サイト内の現在位置を表示しています。

免税販売機能搭載POSシステム

提案事例POS提案事例

提案事例:委託販売管理POSシステム

免税対象可否をPOSが判断し、パスポート情報をスキャナで読み取って簡単スピーディに免税書類を作成。

  • 免税対応をシステム化し、お客さまの待ち時間を解消
  • POSシステムで免税対象品を自動判別し、効率化を実現
  • 免税販売機能を標準機能として装備しており、安価に導入可能

免罪販売機能搭載POSシステム

免税可否をPOSが自動判定、
スキャナでパスポート情報を読み込み、免税書類の作成を自動化

免税販売機能搭載POSシステム

  • 導入先 :免税品の小売販売(免税カウンタで対応)
  • 製品名:RegiGrow
  • 導入効果:免税対応・処理の効率化。将来的にはPOSのみで免税対応を完結したい。
RegiGrow レジグロー
免税販売機能搭載POSシステム
システム構成図

背景・課題

  1. 免税対応は、販売から免税書類作成まで、すべて店員が対応しており、お客さま1人の対応に時間がかかる。
  2. 免税申請書の記入に慣れていないと、より対応が遅くなり、お客さまが怒るケースがある。
  3. 店員の判断で免税対象か対象でないかを判断しているので、時間がかかり、間違えるケースもでている。
  4. 安価にシステム化したい。

背景・課題のイメージ
RegiGrowで解決!

免税対応POSシステム「RegiGrow」が解決します。

導入効果

  1. システム化により、免税可否判断や免税書類の作成時間を大幅に短縮できるため、お客さまへゆとりをもって対応できる。
  2. パスポート情報はスキャナで読み取れるため、手書きによる記載ミスや作成時間が短縮され、お客さまをお待たせすることなく、行列待ちも解消。
  3. 商品をスキャナで読み取るだけで、POSシステムが免税対象の可否を判断。間違いがなくなり効率化も実現。
  4. POSシステムの標準機能として装備しており、安価に導入が可能。

導入効果のイメージ


お問い合わせ