ページの先頭です。
本文へジャンプする。
本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. 全自動真空テープ貼付装置 ATL-200DC
ここから本文です。

従来比約2倍の貼付スピードを実現した全自動真空テープ貼付装置「ATL-200DC」を発売

2013年1月15日
NECエンジニアリング株式会社

[拡大する]全自動真空テープ貼付装置 ATL-200DC

NECエンジニアリングは、半導体ウェハやガラス、フィルムなど、多様な製品にテープやフィルムの貼付が可能な真空テープ貼付装置に、全自動機種「ATL-200DC」を追加し、本日より受注を開始しました。

新製品の主な特長は、次のとおりです。

主な特長

  1. 従来機に比べ貼付スピードが約2倍の全自動機

    ウェハ表面に構造物のあるMEMSやTAIKO®ウェハを始めとする極薄ウェハ1枚に対するテープ貼付時間は1分弱と、当社製半自動真空テープ貼付装置(VLT-100)比約2倍のスピードにて貼付可能であり、生産性が大幅に向上しました。
    カセットtoカセット(注1)にてウェハやテープを自動搬送、供給するため、熟練した技術を必要とせず、作業者の技量に関係なく均一な生産品質を保つことが可能です。

  2. 低負荷で高い密着性

    真空差圧方式を用いた当社独自の真空貼付により、極薄ウェハにも気泡が入りにくく密着性の高い貼付が可能です。 また貼り付けローラが不要なため、ウェハに局部的な負荷を与えません。

  3. テープ使用効率の向上によりコストと環境負荷を低減

    インライン式プリカット方式(注2)の採用によりテープにかかるコストを最大約40%削減することが可能であり、テープ使用量および廃棄量を抑えることで環境負荷の軽減が可能です。
    さらに、テープ残材の巻き取りにコアレス構造を採用したことで、従来行っていたテープ残材と巻き取り芯の分別作業が不要となり、テープ交換作業を簡素化しました。

本製品の価格は、税別3,500万円(注3)であり、半導体製品製造メーカ、ダイシングやメッキなどの加工を行っているEMS(注4)企業などを中心に、今後2年間で4億円の売り上げを見込んでいます。

新製品の基本仕様については、以下をご参照ください。

-以上-

参考資料

注釈

(注1) カセットtoカセット
ウェハを収めたカセットをセットし、一連の作業を終えてテープが貼付されたウェハがフレームカセットへ収められるまでの工程。

(注2) インライン式プリカット方式
大宮工業製プリカット貼付ユニットを採用。
円形状に連続カットすることでプリカット間の無駄を省き、テープ消費量の削減が可能。

(注3) 本価格には、カスタマイズ費、設置費、現地調整費などは含まれません。

(注4) EMS:Electronics Manufacturing Service

*TAIKOは株式会社ディスコの登録商標です。

商品に関するお客様からのお問い合わせ先

NECエンジニアリング 営業本部 プロダクト営業部
電話:03-6713-1220

プレスリリースに関する報道関係からのお問合せ先

NECエンジニアリング 経営企画部
電話:03-6713-1125

わたしたちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る