サイト内の現在位置を表示しています。

レジ待ちの行列の課題を解決

小売業の課題解決

小売業の課題解決:レジ待ちの行列の課題を解決

繁忙期に突発的に発生するレジの大行列は、お客さまをうんざりさせてしまい、機会損失の原因につながります。

レジの行列解消は小売店の大きな課題。そんな課題をタブレットPOSを利用した前捌(さば)き会計が解決します。

レジ待ちの行列の課題を解決

タブレットPOSを利用した前捌き会計で、
レジ待ちの行列を解消

小売り業の課題解決 レジ待ちの行列の課題を解決

タブレットPOSを利用した前捌(さば)き会計なら、POSレジの設置台数は現状のままで会計スピードをUPします。また、行列の解消に向けて複数のスタッフが協力することで、レジ担当者の精神的負荷を軽減することができます。

突発的に発生したレジの行列を解消したい。お客さまのレジ待ちの時間を短縮したい

繁忙期もあれば、閑散期もある小売店。突発的に発生するレジの大行列にお悩みの方も少なくないのでは。

レジに長蛇の列ができてしまうと、お客さまをうんざりさせてしまい、機会損失の原因につながります。

常に忙しければレジ台数を増やせばいいですが、小売店には波があります。POSレジの設置台数は現状のままで、会計スピードをUPしたい。

そのようなときにおすすめなのが「タブレットPOSを利用した前捌き会計」です。

POSレジと同じ売上登録機能を搭載しているので、レジが混雑したときだけ事前にタブレットPOSで売上登録を行い、お客さまにバーコード付きの登録券を渡し、POSレジでバーコードを読み取り決済することで、速やかなレジ会計を実現します。

タブレットPOSを利用した前捌き会計でレジの行列を解消
混雑時にはタブレットPOSを利用した「前捌き会計」で、スピーディーな会計を実現

混雑時の従業員やパート・アルバイトのレジ会計の精神的負荷・業務負荷を軽減したい

レジの行列は、レジ待ちのお客さまをイライラさせるだけでなく、従業員やパート・アルバイトに、精神的負荷がかかります。

特にPOSレジが1台しかなく、レジを担当する一部のスタッフにだけ業務負荷がかかっているような場合、「タブレットPOSを利用した前捌き会計」を用意しておくことで、レジの行列解消に向けて複数のスタッフが協力することができます。

また、レジ担当者には、「行列ができた場合にはほかのスタッフがサポートしてくれる」という精神的な余裕を生み出し、離職率低下にも貢献します。

会計する店員の女性
「タブレットPOSを利用した前捌き会計」なら、複数のスタッフが協力してレジ会計を行える


お問い合わせ