IPv4)
ローカルプロキシARP (IPv4)
TCP MSS調整 (IPv4/IPv6)
SNTPクライアント (IPv4/IPv6)
SNTPサーバ (IPv4/IPv6)
URLリダイレクト (IPv4/IPv6)
OpenFlow 1.3 (IPv4)
QoS機能 (IPv4/IPv6共通) HX2105
カラーリング ToSフィールド (IPv4)
Traffic-Classフィールド (IPv6)
CoSフィールド (IEEE802.1p)
送信優先制御 PQ
CBQ
LLQ
トラフィックシェーピング
FireWall機能 (IPv4/IPv6) HX2105
MACフィルタ
IPフィルタ 静的フィルタ
動的フィルタ
(Stateful Inspection)
不正アクセス検知 (IDS) (IPv4)
認証機能 HX2105
PAP/CHAP
RADIUSクライアント (IPv4)
AAA (認証/許可/アカウンティング)
IEEE802.1X
MACアドレス認証
PC検疫機能 HX2105
Microsoft 「Network Access Protection (NAP)」
VPN機能 (IPv4/IPv6共通) HX2105
IPsec DES, 3DES ◯ (IKEv2は3DESのみ)
AES ◯ (AES-128/192/256)
MD5, SHA-1
SHA-2 ◯ (SHA-256/384/512)
トンネルモード
トランスポートモード ◯ (IKEv2は未サポート)
NATトラバーサル ◯ (IKEv2は未サポート)
EtherIP連携 ◯ (IKEv2は未サポート)
ハードウェアによる暗号・認証処理
対地数
IPv4 over IPv4
IPv4 over IPv6
128
対地数
IPv6 over IPv4
IPv6 over IPv6
128
IKE 事前共有秘密鍵認証
DHグループ DHグループ 1、2、5、14
(ハードウェア処理)
キープアライブ(DPD)
キープアライブ (ICMP Echo)
動的アドレス対応
IKEv2 事前共有秘密鍵認証
デジタル署名認証 ◯ (認証側のみ)
EAP-MD5認証 ◯ (被認証側のみ)
DHグループ DHグループ 1、2、5、14
(ハードウェア処理)
キープアライブ (DPD)
キープアライブ (ICMP Echo)
動的アドレス対応
リモートアクセスVPN HX2105
L2TPv2/IPsec(IPv4) 対地数 128
RADIUS認証
ネットワークモニタ機能 HX2105
イベント検知機能 ICMP Echoによる到達性監視 ◯ (秒単位、ミリ秒単位での監視が可能)(IPv4/IPv6)
ICMP Echo応答時間(RTT)監視 ◯ (IPv4/IPv6)
ICMP Echo応答率(%)監視 ◯ (IPv4/IPv6)
ルーティングテーブル上の経路監視 ◯ (IPv4/IPv6)
VRRP状態監視 ◯ (IPv4)
イベント発生時に実行可能なアクション スタティック経路の隠蔽 ◯ (IPv4/IPv6)
ポリシールーティングの無効化 ◯ (IPv4/IPv6)
VRRPシャットダウン ◯ (IPv4)
VRRP優先度変更 ◯ (IPv4)
物理LANポートの閉塞
インタフェースshutdown
IEEE802.1X認証の停止
BAKランプ点灯
トラフィックモニタリング HX2105
sFlow (IPv4/IPv6)
スケジューラ機能 HX2105
コマンドの自動実行(日時指定)
コマンドの自動実行(時間間隔指定)
VRRP HX2105
VRRPv2 (IPv4)
VRRPv3 (IPv6)
IPマルチキャスト HX2105
IGMPプロキシ (IPv4) ◯ (IGMPv1/v2)
PIM-SMv2 (IPv4)
MLDプロキシ (IPv6) ◯ (MLDv1/v2)
トンネリング HX2105
GRE (IPv4) 対地数 128
IPv4 over IPv4 対地数 128
IPv4 over IPv6 対地数 128
IPv6 over IPv4 対地数 128
IPv6 over IPv6 対地数 128
SNMP HX2105
SNMPv1/SNMPv2c (IPv4/IPv6)
標準MIB MIB-2
Ethernet-like Interface MIB
The Interface Group MIB ◯ (一部実装)
BGP MIB ◯ (一部実装)
VRRP MIB
IGMP MIB
IPv6 MIB
IPv6 ICMP MIB
IPv6 MLD MIB
プライベートMIB SYSTEM MIB (温度/電圧MIB)
SYSTEM MIB (システムutilization)
SYSTEM MIB (メモリ使用率)
IPSEC MIB
ログイン状態MIB
コンフィグ状態MIB
SW-HUB MIB
ネットワークモニタMIB
NGN MIB
パケット検索処理高速化機能 HX2105
UFSキャッシュ (IPv4/IPv6)
管理機能 HX2105
ローカルコンソール(VT-100準拠)
リモートコンソール Telnetサーバ ◯ (IPv4/IPv6)
Telnetクライアント ◯ (IPv4/IPv6)
SSHv2サーバ ◯ (IPv4/IPv6)
HTTPサーバ ◯ (IPv4)
ファイル転送 TFTPクライアント ◯ (IPv4/IPv6)
HTTPクライアント ◯ (IPv4/IPv6)
HTTPSクライアント ◯ (IPv4/IPv6)
Web-GUI 表示機能
設定機能
プログラムファイル2面管理機能
自動バージョンアップ機能
自動コンフィグダウンロード機能
イベントロギング SYSLOG ◯ (IPv4/IPv6)
  • ※1
    「UNIVERGE IXシリーズ」以外の装置との接続には対応しておりません。

This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit (http://www.openssl.org/).
This product includes cryptographic software written by Eric Young (eay@cryptsoft.com).
This product includes software developed by the University of California, Berkeley and its contributors.
This product includes “RSA Data Security, Inc. MD5 Message-Digest Algorithm”.

  • 本装置のソフトウェアで使用しているソフトウェアについて
    本装置のソフトウェアには、Eclipse Public License(EPL)に基づきライセンスされるソフトウェアが含まれています。
    お客さまは、EPLに基づきライセンスされるソフトウェアのソースコードを入手し、複製、頒布および改変することができます。
    EPL適用オープンソースコードのダウンロードは、new window こちらをご覧ください
  • 本装置のバージョンアップ手順は、new window IX2000シリーズ取扱説明書に記載しております。
  • 本装置をバージョンアップするためのソフトウェアは、指定の販売代理店を通じて提供しております。本装置をお買い上げいただきました販売代理店にご相談ください。
  • GE0ポートからフレッツ光に接続する場合は、SFPモジュール(オプション)が必要になります。
  • IPv6ブリッジの設定につきましては、new window こちらをご覧ください(NECへ)。