サイト内の現在位置を表示しています。

ISDN終了対策「データコネクト」

VPN構築ルータVPNルータによる課題解決

ISDNデータ通信サービス終了の課題を、
「データコネクト」プランが解決します

ISDNは2024年1月を目途にサービス終了が予定されています。さまざまなシーンでISDNをご利用中のお客さまの課題を、VPN構築ルータ「UNIVERGR IXシリーズ」が解決します。

UNIVERGE IXルータ

ISDNデータ通信サービスは、2024年1月を目途にサービスを終了することがNTT東日本・NTT西日本より発表されています。

バックアップ回線、POS、決済、遠隔監視などでISDNデータ通信サービスをご利用中のお客さまの課題を、VPN構築ルータ「UNIVERGE IXシリーズ」による「データコネクト」プランが解決します。

ISDN終了対策「データコネクト」説明マンガ
  • INSネット ディジタル通信モードの終了時期につきましては、NTT東日本、NTT西NTT日本の情報をご確認ください。
ISDN終了対策「データコネクト」説明マンガ-1ISDN終了対策「データコネクト」説明マンガ-2ISDN終了対策「データコネクト」説明マンガ-3ISDN終了対策「データコネクト」説明マンガ-4
  • INSネット ディジタル通信モードの終了時期につきましては、NTT東日本、NTT西NTT日本の情報をご確認ください。

VPN構築ルータ「UNIVERGE IXシリーズ」の「データコネクト」プランなら、64kbps~1Mbpsまで柔軟な帯域指定が可能です。また、ISDNと比較して基本料金・通話料金や通信時間の削減を見込めます。

ISDNが終了するので、データコネクトに切り替えたい

UNIVERGE IXシリーズによる「データコネクト」プランが解決します

  • 「データコネクト」は、帯域保証されたネットワークを、従量課金で利用できるISDNの後継サービスです。
  • 「データコネクト」は64kbps~1Mbpsまで柔軟な帯域指定が可能。従来のISDNと比較して通信時間の削減が可能です。
  • 「UNIVERGE IX2215」はISDN通信用ポートを内蔵。空きのイーサネットポートがあれば、ISDNからデータコネクトへの移行を機器入れ替えなしで実現できます。
    ※ Ver.8.6以降で対応しています。

UNIVERGE IX2215

「データコネクト」利用例

データコネクトによるバックアップ構成例

データコネクトによるバックアップ構成例
  • 拠点-センタ間通信のバックアップ回線としてデータコネクトを利用。
  • データコネクトは「ひかり電話(IP電話サービス)」のオプション(無料)で利用できるため、拠点の音声・FAX通信とバックアップ通信をひかり電話に統合することができます。
  • データコネクトは、ISDN同様「電話番号」を利用した接続のため、第三者による不正接続の心配がありません。インターネットを利用しないため、閉域網と同等のセキュリティでご利用いただけます。