サイト内の現在位置を表示しています。

アクセスポイントの導入・運用が容易

NA1000シリーズ特長

アクセスポイントの導入・運用が容易

複数のアクセスポイントの集中管理ができる管理コンソール

管理コンソールを導入することで、複数のアクセスポイントの集中管理が可能となるため、管理工数と運用コストが削減できます。また、アクセスポイントの設定は管理コンソール管理のため、アクセスポイントの故障時に代替機への設定も容易です。

管理コンソールのシステム構成図
管理コンソールアプライアンスの詳細はこちら

アクセスポイントの設定が簡単

日本語/英語対応のGUI画面から、複数台のアクセスポイントの設定が一括して行えます。
また、災害時など、SSIDの切り替えも容易です。

状態の見える化を実現

管理下のNA1000の状態と接続端末の状態を見える化。iPadやAndroid等のタブレットからでも閲覧管理できます。

設置設計作業を支援

管理コンソールの画面上に、アクセスポイントの電波状況を見える化。設置設計の際の目安情報にできます。

  • アクセスポイントは管理コンソールにて許可登録しておく必要があります。

管理コンソールの画面上に、アクセスポイントの電波状況を見える化。設置設計の際の目安情報にできます。

  • アクセスポイントは管理コンソールにて許可登録しておく必要があります。

管理コンソール画像

迅速な対応をサポート

管理コンソールで集計された脅威や脆弱性などのイベントログをメール通知できます。さらに、SyslogサーバやSNMPマネージャにも通知できます。

天井 / 壁掛け設置 & PoEに対応

お客様の環境に応じて天井/壁掛けの2通りの設置ができます。
PoE対応でEthernet経由で給電できるので、電源がない場所でも設置が可能です。

お客様の環境に応じて天井/壁掛けの2通りの設置ができます。
PoE対応でEthernet経由で給電できるので、電源がない場所でも設置が可能です。

天井設置画像