ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. NECプラットフォームズ 掛川事業所が「GOOD FACTORY賞」(ものづくりプロセス革新賞)を受賞
ここから本文です。

NECプラットフォームズ 掛川事業所が「GOOD FACTORY賞」(ものづくりプロセス革新賞)を受賞

2018年8月6日
NECプラットフォームズ株式会社

NECプラットフォームズの掛川事業所(静岡県)は、一般社団法人日本能率協会が日本およびアジア地域に進出している製造業の生産性や品質の向上、改善活動に成果をあげた工場を表彰する「2018年度(第8回) GOOD FACTORY賞」(注1)(ものづくりプロセス革新賞)を受賞しました。
当社としては、2014年度のNECプラットフォームズタイ(タイ国パトンタニ県)、2016年度の福島事業所(福島県)、2017年度の甲府事業所(山梨県)に続く受賞となります。(注2)

掛川事業所は、ホームゲートウェイ製品、アクセスネットワーク製品、車載電子機器などの多様な製品の開発から生産までを担っており、高品質の製品・サービスを提供できるよう一連の生産プロセス革新に取り組んでいます。このうち、ホームゲートウェイ製品においては、機器レンタルの仕組みを通じて、製品の開発・生産にとどまらず、配送/回収/再利用という資源循環型生産方式を確立し、成果を上げてきました。
今回の選定では特に以下のポイントが高く評価され、ものづくりプロセスが総合的に改善・強化されている工場・事業場を顕彰する「ものづくりプロセス革新賞」の受賞となりました。

  1. つくり過ぎ防止のためのプロセスの短縮、動線の簡素化、多品種・数量変動に対応するための設計・生産方式の改善、在庫管理の改善など、ものづくりでの改革を推進。さらに、それをホームゲートウェイレンタル事業として確立し、最終ユーザーへの短納期提供に加え、他社生産品を含めた短納期一括配送、製品回収/再利用など製品ライフサイクルに伴う一連のプロセスをサービスとして提供。
  2. 工場内の見える化、方針・目標の見える化、活動の見える化と徹底した見える化の推進。
  3. 全員参加型経営革新活動の推進として、全社経営計画から方針軸・活動軸を設定した個人レベルの活動までの展開。活動目標と業績目標の月別展開と進捗管理の実施。現場巡回・成果報告会・ワイガヤなど現場改善活動を通して、現場と経営層とのコミュニケーションの仕組みの工夫や経営層の現場への高い関心。


NECプラットフォームズは、NECグループが注力する社会ソリューション事業をハードウェアプラットフォームで支えるものづくり会社です。
当社は、本賞で評価いただいた生産プロセス革新をはじめ、ITとネットワーク双方の製品開発力、幅広いコア技術力、豊富な生産技術力および長年培ってきたソリューション構築力を有しており、日本・タイ・中華圏 3極での最適地生産で、世界100ヶ国以上に製品を提供しています。
これからも、「ダントツの商品力とQCD (Quality、Cost、Delivery) 」を追求し、お客様と社会の期待と信頼にお応えしてまいります。

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

  • (注1)

    一般財団法人日本能率協会 「GOOD FACTORY賞」について
    http://jma-goodfactory.com/
    GOOD FACTORY賞」は、一般財団法人日本能率協会の登録商標です。

  • (注2)NECプラットフォームズタイは2014年度(第4回)に同賞のものづくり人材育成貢献賞を受賞。福島事業所は2016年度(第6回)に同賞のファクトリーマネジメント賞を受賞。甲府事業所は2017年度(第7回)に同賞のものづくりプロセス革新賞を受賞。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NECプラットフォームズ 経営企画部 広報グループ
E-Mail:koho@necpf.jp.nec.com

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
https://jpn.nec.com/profile/vision/message.html

Orchestrating a brighter world

ページの先頭へ戻る