サイト内の現在位置

おしゃれなオフィスで働く人たちおしゃれなオフィスで働く人たち

2020年12月17日 製品紹介PDFダウンロード

無線ルータの切断や遅延問題から解放されよう

法人向けルータ新製品「Aterm Biz SH621A1」が注目されている理由

みなさんは、無線ルータにどのようなイメージを持っていますか? ルータから離れると切断される? インターネットが遅い? 有線の方が安定?

そんなイメージを、法人向けAtermブランド「Aterm Biz」の新製品「Aterm Biz SH621A1」が払拭します。

「Aterm(エーターム)」とは、長年にわたって多くの方に利用いただいているNECの無線LANルータ・モバイルルータ製品のシリーズです。その「Aterm」がこのたび、法人向けブランドを立ち上げ、新製品をリリースしました。

今回は、新製品「Aterm Biz SH621A1」は、どのようなオフィスの無線環境問題を解決できるのかをお話ししたいと思います。

読み終わる頃には、みなさんの無線ルータのイメージがガラリと変わると思いますので、ぜひ最後までお読みください。

Aterm Biz SH621A1
Aterm Biz SH621A1

次世代規格Wi-Fi 6(11ax)に対応することで、混雑した通信環境でも安定する

オフィスでは多くの人が、パソコンやスマートフォンを利用します。Wi-Fiへの接続台数が増えることで、遅かったり、繋がりにくいと感じたことはないでしょうか。

その理由は、通信規格にあります。従来の通信規格では、1通信で1台ずつ順番に通信していたため、このような問題が発生していました。

Aterm Biz SH621A1が対応している「次世代規格Wi-Fi 6」は、通信速度向上と通信の安定性という2つの大きな特長があります。

Wi-Fi 6の最大通信速度は、Wi-Fi 5と比較して約1.4倍向上、周波数帯に関しても、Wi-Fi 5では5GHz帯のみだったのに対し、Wi-Fi 6 は5GHz帯と2.4GHz帯に対応しているので、電波状況に応じて快適に利用できます。

さらに「Aterm Biz SH621A1」では、5GHz帯:1,201Mbps、2.4GHz帯:574Mbpsの通信速度(理論値)を実現していることに加え、IPv6方式のインターネットにも対応しているので混雑が少なく、快適な通信が可能となります。

そのため、課題であった混雑した通信環境下であっても、影響を受けにくくなり、高速で安定した通信ができるというわけです。

Wi-Fi 6(11ax)に対応
Wi-Fi 6(11ax)に対応

メッシュ中継機能で、つながりにくいエリアも安定した通信環境に早変わり

オフィス内では、Wi-Fi接続した状態で、自席から会議室へ移動をするなんてことも多いですよね。広いオフィスではどうしてもつながりにくいエリアが存在し、それを補う方法に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

ご存知の方も多いと思いますが、通信エリアを広げるためには中継機を使用する場合が多くあります。

中継機を使用すればもちろん通信エリアを広げることができますが、安定した通信を期待することはできません。その理由は、中継機は親機を通じてアクセスするという特徴をもっているからです。

オフィス内の全エリアに安定した通信環境を整えるためには、単なる中継機の機能では不十分です。

そこで、Aterm Biz SH621A1に搭載されている「メッシュ中継機能」の登場です。「メッシュ中継機能」は通信エリアを広げるだけでなく、親機子機間で通信状態を常にやり取りを行います。最適な制御を行うことで、最も電波状態がよいアクセスポイントを自動的に選択し、スムーズに接続します。また1台に通信負荷を偏らせず、複数の子機に分散させるため、安定した通信をすることが可能です。

つながりにくいエリアをなくし、オフィス内の全エリアで安定通信を実現させるには、ルータの中継機能の特徴が重要になるということです。

SHシリーズのメッシュ機能
SHシリーズのメッシュ機能

NetMeisterによるリモート管理でネットワーク管理者の負担を軽減

新しく無線ルータを導入し、オフィスの安定した通信環境が整っても、導入後もきちんとその状態を保てるかが非常に重要です。

システム管理部門や専任のネットワーク担当者がいない企業はもちろん、システム専門の部署がある企業でも、社員の異動などで導入後にルータに異常があっても対応方法がわからなかったり、そもそもどこに何台設置されているのかわからなくなってしまったり…。このような状況は多々見受けられます。

Aterm Biz SH621A1は、導入後もきちんと管理できるという特長があります。「NetMeister(ネットマイスター)」という無料のクラウドサービスを使って、ネットワーク機器の管理が可能です。例えば、機器の状況確認や設定変更などがリモートで行えます。

NetMeister装置画面

また、オフィスが複数拠点の場合でも、拠点ごとにグループを作成しネットワーク機器の管理ができます。

NetMeister拠点画面

ルータだけにとどまらず、ネットワーク端末の見える化ができ、企業のネットワーク管理を総合的にサポートします。

オフィスの安定した通信環境はお任せください

フリーレイアウトオフィスの増加など、昨今のCOVID-19禍ではオフィス環境は柔軟な変化が求められています。

なかでも、安定した無線通信環境の整備は必要不可欠になりつつあります。

安定した無線通信環境の実現には、高機能なルータを選ぶのはもちろん、導入後の管理がきちんとできることが大切です。

オフィスの無線環境を整えたい、改善したい、いまのネットワーク機器の設置状況がわからなくなっている、などお悩みの場合は、ぜひ一度お問い合わせください。

NetMeisterの気になる操作イメージについては、実際に動画でもご覧いただけますので、ぜひアクセスしてみてください。

Aterm Biz SH621A1
Aterm Biz SHシリーズ「Aterm Biz SH621A1」
Aterm Biz SH621A1
Aterm Biz SHシリーズ「Aterm Biz SH621A1」
  • NetMeisterは、NECプラットフォームズ株式会社の登録商標です。
  • Atermは、日本電気株式会社の登録商標です。

PDFダウンロード
リモートワークに最適なネットワーク環境を構築
無料のクラウドで遠隔管理!

詳しく知りたい方はこちらの雑誌掲載記事PDFを差し上げます

COVID-19の影響でテレワークを取り入れた企業も多くなりました。それにより自宅やサテライトオフィスなどでのリモートワークが拡大し、今までとは異なるネットワーク環境の整備が求められています。

NECプラットフォームズのネットワークソリューションなら、メインオフィスはもちろん、自宅や拠点、サテライトオフィス、フリーアドレスオフィスなど、それぞれの場所に最適なネットワーク環境をご提供します。

月刊『テレコミュニケーション』 2021年2月号では、ネットワークに精通した当社社員が、安全で高速・安定したリモートワーク環境の提供と、無料のクラウドによるネットワーク管理について、詳しく語っています。

もっと知りたい方は、この雑誌掲載記事をダウンロードしてお読みください!

テレコミ掲載記事を差し上げます
  • ブラウザのバージョンなどによって申し込みフォームが表示されない場合がございます。ここにフォームが表示されない方は、お手数ですがこちらの new window「お問い合わせ」フォームから、「お問い合わせ内容」に「テレコミ2月号PDF希望」とご記入のうえ、お申し込みください。

オススメ記事

クラウドなら密を避けつつ、スピーディな対応

ネットワークコラム

ネットワーク管理者も現場に行かない働き方を

学校教育が大きく変わろうとしています

ネットワークコラム

GIGAスクール構想におけるネットワークのあり方とは

オフィスで「家庭用」アクセスポイントを使ってはいけない理由

ネットワークコラム

「法人向け」って何が違うの?

クラウド型機器管理サービス

ネットワークコラム

無料でネットワーク管理の負担を軽減!