サイト内の現在位置を表示しています。

概要

NA1000シリーズ

NA1000シリーズ

WIPSセンサーモード付き
11ac対応無線LANアクセスポイント

NA1000Wの製品画像

NA1000W

11ac対応無線LANアクセスポイント

NA1000Aの製品画像

NA1000A

高速で安定した通信品質を実現する無線LANアクセスポイント

NA1000シリーズは企業内のネットワークインフラにアドオンすることで、高速で安定した無線LANの導入・運用が容易で柔軟に構築できるアクセスポイントです。

5GHz帯と2.4GHz帯ともに3ストリーム(3×3)対応。理論値最大1300Mbpsの高速通信を実現。

  • 表示の数値は本製品の理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度ではありません。

アクセスポイントの導入・運用が容易とする管理コンソール

管理コンソールを導入することで、複数のアクセスポイントの集中管理が可能となるため、管理工数と運用コストが削減できます。

管理コンソールのシステム構成図
  • 管理コンソールアプライアンスの詳細はこちら

無線LANセキュリティを強化するWIPS(Wireless Intrusion Prevention System)機能

機密情報が日常的にやり取りされる企業業務では、無線LANにおいても十分なセキュリティ対策が必要です。

無線LANに対する主なセキュリティ上のリスクとしては「不正侵入」や「データの盗聴」が挙げられますが、従来のMACアドレスフィルタリング等を使った対応では十分とはいえません。無線不正侵入を検知・防止するWIPS機能を使用すれば、これらのリスクに対してしっかりと対策することが可能になります。

WIPSのシステム構成図

企業向けユーザ認証規格 IEEE802.1Xに対応

NA1000シリーズは、企業向けのユーザ認証規格であるIEEE802.1Xに対応しているため、ID/パスワードによる認証から、電子証明書を用いた高度な認証まで提供可能です。

国内シェアNo.1()のRadius認証サーバ new window「NetAttest EPS」 と動作検証済みです。設定は PDFこちら をご覧ください。

また、NECプラットフォームズ製のセキュリティアプライアンス new window「Aterm SA3500G」 をRadius認証サーバとして利用することも可能です。

802.1Xの例