サイト内の現在位置を表示しています。

機能紹介

VPN構築ルータ UNIVERGE IXシリーズ

オフィス、店舗、工場などでの運用に適したVPN構築ルータ「UNIVERGE IXシリーズ」の多彩な機能を紹介

  • ダイナミックVPNに対応
  • 拠点単位での帯域制御/優先制御が可能
  • 拡張性に優れた各種SW-HUB機能を搭載

UNIVERGE IXシリーズ 機能紹介

ダイナミックVPNに対応

インターネットVPNの設定が容易に。

  • センタ-拠点間のVPN接続の設定を行うだけで、フルメッシュのVPNを簡単に構築することが可能。
  • Web-GUIによるかんたん設定対応。
  • 最大256拠点のVPN構築に対応。
  • センタルータとしてIX2215/IX2207/IX2106:最大64拠点
ダイナミックVPNに対応
特 長 実 装
コンフィグ量削減 拠点数が幾つあっても、センタルータの設定量は増えません。
負荷軽減 拠点間通信はセンタを経由せず直接通信されるため、センタルータを流れるトラフィックが減少し、負荷軽減に繋がります。
スループット高速化(IPv6対応) フレッツIPv6には、ISPネットワークを介さずNTT網内で通信を折り返す網内折り返しサービスがあり、拠点間通信の高速化が見込めます。
かんたん設定対応 Webブラウザを利用したかんたん設定に対応(IX2215 / IX2207 / IX2106)。
ダイナミックVPNについて詳しい知識がなくても簡単に設定が行えます。

拠点単位での帯域制御/優先制御

拠点毎やVLAN毎にシェーピングレートを設定し、その単位で優先制御を動作させることが可能。

拠点単位での帯域制御/優先制御

拡張性に優れた内蔵SW-HUB

高機能なSW-HUBを内蔵。

  • ポートベースVLANや、ポートミラーリング機能、入力ポート優先機能など、SW-HUBによって高度な機能を実現します。
拡張性に優れた内蔵SW-HUB

ダイナミックDNS機能に対応

動的IPアドレス拠点にドメイン名(○○○.comなど)でアクセス可能。

  • 固定IPアドレスの契約が不要になるので、インターネットVPNや遠隔保守のランニングコストを削減できます。
ダイナミックDNS機能に対応

動的フィルタ(Statefull Inspection)

動的フィルタ機能(ステートフル・インスペクション)により、外部からの不正な侵入や、DoS攻撃(Denial of Service)を防ぐことができます。

  • ステートフル・インスペクション:通信の状態を監視し、その状態に応じて通信をコントロールする機能。
動的フィルタ(Statefull Inspection)

不正侵入や攻撃を検知(IDS機能)

不正パケットの受信を検出するIDS機能(Intrusion Detection System)に対応しており、不正侵入や攻撃の兆候を検知し、通知することが可能です。

不正侵入や攻撃を検知(IDS機能)

スケジューラ機能

特定の時間や一定間隔ごとに指定したコマンドを実行。

ルータのソフトウェアを最新版に保ちたい

スケジューラ機能

コンフィグロールバック(保守作業トラブル回避)

定期的に再起動する設定をリモート作業中のみ投入しておくことで、設定ミスでアクセスできなくなってしまった場合でも、一定時間経過後に元の設定に戻ります。

コンフィグロールバック(保守作業トラブル回避)

遠隔PC起動(Wake on LAN)

電源OFF、スタンバイ、休止状態のPCの電源を、遠隔からONにすることができます。

遠隔PC起動(Wake on LAN)
  • スケジューラ機能と組み合わせて使用することで、決められた日時・曜日に定期的に Wake on LANを実行することも可能です。

ループ検出機能 ※対象機種:IX2215

ループを検出すると、該当のスイッチポートを閉塞。ほかのスイッチポートに接続されている端末に影響を与えません。

ループ検出機能が無いと・・・
ループ検出機能がないと・・・
誤ってケーブルを挿して、ループにしてしまうと、LAN全体がダウンしてしまう。
ループ検出機能
ループ検出機能
誤ってケーブルを挿して、ループになっても、他のポートの通信へ影響を与えません。

クラウドサービスに対応

複数のクラウドサービスとVPN接続が可能です。

クラウドサービスに対応