This is the top of the page.
Displaying present location in the site.
  1. ホーム
  2. 導入事例
  3. フードサービス業
  4. 株式会社モスフードサービス 様
Main content starts here.

株式会社モスフードサービス 様

株式会社モスフードサービス 様

POSシステムの刷新により、店舗システム全体の品質が向上
ポールマウント型POSを採用し、省スペース化を実現

業種 卸売・小売業・飲食店 業務 営業・販売
製品 TWINPOS 9500Vi、
TWINPOS S
ソリューション・サービス フードサービス業

事例の概要

課題背景

  • 時代やニーズに合わせて機能やスペックを強化し、お客様へのサービス維持・向上や加盟店の経営・業務効率向上につなげたい

  • 周辺機器の増加による雑多なレジ周りを解消し、スペースを有効活用したい

成果

ネットワークの冗長化
により通信機能を強化

SIM搭載ルータを全店舗に導入。メイン回線に問題が生じても、SIMを使用した無線通信に自動で切り替わるため、サービス継続性が向上

アンチウイルスソフト
導入によりPOSシステム
のセキュリティが向上

POSシステムに「ウイルス対策ソフト」と「ウイルス駆除ソフト」を導入。セキュリティ強化により、店舗システム全体の品質向上が実現

ポールマウント型POS
導入によりレジ周りが
スッキリ

周辺機器をPOS本体の下に収めることで省スペース化を実現。レジ周りの煩雑さを解消し、販促グッズの設置場所が拡大

主な導入製品

今回導入したPOSシステム外観(左:タブレット型のTWINPOS S 右:ポールマウント型のTWINPOS Vi)

店舗に設置された、省スペース化を可能にするポールマウント型POS「TWINPOS 9500Vi 」(写真右)と、
店舗オペレーションを効率化するタブレット型POS「TWINPOS S」(写真左)

事例の詳細

導入前の背景や課題

時代やニーズに合わせたサービス実現に向けて

株式会社モスフードサービス 経営サポート部 情報システムグループ シニアリーダー 森 秀樹 氏株式会社モスフードサービス
経営サポート部
情報システムグループ
シニアリーダー
森 秀樹 氏

株式会社モスフードサービス 経営サポート部 情報システムグループ チーフリーダー 河野 祐史 氏株式会社モスフードサービス
経営サポート部
情報システムグループ
チーフリーダー
河野 祐史 氏

ハンバーガー専門店 「モスバーガー」を国内外に展開するモスフードサービス様。1972年の開店から45年にわたり、「おいしさ、安全、健康」という考え方を大切にした商品を「真心と笑顔のサービス」とともに提供し続けています。

今回、約6年ぶりに国内全店(約1,350店)の店舗システム刷新に踏み切った背景について、経営サポート部 情報システムグループ シニアリーダーの森 秀樹 氏は次のように語ります。

「当社は、1999年にPOSを全店舗共通化し、それ以来一貫して6年サイクルで切り替えを行っています。今回も約2年前から検討を開始し、切り替えに向けて準備をしてきました」

モスフードサービス様には、これまでに蓄積してきたさまざまなソフトウェア資産があり、それらの有効活用を前提としていました。
しかし同時に、時代やニーズに合わせて機能やスペックを変えることは、お客様サービスの維持・向上や、加盟店の経営効率向上、店舗オペレーションの効率化にもつながるとも考えていました。

チーフリーダーの河野 祐史 氏は、課題のひとつについて次のように説明します。

「レシートプリンタや決済端末など、POS周辺機器が増えるにつれレジ周りのスペースに余裕がなくなり、販促グッズの置き場に頭を悩ませる店舗も出てきました。 カウンターで大きなスペースを占めるPOSの省スペース化は、全店舗共通の課題でした」

導入のポイント

そこでNECプラットフォームズは、不測の事態に備えた通信機能やセキュリティの強化、スペースの有効活用が可能なポールマウント型POS、店舗オペレーションを効率化するタブレット型POSやキッチンディスプレイ、そして店舗システムのデータ一元化など、ハードウェア・ネットワークの両面から業務効率を向上させる数々の革新的な提案を行いました。

インフラの再構築

SIM搭載のルータを使用しネットワークを冗長化することで、メインのブロードバンド回線で障害が起きた場合でも、バックアップ回線を使用し店舗オペレーションを継続することができます。

また、店舗システムのデータを一元化することにより、リアルタイムで売上や発注の管理ができるだけでなく、ネットワークを介したさまざまなサービスの提供が可能となり、今後の事業運営での幅が広がります。

POSシステムのセキュリティ強化

システム改ざんや未許可プログラムの実行を防止するウイルス対策ソフト「SolidProtect」と、システムスキャンと駆除に特化した「TWINPOS Virus Cleaner」を搭載し、ウイルスの脅威からPOSシステムを保護します。

省スペース化に対応したポールマウント型POS

レジ周りの省スペース化実現に向け、ポールマウント型POSを採用しました。ポールマウント型は、POS本体や大型カスタマーディスプレイを支柱に取り付けることで周辺機器の設置スペースを確保し、カウンター周りをスッキリ見せることができます。

また店舗に合わせたデザインや設置の安全性・容易さなど、お客様との接点に対するこだわりを追求しました。

ユーザインタフェースを重視したPOS画面とタブレット型POS

幅広い年代の店舗スタッフが働く環境だからこそ、「使用者の戸惑いや負担の軽減」を実現するとともに、「使いやすさ」と「デザイン性」の両立を目指しました。POS画面のボタン位置や画面構成など慣れているところは大きく変えず、混雑時やドライブスルーで使用するタブレット型POSについても、ポールマウント型と同じ画面構成を採用したことで、直感的な操作が可能です。

さらに、拡大表示が可能なキッチンディスプレイにより「オーダー伝票が見やすく」なり、キッチンスタッフの生産性に貢献します。

導入後の成果

細やかな配慮により店舗スタッフの反応も良好

株式会社モスフードサービス 経営サポート部 情報システムグループ チーフリーダー 石垣 直子 氏株式会社モスフードサービス
経営サポート部
情報システムグループ
チーフリーダー 石垣 直子 氏

細やかに配慮されたシステムは、店舗スタッフからも良好な反応が得られているとチーフリーダーの石垣 直子 氏は述べます。

「POSの省スペース化で、雑多な印象のあったレジ周りがスッキリし、スペースの有効活用が可能になりました。店舗の方たちが「どう活用しようか」と盛り上がっている声を耳にします」

お客様へのサービス継続性とセキュリティの強化

ネットワークと店舗システムのデータ一元化による効果や今後の展開について、次のように説明します。

「お客様には、ネット注文やクレジットカード・電子マネーの安定運用が担保されことや安心・安全なサービスの提供が可能になったことが大きいと思います。 当社にとっては、Webによるリアルタイムな売上・発注管理のほか、さまざまなサービスの提供が可能になりますし、万が一の事態でもサービスを継続的に提供できるようになり、お客様へ影響を及ぼしにくくなりました。

リアルタイムで情報を取得できることを、どのようにしてお客様や加盟店へのメリットとして実現させていくか、今後新たなサービスの提供に取り組みたいですね」と、森 氏は締めくくりました。

お客様プロフィール

株式会社モスフードサービス

所在地 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 4階

株式会社モスフードサービス様

設 立 1972年7月21日
従業員数 1,335人(2017年3月現在)
概 要 フランチャイズチェーンによるハンバーガー専門店「モスバーガー」の全国展開、その他飲食事業など
URL

(2017年8月3日)

  • このページに掲載されている情報は公開日時点の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る