サイト内の現在位置

UNIVERGE BLUEUNIVERGE BLUE

2021年11月25日 サービス紹介

日本企業に求められるこれからのコミュニケーションのカタチ

「UNIVERGE BLUE」で避けては通れない経営課題の解決へ

働き方改革関連法の施行や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大によって、この数年で働き方に対する考え方が大きく変化しました。

企業にとって“多様な働き方への対応”は、もはや避けては通れない重要な課題となっていて、日本企業の働き方環境は大きな転換期を迎えようとしています。

そんな働き方改革の中心的な位置付けにあるチャットやWeb会議といったコラボレーションツールは、まだまだ海外ベンダーが中心のマーケットとなっていますが、そんな中で当社は日本企業の働き方に合わせたサービスとして、「UNIVERGE BLUE(ユニバージュ ブルー)」をリリースしました。

今回は「UNIVERGE BLUE」がどのように働き方を変化させるのか、サービスの特長とともにご紹介します。これからの働き方を検討しているお客さまはぜひ最後までお付き合いください。

UNIVERGE BLUE概念図
UNIVERGE BLUE概念図

コラボレーションツールのメリット

「コラボレーションツール」とは、チーム内のコミュニケーションをサポートするツールの総称で、おもにビジネスチャット、Web会議、ファイル共有などが挙げられます。これらはビジネスシーンでどのように役立っているのか、まずはその特長についておさらいしましょう。

ビジネスチャット

短い文章で送れるのでメールよりもスピーディ、相手の時間を気にせず送れることから電話よりも気軽という特長があり、今のビジネスシーンではスタンダードなコミュニケーションツールとなりつつあります。

UNIVERGE BLUE CONNECT
new windowUNIVERGE BLUE CONNECT 画面イメージ

Web会議

以前は交通費の削減を目的に導入が検討されるケースがありましたが、今では移動時間の削減や、資料共有のしやすさといった、会議自体の効率化を目的するケースが増えてきました。どこにいても意思疎通ができるツールとしてビジネスチャット同様、いまやビジネスシーンで欠かせません。

UNIVERGE BLUE MEET
new windowUNIVERGE BLUE MEET 画面イメージ

ファイル共有

近年情報量が劇的に増加している中、ファイルをメンバーがぞれぞれで持っていてはビジネススピードが落ちてしまいます。メンバー間で最新のファイルを常に共有することで効率的に業務を進めることができ、また各々でファイル管理するよりセキュリティ面でも安心です。

UNIVERGE BLUE SHARE
new windowUNIVERGE BLUE SHARE 画面イメージ

「UNIVERGE BLUE」はこれらのビジネスチャット、Web会議、ファイル共有、さらに内線通話といった、オフィスコミュニケーションに必要な機能を統合したクラウドサービスです。

それぞれのツールを別々に用意することなくまとめて導入できるので、システム管理者の手間を削減でき、さらには万が一のトラブル時も窓口ひとつでスピーディに対応できる点も大きなメリットです。

「UNIVERGE BLUE」によるオフィス電話運用の解決策

そして、「UNIVERGE BLUE」の最大の特長は、これまで独立して運用されてきたオフィスのキーテレフォン/PBXとも連携し、オフィスの電話運用を残しつつ、多様な働き方に対応できる点です。

テレワークを推進しようとして、なかなか進められなかったという理由のひとつに「オフィス電話の運用」がありました。テレワーク環境だとオフィスの電話回線が使えないため、オフィスにかかってきた電話の対応や、社外への発信といった業務がうまく運用できなかったのです。

もちろん携帯電話を従業員に貸与している企業も増えてきていますが、携帯電話だけではオフィスの電話とスムーズな保留転送ができませんし、オフィスの固定電話機と内線通話もできません。まだまだ内線通話が主流のコミュニケーションとなっている日本企業では、そういった点でテレワーク時の電話運用に課題がありました。

「UNIVERGE BLUE」なら、PCやスマホからオフィスの電話回線を使うことができるので、オフィスへの着信もスムーズにPCやスマホに転送でき、またダイヤルイン着信など直接PCやスマホを鳴らすといった運用も可能です。もちろん、PCやスマホからオフィスの回線を使って外部へ発信するといったこともできるので、携帯電話を貸与されていない従業員であっても、テレワークでの音声コミュニケーションも問題なく行うことができます。

自宅でテレワークをする女性
自宅でテレワークをする女性

日々の業務がこんなに変わる!?

さて、「UNIVERGE BLUE」でどのように働き方が変化するのでしょうか。いくつかのユースケースをピックアップします。

電話がかかってきてしまう
夜間も休日もお客さまからスマホに電話がかかってくることありませんか?

仕事の生産性を高めるためには、オンとオフの切り替えは重要です。仕事のスマホがいつ鳴るかわからないからと、常に手元に置いておいてはいい休息は取れません。けどスマホが鳴っているのに放置もできませんよね。
オフィスの番号を通知
オフィス経由でスマホに着信! 時間外はオフィス電話同様にガイダンスを流せます

BLUEなら、スマホごとにダイヤルイン番号を紐づけておけば、オフィス経由でスマホに着信させることができます。時間外はオフィスと同じように留守番ガイダンスが流せます。これならオンとオフをしっかり切り替えられます。
電話に出られない
今すぐ相談したい、お客さまを待たせるわけにはいかない、けれど会議中の上司は電話に出ない

連絡手段が電話だと繋がらないし、メールだと読んでくれてるのかわからない。確実に伝える手段がないと業務が滞るだけでなく、トラブルに発展してしまうリスクもありますよね。
チャットでやり取り
チャットで緊急要件を相手に伝えることができる! 読んでくれたことも確認できます

BLUEなら、チャットの既読がわかります。緊急の報告をしたいときなど、確実に伝わったことがわかれば、それだけで安心感が違いますよね。電話に出れないときなどのコミュニケーションとして最適です。
電話だと伝わらない
口頭の説明だけで十分に伝わってる? そういえば、このまえの会議で何が決まった?

電話で内容を説明しても、なんだか相手がきちんと理解しているように思えないこと、ありませんか? しっかり伝えようとすると回りくどい説明が必要だったり長電話になりがちです。また、電話を切った後に、“そういえば自分は何をすればいいんだっけ”なんてことも。
会議メモを自動で送信
BLUEなら、資料共有と会話メモの共有で、内容をしっかり伝えてキチンと記録できます

BLUEなら、資料や画面を共有しながら会話ができるので、伝えたいことがスムーズに伝わります。また、会議中には共同でメモを取ることができ、会議終了後にそのメモが参加者にメール配信されるので、話した内容の認識のズレがなくなります。

これからの経営課題解決に向けて「UNIVERGE BLUE」でサポートします

「UNIVERGE BLUE」によって、多様な働き方に対応することができるという点についてご理解いただけたと思いますが、そもそも多様な働き方に対応する目的は何でしょうか。

もちろん、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって出社制限をかけなければならない事態への対応というのもありますが、もっと大きな視点では、労働人口の減少があります。高齢化による労働力不足は深刻化しているのはみなさんもご存じの通りですが、ライフイベントなどによって職場を離脱しなければならない人たち、あるいはより自分らしく生きることを求める若者に向けて、魅力的な働く環境を提供するということは企業にとってこれから大きな課題となっていきます。

とはいえ改革に取り組むには、大きな決断が必要になります。なので、まずはリスクを最小限にしつつ、できるところから環境を整えることから始めてみませんか。

私たちは、NECブランドを活かした販売網・サポート体制で、お客さまのこれからの働き方を、この「UNIVERGE BLUE」を含めたトータルソリューションで実現していきたいと考えています。

UNIVERGE BLUE CLOUD SERVICE
UNIVERGE BLUE CLOUD SERVICE

オススメ記事

NECプラットフォームズの製品で解決できる

セキュリティ

働くかたちが変化し生まれた悩みとは?

いつもそばにある電話機のディスプレイを有効活用

ネットワーク

オフィスの電話機にカメラ画像を映すと便利になる

在宅勤務の課題を改善できる方法を見つけよう

オフィスコミニュケーション

テレワークは本当に生産性があがるのか?

コミュニケーションのあり方を目的から考え直しましょう

オフィスコミニュケーション

Web会議は顔を出さない方が効率的?