ページの先頭です。
本文へジャンプする。
本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. POS
  4. TWINPOS 5500Pi
  5. 特長
ここから本文です。

(販売終了品)

TWINPOS 5500Pi

特長

TWINPOS 5500Piは販売を終了しました。

TWINPOS 5500Pi

2画面モデルPOS
TWINPOS 5500Pi

お客様とのコミュニケーションを重視し、 高品質な対面サービスを実現する2画面モデルPOS。

POSとしての最新機能を搭載

店舗との調和を図るカラーパネル写真のPOSは、オペレータ側/カスタマ側ともに12型ディスプレイの構成

画面サイズを選べ、見やすい角度に調整できるタッチパネルLCD

画面サイズを選べ、見やすい角度に調整できるタッチパネルLCDチルト機構の角度調整は、ディスプレイの組み合わせにより、最大角85°に達しないことがあります。また、ファンレスモデルの場合、オペレータ側は40°に制限されます。

ディスプレイは12型(SVGA対応)と15型(XGA対応)のLCDを準備。オペレータ側、カスタマ側のいずれも、12型・15型の異なる解像度のディスプレイを自由に組み合わせることができる上、画面は触れるだけで簡単に操作できるタッチパネルを採用しています。

また、チルト機構により0〜85°、スイブル機構により左右45°に調整できます。この機能によりオペレータやお客様に最適な角度を選択することができ、見やすい角度で接客することができます。

構成例 1

オペレータ側12型/カスタマ側12型ディスプレイ

オペレータ側12型ディスプレイ▲オペレータ側

カスタマ側12型ディスプレイ▲カスタマ側

構成例 2

オペレータ側15型/カスタマ側15型ディスプレイ

オペレータ側15型ディスプレイ▲オペレータ側

カスタマ側15型ディスプレイ▲カスタマ側

構成例 3

オペレータ側12型/カスタマ側15型ディスプレイ

オペレータ側12型ディスプレイ▲オペレータ側

カスタマ側15型ディスプレイ▲カスタマ側

構成例 4

オペレータ側15型/カスタマ側12型ディスプレイ

オペレータ側15型ディスプレイ▲オペレータ側

カスタマ側12型ディスプレイ▲カスタマ側

構成例 5

オペレータ側12型/カスタマ側VFDディスプレイ

オペレータ側12型ディスプレイ▲オペレータ側

カスタマ側VFDディスプレイ▲カスタマ側

店舗との調和を図るカラーパネル

店舗との調和を図るカラーパネルカラーバリエーションの一例です。

POS本体の両サイドにあるカラーパネルは、店舗の雰囲気に合わせたアクセントとして、カラーの変更を行うことができます。

  • オプション品(標準はグレー色)

Windows® Embedded for Point of Service(WEPOS)を採用

Windows® Embedded for Point of Service(WEPOS)ロゴOPOSロゴ

OSは、POSシステムに最適なWindows® Embedded for Point of Service(WEPOS)を 採用。さらに、API(アプリケーションプログラムインタフェース)はOPOS準拠で、スタンダードなオープンプラットフォームを指向したPOSです。

80mmレシート幅のタイプも選べる、高速・多機能印字プリンタ

プリンタは、オペレータに配慮し、レシートが取りやすい前方排出構造を採用。また、従来のレシート幅58mmに加えて、80mm幅のレシートプリンタもラインナップしました。

240mm/秒の高速印字と16階調イメージ印刷、マルチフォントに対応し、パーシャルカットとフルカットを混在して使用できるカッターを搭載。レシートプリンタでサービス券やクーポン券発行に限らず広告印刷など、より多彩なサービスが可能になります。また、レシートは投げ込み方式のため、簡単に交換できます。

レシートサンプル

システムを固めて守る新しいウィルス対策「Solid Protect 2」をサポート

ウィルス感染やセキュリティホールを突くサイバーアタックに対し独自のメモリプロテクション機構と、許可したプログラムだけが実行できる仕組みによりシステムを保護。これまでのウィルス対策のようなパターンファイル更新やバージョンアップが不要ですので、運用管理の軽減と運用コストを削減できます。

  • オプション

設置スペースの有効活用

設置面が260mm×380mmで、ベースユニットに排気口がないため、隙間なく横にテープカッターや決済端末などの周辺機器が設置でき、カウンタスペースを有効活用できます。

省電力設計

低消費電力のCPUを採用。POS本体の消費電力は従来機種に比べ約30%低減しており、環境性能にも配慮しています。

システムの長期安定稼動を実現するシリコンディスクを採用

ストレージデバイスには、フラッシュメモリをディスクの代わりにした、シリコンディスクを採用。長期間安定した運用を実現します。容量は2.5GB / 5GBの選択ができます。また、160GBのミラードハードディスクの選択もできます。

シリコンディスクシリコンディスク

ミラードハードディスクミラードハードディスク

優れた静音性を実現、CPUファンレスモデルもラインナップ

静音設計により、従来機種と比べて、本体内部のファンの音が漏れにくい構造になっていますので、店舗の雰囲気にも配慮しています。CPUファンをなくしたモデルでは、さらに静音性をアップしています。また、排気熱がかかることがありませんので、接客の妨げになりません。

環境に配慮した、エコロジー設計

POS本体にノンハロゲン材を使用し、さらに鉛フリーはんだとクロムフリー鋼板を採用することで、環境負荷の低減に貢献しています。

対面でのさまざまな接客スタイルに対応

ファストフード、旅行代理店、銀行、サービス業などの対面の接客において、画面に表示された商品をタッチし選んでいただくなど、新しい販売スタイルを実現します。Windows®標準マルチモニタ制御に対応し、既存のアプリケーションの流用が容易となり、接客端末としての柔軟性がアップしました。

ファストフードの接客スタイルに対応▲ファストフード

旅行代理店での接客スタイルに対応▲旅行代理店

サービス業での接客スタイルに対応▲サービス業

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る