サイト内の現在位置

インターネットのイメージインターネットのイメージ

2022年1月20日 製品紹介

モバイルルータとは違う「M2Mアダプタ」ってなに?

厳しい環境条件下に設置されるIoT機器でも、モバイル回線に安定接続できる

昨今では、医療、産業、エネルギー関連、自動車など幅広い分野でさまざまなモノをネットワークに繋げることができる「IoT/M2Mデバイス」が急速に普及しています。たとえば身近なところでは、駅のロッカーの空き状況がスマホから確認できる、というのもIoT/M2Mのソリューションです。2019年から2024年にかけて、このIoT/M2M市場は年平均で10.3%ずつ成長する見込みです。

IoT/M2Mで重要なのがどうやってインターネットに機器を繋げるかです。そのひとつの方法として「M2Mアダプタ」と呼ばれる小型LTEルータがあるのですが、みなさんはもう知っていますか?

今回は、IoT/M2M用途に最適化されたM2Mアダプタについてのお話と、当社のM2Mアダプタをご紹介します。

  • 出典:IDC「国内IoT市場 テクノロジー別予測を発表」(https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ46881620)
インターネットのイメージ
インターネットのイメージ

M2Mアダプタはモバイルルータで代用できる?

「M2Mアダプタ」とは、機器をモバイル回線に接続し、通信を行えるようにするためものです。(M2M=Machine to Machine)

この説明だけ聞くと、一般的なモバイルルータと同じではないか? 何が違うのだろう?と疑問を持たれると思います。

もちろん、機器をモバイル回線に接続する場合、モバイルルータを使用することでも実現可能ですが、いくつか課題が残ります。

IoT/M2M機器は、屋内外のさまざまな環境下で使われています。屋内であっても、空調設備がない物流倉庫内の監視カメラや、屋外で利用するデジタルサイネージ、また太陽光発電機器や道路排水設備の監視設備なども当然屋外に設置されていますよね。

バッテリーを内蔵しているモバイルルータの場合、耐環境性能はそれほど高くないのでこういった環境で設置には向いていません。

さらに、IoT/M2M機器は管理者から離れた場所に設置されるケースが多いため、トラブル発生時は管理者が現地に赴いて障害対応をしなければならないうえ、IoT/M2M用途として稼働する以上、24時間365日安定して動作することが求められます。そうなると、万が一停電や装置に異常が発生した場合は異常を検知し、自動的に復旧する機能も必要になります。

つまり、 IoT/M2M機器で利用するアダプタは、一般的なモバイルルータ以上の耐久性と安定稼働の性能が必要になるということです。

高耐久性と安定稼働という特長を持つM2Mアダプタですが、一方でサイズが大きいう課題もありました。IoT/M2M機器の設置はスペースが限られる場合も多いため、M2Mアダプタが大きいと設置にも一苦労してしまいます。

太陽光発電パネルの写真
太陽光発電パネルの写真

NECプラットフォームズのM2Mアダプタの特長

その課題をクリアしたのが、NECプラットフォームズのM2Mアダプタ「EA01A/EA01L」です。

この「EA01A/EA01L」は、モバイルルータとして業界最小&最軽量を誇るNECのAtermブランドで培ったノウハウを活かし、M2Mアダプタでありながら、縦80mm、横54mm、厚み16mmという小型サイズ。重さも50gと軽いため設置場所を選ばず、小型の装置にも容易に設置できます。

EA01A/EA01Lの写真
EA01A/EA01Lの写真
EA01A/EA01Lの写真

また、モバイルルータで使われているバッテリーは極端な高温や低温環境は苦手なため、屋外で稼働し続けるような用途には向きませんが、「EA01A」はバッテリーレスのため耐環境性能が高く、-20℃から60℃の環境でも安定動作します。

さらに、「EA01A/EA01L」はLTEの通信不具合を検知し、自動的に再起動する機能を搭載。障害解消後は速やかにLTE通信が可能なので、24時間365日安定稼働が求められる機器でも安心して利用できます。

さまざまな環境に設置するIoT/M2M機器は、遠隔管理が重要

IoT/M2M機器は、さまざまなエリアに広域に遠方に設置されることが多いので、遠隔管理できることが重要です。EA01A/EA01Lは、ネットワーク機器をクラウド上で管理できる無償サービス、クラウド型統合管理サービス「NetMeister(ネットマイスター)」に対応しています。

「NetMeister」を使うと、ブラウザでアクセスすることで各拠点に全国さまざまな場所に設置されたEA01A/EA01Lの状況確認や再起動などをGUIの画面から行うことができます。

また、ダイナミックDNS機能を提供しているので、安価な動的IPアドレスの通信SIM契約でも、 NetMeisterを使用することでクラウドから監視ができます。

NetMeisterのイメージ
NetMeisterのイメージ

さまざまな環境で安心して使えるルータをお探しなら

今回はM2Mアダプタについてと、当社の「EA01A/EA01L」をご紹介しました。

「EA01A/EA01L」は、太陽光発電の監視システム、電車内の案内ディスプレイやショッピングセンターでのサイネージ、監視カメラ、介護施設での患者の健康状態把握など、多種多様な用途に採用されています。

「こういう用途に使えるの?」「耐環境性能の高いルータが欲しい」などのご質問・ご要望があれば、お気軽にお問い合わせください。

下水の写真
デジタルサイネージの写真
太陽光パネルの写真
介護施設の写真
倉庫の写真
電車の写真

オススメ記事

光回線1本でOK? インターネット契約不要で管理できる

ネットワーク

最新情報! ネットワーク機器のクラウド管理を低コストで行う方法

法人向けルータ新製品「Aterm Biz SH621A1」が注目されている理由

ネットワーク

無線ルータの切断や遅延問題から解放されよう

クラウドなら密を避けつつ、スピーディな対応

ネットワーク

ネットワーク管理者も現場に行かない働き方を