ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. 無線不正侵入を検知・防御するWIPS機能付き無線LANアクセスポイント「NA1000シリーズ」を発売
ここから本文です。

無線不正侵入を検知・防御するWIPS機能付き無線LANアクセスポイント「NA1000シリーズ」を発売

~国内メーカー初、Mojo Networks社のセキュリティ技術を採用~

2016年10月6日
NECプラットフォームズ株式会社

NECプラットフォームズは、SMBオフィス、中小規模の流通・サービス業や学校ICT向けに、無線不正侵入を検知・防御するWireless Intrusion Prevention System(以下、WIPS)機能付き無線LANアクセスポイント「NA1000シリーズ」を本日より発売します。

新製品は、米国国防総省や金融機関への導入実績があり、業界トップクラスのWIPS性能を持つ米国 Mojo Networks社(注1)の特許技術を、国内メーカーとして初めて採用しました。高速かつ高精度のWIPS機能を実現し、無線不正侵入を検知・防御することで情報漏えいを防ぎ、安心して無線LANネットワークを使用することができます。また、管理コンソールの利用により、複数アクセスポイントの一括設定や不正検知を”見える化”するなど、効率的な管理・運用を実現します。

なお、高セキュリティの無線LANアクセスポイントを新規に設置できるほか、既存の無線LANアクセスポイントを活用し、WIPS機能を追加することにより、現行の無線LAN環境を容易にセキュリティ強化することも可能です。

NECプラットフォームズは、本製品を今後3年間で約5万台販売する計画です。

拡大するNA1000W / NA1000A

拡大する管理コンソール(画面イメージ)

背景

国内の企業向け無線LAN市場は、2015年において前年比で9%を上回る(注2)など導入が増えています。しかし、有線LANネットワークでは外部からの不正アクセスやサイバー攻撃などに対しファイアウォール等による対策が常識となっているのに対して、特に大規模なネットワークシステムを構築しない中小規模事業者における無線LAN環境はセキュリティの課題を残しています。また昨今、その脆弱性を突いたサイバー攻撃や機密情報・個人情報漏洩の事件が多発しており、無線LANセキュリティ対策が急務とされています。
このような状況を受けて、高セキュリティな無線LANネットワーク環境を容易に低コストで提供可能な新製品を開発しました。

システム構成

・WIPS全機能利用の場合

・WIPS一部機能利用の場合

価格、型番、出荷日

品名 型番 価格(税別) 出荷開始日 備考
WIPS全機能搭載
無線LANアクセスポイント
NA1000W *1
ZB-NA1000W 93,000円 10月末 -
WIPS一部機能搭載
無線LANアクセスポイント
NA1000A *1
ZB-NA1000A 68,000円 -
管理コンソール *2
(ソフトウェア媒体)
ZB-NA10SW-1 120,000円 アクセスポイント
10台ライセンス付き
  • *1NA1000W/NA1000Aは、PoE給電によりLANケーブルから給電可能だがACアダプタ(オプション)も用意している。
  • *2管理コンソール用サーバ(一定の条件を満足する既存サーバ、もしくはオプションのNA150MCサーバ)が必要。
    管理可能なアクセスポイントの台数はサーバ仕様による。

(オプション)

品名 型番 価格(税別) 出荷開始日
NA1000サポートサービス(5年分) ZB-NA1000-SS5 28,000円 10月末
追加ライセンス(10台分) ZB-NA-AL10 120,000円
NA1000シリーズ専用ACアダプタ ZB-NA-AC1 4,000円
NA150MC *3(管理コンソール用サーバ) ZB-NA150MC-1 1,060,000円 11月上旬
  • *3最大250台までのアクセスポイントを管理可能。別途、VMware、管理コンソール(ソフトウェア)のインストールが必要。

特長

  1. WIPS機能によりさまざまな無線不正侵入を検知・防御
    米国 Mojo Networks社独自の特許技術を用いたセキュリティ機能により、さまざまな無線不正侵入を検知し、防御しています。
    例えば、高速かつ高精度の不正デバイス検出機能、フィッシングサイトやウイルス感染の可能性がある不正サイトへのアクセス遮断、DoS攻撃など脅威・脆弱性攻撃の防御、WEPキーを盗むクラッキングの遮断、無線接続のエリア制限等です。
    その他セキュリティ機能の一覧と、NA1000W (WIPS機能全搭載)/NA1000A (一部搭載)の対応表は
    別紙1を参照ください。
  2. 管理コンソールにより導入・運用が容易
    管理コンソールを利用することで、複数のアクセスポイントや許可するデバイスの登録など一括設定が可能です。周辺のアクセスポイント分布、デバイス分布、チャネル分布などを見える化し、許可/不正/外部/未分類などに色分けして表示できます。イベントログのメール通知や、あらかじめ設定した地図上に不正デバイスやアクセスポイントの位置を視覚的に表示することにより不正侵入の早期発見・排除に役立ちます。
  3. 導入済みのアクセスポイントにもWIPS機能をアドオン可能
    既に無線LANシステムを導入済みの環境にも、本製品をアドオンすることで、WIPS機能を用いた強固な無線LANセキュリティ環境を容易に低コストで構築することが可能です。
  4. IEEE802.11acに対応、高速で安定した通信を実現
    11ac・3ストリームに対応し、最大1,300Mbps(注3)の高速通信を実現しました。また、安定した周波数帯である5GHz帯に優先的に接続する「バンドステアリング機能」、アクセスポイントを複数台設置した場合、子機が移動しても最適なアクセスポイントに自動的に接続する機能により、安定した通信が可能です。さらに、端末1台あたりの使用可能な無線の通信帯域を制限する「トラフィックシェーピング機能」により、複数台数を同時に利用しても快適な高速通信が可能です。

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進していきます。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

新製品の主な仕様は別紙2をご参照ください。

以上

  • (注1)米国Mojo Networks社について
    世界的シェアを持つ法人向けアクセスポイントベンダーで、無線LANセキュリティの分野において高い評価を受けている。これまで、各社のWIPS性能比較を行う米国ガートナー社から最優秀賞を2年連続(2011年、2012年)で受賞、優秀賞も含めると5年連続(2008年~2012年)で受賞。また、WIPS製品は、米国国防総省に認定・導入され、金融機関、一般企業、政府、自治体などにも導入されている。詳細は米国Mojo Networks社のHPを参照。http://www.mojonetworks.com/
  • (注2)IDC Japanプレスリリース「国内企業向けネットワーク機器市場動向を発表」(2016.6.1)より。(前年比約9%の伸長は金額ベース)  http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20160601Apr.html
  • (注3)表記の速度は理論値であり、実効速度とは異なる。
  • 記載されている会社名・団体名、製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

新商品に関する情報

http://www.necplatforms.co.jp/product/na/

新製品に関するお客様からのお問い合わせ先

NECプラットフォームズ アクセスデバイス開発事業部 第四販売推進グループ
E-Mail:na-info@necpf.jp.nec.com

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
http://jpn.nec.com/profile/vision/index.html

Orchestrating a brighter world

ページの先頭へ戻る