サイト内の現在位置

UNIVERGE BLUE

キーテレフォン/PBX入れ替えを検討中のお客さま

UNIVERGE BLUE

都市の風景都市の風景

さまざまなコミュニケーションツールが溢れる中であっても、今なお日本企業のコミュニケーションツールの中心はオフィスの電話システムです。ただ、既存のオンプレシステムだけでは、これからの働き方に柔軟に対応するには限界があり、一方、クラウドだけでは機能と運用面で不安が残ります。

だから今、必要なのは、オンプレとクラウドのハイブリッド構成。

長年、オフィスコミュニケーション環境を提案、導入し続けてきたNECだからこそ、オンプレキーテレフォン/PBXとクラウドサービスを連携し、オフィスの電話運用を残しつつ、もっと自由に働ける環境を実現します。

hybrid

システム担当者がいま直面する2つの課題
UNIVERGE BLUE連携概念図

why?

オンプレとクラウドのハイブリッド構成をおすすめする理由

01

オンプレとクラウドのいいとこどり。出社とリモートワークが混在する今の働き方に適したシステム体制を備えています。

オンプレのいいところ・クラウドの いいところ

02

オフィスの電話システムとコラボレーションツールを別々で導入しているとできなかった、スマホやPCとオフィスの電話機の連動が可能に。フリーレイアウトやテレワーク導入のハードルが下がり、多様な働き方をスムーズに実現します。

会社電話とスマホが連動

03

NECブランドの統一で、シンプルな構築と安心のサポート体制で運用。万が一のトラブルの際に解決が早く、システム担当者にとってのメリットがたくさんあります。

Total Support

details

これから求められるハイブリッド構成

オンプレだけでも、クラウドだけでも足りない。オンプレ+クラウドのハイブリッド構成によりこれからの日本企業に求められるコミュニケーション環境を実現します。継続的に機能強化するので、常に最新の機能を利用いただくことができます。

UNIVERGE BLUE概念図

オフィスの電話とPCやスマホを連動させる

オフィスの電話システムとコミュニケーションツールはこれまで別々に運用されてきました。それが、モビリティやフリーレイアウトオフィス、テレワークといった多様な働き方の実現を阻む要因となっているケースもあります。UNIVERGE BLUEは、キーテレフォン/PBXとの連携をすることで、その課題を解決します。

PC、スマホ、電話機で内線通話可能

イメージ図
PCやスマホ間はもちろん、オフィスにあるキーテレフォン/PBXの内線電話機とも内線通話ができます。

オフィスへの着信はPC/スマホも鳴動

イメージ図
オフィスへの代表着信は、固定電話機だけでなく、PCやスマホも鳴動・応答、さらに保留や転送といった操作が可能です。

オフィスの電話回線を使って発信

イメージ図
PCやスマホからでもオフィスの電話回線を使って外部へ発信できます。その際、発信者番号はオフィスの電話番号が通知されます。

シンプルな構成と安心のサポート体制

さまざまなコミュニケーションツールを組み合わせた環境は、システム設計が複雑で、責任分界点が細かくなり管理が煩雑化します。これは万が一の際の解決までに時間がかかる要因となり、運用に不安が残ります。UNIVERGE BLUEとNEC製のキーテレフォン/PBXなら、システム全体をシンプルに構築でき、万が一の際にも一貫した体制でサポートを行います。

問い合わせ・相談窓口の一本化

イメージ図
システムの更新やアカウント追加の際など、システム担当者が相談できる窓口が明確になり、安心してご利用いただけます。

万が一の際の解決が早い

イメージ図
電話システムとコラボレーションツールをトータルで管理できるので、早急な解決につながります。

全国拠点のあるNECの安心サポート

イメージ図
全国にあるNECプラットフォームズの営業拠点やお客さま専用コールセンターで安定したシステム運用を支えます。

link

オフィスの電話の代わりに、スマホやパソコンが、使える!