サイト内の現在位置を表示しています。

UNIVERGE WA2610-AP

無線LANアクセスポイント機能内蔵 UNIVERGE WAシリーズ製品一覧

無線LANアクセスポイント内蔵
スタンダードモデル

無線LANアクセスポイント機能を内蔵
「UNIVERGE WA2610-AP」

VPNルータに無線LANアクセスポイント機能を内蔵。 小規模オフィスや店舗での無線LAN導入に最適。

「UNIVERGE WA2610-AP」は、IEEE802.11ac 無線LANアクセスポイント内蔵のスタンダードモデル。

USBデータ通信端末を利用したモバイル通信と内蔵の無線LANアクセスポイントによる無線LAN通信が可能。

無線LANは、高速通信を実現するIEEE802.11acに対応しているほか、2.4GHzと5GHzのデュアルバンド対応で安定的な無線LAN環境を実現するとともに、各種認証機能(EAP、IEEE802.1X、MAC)により、安心の無線LAN環境を実現します。

無線LANアクセスポイント機能を内蔵  UNIVERGE WA2610
※1 AES256/SHA2利用時の双方向における値

特長

  • 5ポートGigabitEthernet+USBポートを保有したVPNルータ。
  • USBデータ通信端末を利用したモバイル通信に対応。
  • 無線LANアクセスポイントを内蔵し、以下を実現。
    • IEEE802.11ac対応の高速無線LAN通信。
    • 2.4GHzと5GHzのデュアルバンド対応による安定した無線LAN環境。
    • 端末認証機能(IEEE802.1X)対応で不正端末の接続を防止。
  • 2.4GHzと5GHzの同時動作が可能。設置環境に応じた最適な周波数の利用が可能。
    また、2.4GHz帯と5GHz帯の同時通信が可能で、電波干渉を受けにくい5GHz帯には重要な業務システム用の通信を優先的に割り当てるといった、周波数帯の使い分けが可能となり、効率的な通信環境の構築を実現。
  • 許可された端末のみを接続する端末認証機能を搭載。
    スマートデバイスから内蔵の無線LANアクセスポイントへの接続時、あらかじめ許可された端末のみを接続する端末認証機能(EAP、IEEE802.1X、MAC)に対応。不正な端末の接続を排除することにより、無線LANエリアのセキュリティを確保。
  • 高速VPN機能によりセキュアな拠点間通信を実現。
    店舗とセンタ間、拠点と本社間など、物理的に離れた場所にある拠点間の通信を暗号化するIPsec機能に対応。また、IPsec機能利用時でも最大500Mbpsの転送性能を実現し、第三者の不正閲覧などを防止した安心な高速拠点間通信を行うことが可能。