サイト内の現在位置を表示しています。

機能紹介

SOHO/SMB向け無線LANルータ Aterm Biz SHシリーズ

オフィスや店舗などで
広範囲なWi-Fi環境を構築可能な
Aterm Biz SHシリーズの多彩な機能をご紹介

Wi-Fi 6やメッシュ中継機能などに対応したAterm Biz SHシリーズのさまざまな機能をご紹介します。

広いオフィスや店舗などでも安定したWi-Fi環境を構築する、SOHO/SMB市場向け(法人モデル)無線LANルータです。

オフィスや店舗で

Wi-Fi 6

次世代規格Wi-Fi 6(11ax)に対応

Aterm Biz SH621A1では、5GHz帯:1,201Mbps/2.4GHz帯:574Mbpsの通信速度(理論値)で、高速かつ便利なワイヤレス通信を実現します。

Wi-Fi 6対応

Wi-Fi 6 OFDMA(直交周波数分割多元接続)に対応

複数の端末と接続したときでも安定した通信が可能です。

OFDMA 利用イメージ
従来規格Wi-Fi 5(11ac)では時分割により1端末ずつ順番に行っていた同時通信の割り当てを、通信帯域の分割によって行うため、1通信で多数台同時に通信でき、通信効率が大きく向上します。

Wi-Fi 6 MU-MIMO(最大2台に同時通信)に対応

MU-MIMO利用イメージ
端末に向けて集中的に電波を送る「ビームフォーミング」を利用し、空間多重によって、複数の端末と同時通信を行う技術により複数台での同時安定通信が可能です。

「TWT(Target Wake Time)」に対応

Wi-Fi親機から端末へのデータ通信タイミングを調整し、信号受信待機の必要がないときに子機側の通信機能をスリープ状態へ移行させることで消費電力を抑え、バッテリーを長持ちさせることができます。今後、TWT対応スマートフォンなどの登場が期待されます。

※ 端末側が同規格に対応している必要があります。

接続端末だけ通信

メッシュ中継機能

メッシュ中継機能を搭載

広範囲の通信を可能にする「メッシュ中継機能」には通信の状態が良い最適なアクセスポイントに自動で切り替えて接続する「ローミング機能」があり、たとえばオフィスを移動しながら利用する場合でもシームレスで快適な通信を実現します。

ローミング機能なし/あり 比較図
本機能により、メッシュ親機とメッシュ中継機それぞれから広がる電波が交差した網の目状のWi-Fiネットワークが構築可能です。ネットワークに接続された子機は、移動をしても電波状態の良いアクセスポイント(メッシュ親機またはメッシュ中継機)にWi-Fi接続先が自動で切り替わります。本製品はメッシュ親機、メッシュ中継器でのご利用が可能です。