サイト内の現在位置を表示しています。

環境経営

環境方針

【環境理念】

NECプラットフォームズは自然のいとなみを尊重し、環境と調和した技術開発、生産、製品及びソリューションの提供を通して、世界の人々が人間性を十分に発揮できる豊かな社会と環境の実現に貢献します。

【行動指針】

  1. 当社の技術開発、生産、製品及びソリューションの提供にかかわるすべての領域における環境影響を的確にとらえ、地球温暖化防止の推進、資源の有効利用、生物多様性の保全に取り組むとともに、環境配慮型製品の提供に努めます。
  2. 関係する法令、各種規制及び当社が同意する要求事項の順守はもとより自主管理基準を設定し、環境管理レベルの向上に努めます。
  3. 全員への環境教育を徹底し、環境意識向上を図るとともに、環境活動を通して地域社会への貢献、並びにコミュニケーションを推進します。
  4. この方針を遂行するため、環境マネジメントシステムを構築し、環境目標を定め、実行し、レビューを行い、継続的改善及び汚染の予防に努めます。

2015年4月1日制定
2019年4月1日改定
代表取締役 執行役員社長
福田 公彦

環境経営の推進

製品の企画から回収までの一連の事業活動によって生じる環境負荷を継続的に改善するとともに、環境配慮型製品を創出するために、NECプラットフォームズグループ一体となって環境経営の推進を図っています。

ISO14001 認証取得会社一覧

会社名 承認番号
NECプラットフォームズ株式会社
株式会社エヌ・エヌ・ティ ※
new windowJQA-E-90066G
NEC静岡ビジネス株式会社 new windowJQA-E-90066I
NEC Platforms Thai Company Limited new windowJQA-EM0679
NEC Platform Technologies (Suzhou) Co., Ltd. new windowSW21E20218R2M
NEC Platform Technologies Hong Kong Limited new windowCN034699
  • 認証取得範囲に含まれる事業所内に事務所を有する関連会社

環境報告書

お取引先の皆様へ

旧一関事業所の土壌・地下水汚染について

旧一関事業所(岩手県一関市柄貝1番地)では、自主的な土壌汚染調査により確認された土壌・地下水汚染について、2019年3月に所管行政に報告しました。また、土壌汚染対策法に準じた敷地全体の土壌汚染調査は、2020年1月に調査が完了し、その結果を所管行政に報告しました。
なお、当該事業所での生産活動は2019年3月で終了し、以降は一部の建物を当社の倉庫および事務所として使用しています。
当社は今後、土壌汚染対策法および関係法令や所管行政からの指導事項を遵守し、適切な措置を施してまいります。土壌調査結果の詳細につきましては、以下の掲載情報をご参照ください。

電池の回収について

2001年4月1日に資源有効利用促進法が施行され、小型充電式電池のメーカおよび小型充電式電池を使用する機器のメーカに小型充電式電池の回収・再資源化が義務化されました。本法の施行に伴い、NECプラットフォームズでは「一般社団法人JBRC」の会員となり、JBRCが運用する回収システムを活用して、小型充電式電池の回収を実施いたします。
回収方法はこちらをご確認ください。

環境目標

環境経営を推進するため、具体的な中期目標を設定しています。

  2020年度 2021年度 2022年度
実績 / 目標 目標値 目標値

製品のエネルギー効率改善
消費電力削減率(2013年度基準性能ベース)

○ 40%削減
/ 30%削減

35%削減 40%削減

エネルギー由来のCO2排出量[絶対値]の削減
CO2排出量削減率(2017年度比)

○ 23.4%削減
/ 11%削減

16.8%削減 2021年度中に
検討

水使用量の削減
水使用量削減率(2018年度比)

○ 18.7%削減 
/ 1.0%削減

1.5%削減 2.0%削減
廃棄物排出量の削減
廃棄物排出量削減率(2018年度比)
○ 17.5%削減 
/ 1.4%削減
2.0%削減 2.7%削減
生物多様性保全(社会貢献)活動の実施
生物多様性保全活動参加延べ人数
× 1,539人 
/ 3,000人
3,000人 3,000人
環境コミュニケーション活動(エコアピール)の実施
エコアピール実施件数
 ○ 8件 
/ 5件
 5件 5件