サイト内の現在位置を表示しています。

飲食チェーン店におけるモバイル回線の利用例

VPN構築ルータ提案事例

全店舗をモバイル回線を利用したインターネットVPNで接続し、
ネットワーク構築の大幅な期間短縮とコスト削減を実現

  • モバイル回線を利用することで全店舗のWAN環境の刷新を約2ヶ月で実施
  • 定額のモバイル回線を利用することで、ランニングコストを削減
  • 有線回線の工事が不要で展開スケジュールの調整が容易

カフェの店員とVPN構築ルータの写真

飲食チェーン店におけるモバイル回線の利用例

全店舗をモバイル回線を利用したインターネットVPNで接続し、ネットワーク構築の大幅な期間短縮とコスト削減を実現。

飲食チェーン店では、モバイル回線を活用したVPNネットワークの構築が広がっています。 ここでは具体的な活用例と、導入効果についてご紹介します。

NECプラットフォームズのVPN構築ルータ UNIVERGEシリーズの写真

飲食チェーン店におけるモバイル回線の利用例

全店舗をモバイル回線を利用したインターネットVPNで接続し、ネットワーク構築の大幅な期間短縮とコスト削減を実現
飲食チェーン店におけるモバイル回線のイメージ
  • 「UNIVERGE WA1020」は、販売を終了しました。
背景・課題

  1. 本社移転にともなうネットワーク更新で、初期費用やランニングコストの低減が必要。
  2. ショッピングセンター等、有線回線の引き込みが難しい場合が多い。
  3. 店舗開発を迅速に進める上でネットワーク構築期間の短縮が必要。

悩んでいる女性
VPN構築ワイヤレスルータで解決!

VPN構築ワイヤレスルータ「UNIVERGE WA シリーズ」が解決します。

導入効果

  1. モバイル回線を利用することで、全店舗のWAN環境の刷新を約2ヶ月で実施
  2. 定額(低額)のモバイル回線を利用することで、月々のランニングコストを削減
  3. 有線回線の引き込み工事を一切行わないため、展開スケジュールの調整が容易

悩みが解決した女性
  • 短期間でのVPN導入
    2週間での短期出店が必要な場合、回線工事が導入の妨げとなっていたが、ワイヤレスVPNルータであれば、短期間で導入可能。
  • 広いサービスエリア
    携帯電話の電波を利用するため、Bフレッツ、フレッツADSLより広いエリアで利用でき、駅地下街などいままでブロードバンド回線を引き込めなかった店舗でもVPNの構築が可能。NTTドコモの人口カバー率は100%。
  • 初期費用のコスト削減
    回線敷設工事はもちろん、木板取り付け、配管工事などが不要なのでコストを削減。