サイト内の現在位置を表示しています。

UNIVERGE IX2106

VPN構築ルータ UNIVERGE IXシリーズ製品一覧

従来機種と比較して大幅な転送性能向上を実現
低コストで導入が可能な小型ハイパフォーマンスルータ

  • 10/100/1000BASE-Tポートを1ポート+4SWポート実装
  • 基本転送性能 最大2Gbps、IPsec暗号化性能 1.2Gbpsを実現
  • 最大128拠点を収容するVPNのセンタールータとしても利用可能

UNIVERGE IX2106の写真

UNIVERGE IX2106

「UNIVERGE IX2106」は、10 / 100 / 1000BASE-Tポートを5ポート持つギガビット回線対応ハイパフォーマンスルータ。従来機種(IX2105)と比較して大幅な転送性能向上を実現。

また、複数の通信セッションを同時に処理するための仕様(NAPTキャッシュサイズなど)を最大250,000セッションと大幅に拡張。

消費電力削減に徹底的にこだわり、高性能ながら低消費電力化を実現。また、ファンレス構造でありながら動作保証温度が0℃~50℃と広く、厳しい環境条件下に設置可能です。

IPsec:最大 128対地、EtherIP:最大 10対地、データコネクト:最大 16対地

(IX2105 基本転送性能 最大1.3Gbps、IPsec暗号化性能 最大440Mbps)

UNIVERGE IX2106 スペック
UNIVERGE IX2106 スペック

特長

  • 10/100/1000BASE-Tポートを1ポート+4SWポート実装。
  • 基本転送性能 最大2Gbps、IPsec暗号化性能 最大1.2Gbpsで業界最高クラスの性能 。
  • 最大128拠点を収容するVPNのセンタールータとしても利用可能。
  • 50℃まで動作可能。最大消費電力7Wの省エネ設計。
  • 縦置き、壁掛け、マグネット、ラック搭載など、さまざまな形態での設置が可能。
  • ※1
    AES128+SHA-1利用時の双方向における値
  • ※2
    カプセル化によるオーバー・ヘッドを含む
  • ※3
    「フレッツ光ネクスト」その他のフレッツサービス名は、NTT東日本およびNTT西日本の登録商標です。「フレッツ光ネクスト」との接続については、日本電気株式会社が接続確認を実施したものですが、将来にわたって必ずしも接続性を保証するものではありません。
「UNIVERGE IX2106」のもっと詳しい情報は、NECの製品サイトへ