サイト内の現在位置を表示しています。

ファームウェアについて

Aterm SA3500G(Aterm Bizシリーズ)サポート

ファームウェアアップデート情報

ファームウェア

バージョン リリース日 更新内容 備 考
NEW
3.4.32
2018年
11月7日

以下の内容を対応しました。

  • 特定の条件にて装置が再起動をしてしまう障害を修正しました。
  • インターネット接続の安定性向上
  • システムの安定性向上
 
3.4.31 2018年
9月3日

以下の内容を対応しました。

  • USBストレージによる設定値の保存/復元機能が追加されました。
  • 以下の機能改善を行いました。
    • Ethernetポート設定にフロー制御設定を追加
    • システムの安定性の向上
 
3.4.21 2018年
2月19日

以下の内容を対応しました。

  • デバイスマップ機能にAspire UX連携の機能・IX/WA連携機能が追加されました。
  • セキュリティ機能に「ログのみ」のモードが追加されました。
  • 統計機能の月別にURLフィルタリング/アプリケーションガード個々の統計情報が追加されました。
  • 以下の機能改善を行いました。
    • 不正侵入防止機能の個別許可設定追加
    • URLフィルタリング個別許可設定の改善
    • アプリケーションガードの設定操作性改善
    • メールでお知らせ機能の改善
    • 設定Webのhttpsアクセス対応
    • 設定ウィザード改善
 
3.3.26 2017年
10月18日

以下の内容を対応しました。

  • インターネット接続が遅くなる事象の修正
  • システムの安定性の向上
 
3.3.20 2017年
8月31日

以下の機能追加・改善を行いました。

  • デバイスマップ機能
  • 簡易Radius機能
  • クラウドサービス接続機能
  • IPSec暗号化通信時の通信速度を最大約700Mbpsに改善

管理画面へのログイン方法変更を行いました。

  • Webページ内に埋め込みのログイン画面に変更しました。
  • ログアウトボタンを追加しました。

※ 制限事項:本リリースにおいて「ルートベース」かつフラグメント方式で"pre-fragment"を選択時は速度改善の対象外となります。

 
3.2.45 2017年
6月6日

システムの安定性を向上しました。

以下の機能追加を行いました。

<メンテナンス情報>
  • イベントログ機能追加
  • 装置情報取得機能追加
 
3.2.37 2017年
4月19日

通信の安定性を向上しました。

 
3.2.29 2017年
2月14日

以下の機能強化および追加を行いました。

<セキュリティ関連>
  • お知らせ機能の強化(Web画面での脅威通知メッセージのカスタマイズ・メールでの脅威通知メッセージのカスタマイズ機能を追加)
  • Aspire連携機能強化(ライセンス有効期限日を表示、脅威検出ランプを多機能電話機のボタン押下で消灯)
  • デバイス管理機能を追加
  • 統計情報表示を強化(脅威検出状況のグラフ表示/デバイスごとの統計情報表示)
  • パケット転送設定追加(セキュリティ・スキャン機能が無効な状態(ライセンスが切れた時等)においてWAN-LAN間のパケット転送を行うかどうかの設定)
  • セキュリティログのUI改善
<ネットワーク関連>
  • ブリッジモードでの無線LAN機能に対応
  • IPsec/IKEv1機能の拡張、IPsec/IKEv2対応
  • ブリッジモードでのファイアウォール機能
  • ポート通信速度固定設定(ポート毎のリンク速度の設定)
  • MACアドレスフィルタリング機能追加
<メンテナンス機能>
  • ネットワーク診断機能追加
  • ファームウェアの時刻指定バージョンアップ
 
3.1.35 2016年
10月26日

システムの安定性を向上しました。

 
3.1.34 2016年
7月29日

以下の機能強化および追加を行いました。

<セキュリティ関連>
  • お知らせ機能の強化(メール通知/パトライト連携)
  • 月次レポート機能を追加
  • ホワイトリスト機能を追加(URLフィルタリング/Webガード/アンチウイルス機能に「個別許可設定」を追加)
  • カテゴリ確認機能を追加(URLフィルタリング機能の一部)
  • 統計情報を拡張 (週表示を追加)
  • ファイアウォール機能を追加
<ネットワーク関連>
  • ルータモード追加
  • 無線LAN機能を追加
  • VPN機能(IPsec/IKEv1)を追加
  • SNMPを追加
<その他>
  • 管理画面からのオンラインバージョンアップ機能を追加
  • HTTPプロキシサーバー経由の接続設定を追加
  • 設定ウィザードを追加

※ ルータモードのみで動作

各機能の詳細は、機能詳細マニュアルの最新版をご確認ください

アップデート方法

INFOランプが橙点灯している場合

  1. 本製品の背面にあるOPT2スイッチを細い棒状のもの(電気を通さない材質のもの、つまようじの先など)でINFOランプが橙点滅するまで3秒以上押し続けます。
  2. ファームウェアの更新が始まります。本製品が再起動し、INFOランプが消灯していれば、ファームウェアの更新は完了です。

INFOランプが消灯している場合 ※1

  1. 本製品の背面にあるOPT2スイッチを細い棒状のもの(電気を通さない材質のもの、つまようじの先など)でINFOランプが0.5秒周期で緑点滅するまで3秒以上押し続けます。
  2. 新しいファームウェアがあるとINFOランプが橙点灯します。新しいファームウェアがない場合、INFOランプを3秒後に消灯します。
  3. INFOランプが橙点灯した場合、本製品の背面にあるOPTスイッチを細い棒状のもの(電気を通さない材質のもの、つまようじの先など)でINFOランプが橙点灯するまで3秒以上押し続けます。
  4. ファームウェアの更新が始まります。本製品が再起動し、INFOランプが消灯していれば、ファームウェアの更新は完了です。

INFOランプが消灯している場合(設定Webを使用する方法) ※2

  1. [TOP]-[メンテナンス]-[メンテナンス]画面を開きます。
  2. 「ファームウェア更新」の「オンラインバージョンアップ」を選択します。
  3. 「更新」ボタンを押下します。
  4. 「最新のバージョン」が表示されるまで、そのまましばらく待ちます。
  5. 「最新のバージョン」の数字が新しい場合は、「最新バージョン更新」ボタンを押下します。
    「現在のバージョン」と「最新バージョン」が同じ場合はここで終了です。
  6. 「OK」ボタンを押下します。
  7. しばらくすると、画面に「ファームウェアを更新しています。しばらくしてから、再度、アクセスしてください。」と表示されます。
  8. ファームウェアの更新が完了すると、本製品は自動的に再起動します。
  • ※1
    バージョン3.2.29以降のファームウェアが適用された装置で実施可能です。
  • ※2
    バージョン3.1.26以降のファームウェアが適用された装置で実施可能です。


お問い合わせ