サイト内の現在位置

マスクをして打ち合わせをする男性二人マスクをして打ち合わせをする男性二人

2021年6月10日 オフィスコミュニケーションコラム

マスクする? しない? 分かれる意見を考えよう

職場で8割以上の人が感じているストレスを軽減するには

職場で、ウイルス感染症対策について感覚の違いを感じることはありますか?

オフィスで過ごす中で、同僚や上司、部下の行動に対して「ウイルスを気にしなすぎだ」と思ったり、逆に「ウイルスを気にしすぎだ」と思ったり…。

多くの人がこういった経験があるのではないでしょうか。

今回は、感染症対策との共存が始まって早1年以上が経った今も根強く残っている「他者との感覚差」についてお話しします。

マスクをして打ち合わせをする男性二人
マスクをして打ち合わせをする男性二人

職場で8割以上が感じている上司や同僚との感覚差

職場で感じる感染症対策の感覚の違いにはどのようなものがあるでしょうか。

たとえばこんなことが挙げられます。

  • 旅行や外出を控える・控えない
  • 飲み会に参加する・しない
  • マスク会食をする・しない
  • マスクを常にする・人と話す時だけする
  • 在宅勤務を続けるべき・なるべく出社するべき
  • 不織紙マスクを義務化するべき・そこまでしなくても良い

緊急事態宣言が解除されていない地域も残っている現在、当然、感染症対策を取り続けなければなりませんが、個人の意識や行動は以前と比べると個人差が広がっています。

感染症対策の意識が高い人にとっては、職場でマスクを外して話す人や人的距離間をとらない人と共に過ごすのはストレスが溜まるでしょうし、逆に感染症対策をそこまで意識しない人にとっては、最低限のマナーを守っているつもりなのに指摘されればストレスを感じてしまうでしょう。

実際、職場では8割以上の人が、こういった感染症対策の感覚の違いから生じるストレスを感じているそうです。

  • 参考:シティリビングWeb「思わずイラッ…職場のコロナウイルスに対する感覚に違いを感じる?」(https://city.living.jp/common/sakebi/1203531)
オフィスの会議室
オフィスの会議室

マスクは常に必要? 対面して喋らなければ必要ない?

職場で最も感じる感染症対策の感覚の違いは「マスク着用の有無」という結果が出ています。

「飛沫を防ぐためにマスクは常に必要」という意見と、「喋らなければ必要ない」という意見で分かれ、マスクに対する意識は職場で大きな問題になりえます。

たとえばこんなシーン。

リモート会議をする男性

オフィスでパソコンに向かってWeb会議に参加しているとき、マスクを着用したまま参加する人と、マスクを外して参加する人がいるのではないでしょうか。

すでに広く知られている通り、マスク着用で100%感染を防げるわけではありませんが、”しないより、した方が良い”ことは明確です。

マスク着用の最大の目的は、「もし自身が感染していた場合、他者にうつさないため」であります。ですので、「マスクをしたくないからしない」という理由で着用しないのであれば、それは上司なり組織なりが注意をするべきでしょう。

ですが、個人の意識とは別に、業務上そうはいかない場合もあるのではないでしょうか。

マスク着用が難しい場合にできることとは

オフィスにいて、マスクを着用しているわけにもいかないな…と思う瞬間の例として、電話応対やWeb会議でのお客さま向けの説明会や講習会などが挙げられます。

マスクを着用したまま電話応対をしていて、先方から「聞こえにくい」との指摘を何度も受けてしまったり、お客さま向けの説明会や講習会でマスクをつけたままは「失礼にあたるのではないか…」などという場合です。

では、マスク着用が難しいこのようなシーンではどうしたら良いのでしょう。

そこで必要となるのは、周囲への配慮と気配りを元にした行動です。

電話応対やWeb会議でマスクを着用しない方が良い場合は、オフィス内で人的距離がとれる場所に探してみましょう。

会議室やミーティングスペースなど、密集した自席ではない場所があるのであれば積極的に利用していくべきです。

またそれが難しい場合でも、隣や正面の席に同僚がいるのであれば、一時的に離れた席を使うなど、ちょっとした行動が大切です。

社外との関わりでベストを尽くすための行動(=マスクを着用しない)は、職場の安全性を害さないよう配慮した行動を伴わせなければいけませんね。

カフェでテレワークをする女性
カフェでテレワークをする女性

安全性に配慮した行動をとれるオフィス環境を

職場の安全性を害さないよう配慮した行動をとるためには、オフィス環境の見直しが不可欠です。

「マスクをせずに電話応対をしたい」「Web会議で発表したい」というシーンでは、オフィス内どこでもパソコンと電話機を使える環境が必要です。

電話機はLANケーブルを繋いでどこでも利用できるIP多機能電話機にすれば、密集する自席から離れ、最大限安全な場所を選んで電話応対ができます。

この方法の詳細は、以下コラムをご覧ください。

また、オフィス内に社員が揃っていたとしても、なるべく対面で集まることを避けて円滑にコミュニケーションをとる方法や、なかなか面と向かっては言いにくい来訪者へのマスク着用を促す方法もご紹介していますので、是非参考にしてください。

このように、NECプラットフォームズでは、これからのオフィスに必要な「感染症対策+働き方改革」を実現する方法を幅広くご提案しています。是非お気軽にお問い合わせください。


オススメ記事

業務に支障をきたし始めた、これまでの常識

オフィスコミュニケーションコラム

上司にスタンプOK? 2020年度に生まれたビジネス新常識

リモートでも親しみを感じ取れるようになった人々

オフィスコミュニケーションコラム

同僚との距離感はどうなった? 歓送迎会をせずとも心理的距離は近くなる

同僚を知る機会は、新しい考えと方法で増やせる

オフィスコミュニケーションコラム

飲み会行く? 行かない? 職場の飲みニケーション問題

テレワークができないオフィスも対策を

オフィスコミュニケーションコラム

急務! オフィス内での新型コロナウイルス感染拡大防止策