サイト内の現在位置を表示しています。

レジ会計業務のお悩みを解決

飲食店の課題解決

レジ会計業務のお悩みを解決

業務効率化

レジ会計業務のお悩みを解決

レジ会計業務の現金管理は飲食店の大きな課題。 そんな課題をPOSシステム「FoodFrontia」と連携した自動釣銭機「FAL2」が解決します。

毎日の中締め・精算に時間がかかり、従業員がなかなか帰れないなど、現金管理が飲食店の課題となっています。
そんな課題をPOSシステム「FoodFrontia」と連携した自動釣銭機「FAL2」が解決します。

レジ会計業務のお悩み解決マンガ

POSシステム「FoodFrontia」と連携した自動釣銭機「FAL2」なら、現金のカウントや入出金をすべて記録しているため、違算金を低減し、利益アップや中締め・精算などの現金管理の業務負荷を軽減できます。

レジ会計スピードをもっと上げたい。売上点検・精算時の現金残高のチェック時間を短縮したい

混雑時の飲食店ではレジ待ちのお客様が並び、金銭授受の対応に時間がかかることによって、お客様が不満に思ってしまうことも少なくありません。

そのようなとき、POSシステム「FoodFrontia」と連携した自動釣銭機「FAL2」があれば、会計の繁忙時でも釣銭をお返しする作業がスムーズになり、ゆとりある接客ができるようになります。また、会計担当者の交代時にドロア内の現金在高の確認を実施する場合や、精算時の現金残高をチェックする場合には、POS端末からひと目で確認することができ、現金計数時間を削減し、効率的な会計業務を支援します。


自動釣銭機「FAL2」

従業員やパート・アルバイトのレジ会計の精神的負荷を軽減したい

レジ会計で違算金が発生するとスタッフ一人ひとりの精神的な負担が増え、定着率の低下にもつながります。自動釣銭機「FAL2」の導入は、現金の過不足がなくなるので、飲食店の会計担当者の精神的な負担を軽減します。また、ほとんどの処理を自動釣銭機が実施するため、簡単な教育でパート・アルバイトの方の即戦力化が可能です。現金授受以外の現金がお客様に見えないという安心感も得られます。

従業員のレジ会計の負荷を軽減

不正行為を抑制し、POSレジ周りのセキュリティを強化したい

POSシステム「FoodFrontia」と自動釣銭機「FAL2」を連携させることにより、ほとんどの会計処理をPOSと自動釣銭機がおこなうため、従業員がお金に触れる機会が減り、紙幣を抜き取ってしまうなどの不正行為を抑制できます。また、お客様からの預り金に誤って外国紙幣・硬貨が混入していた場合でも、自動釣銭機「FAL2」がリジェクト紙幣・硬貨として排出します。


POSレジ周りのセキュリティ強化

さらに、ネットワークカメラでPOSレジ操作を映像記録する「ジャーナル連携カメラシステム」なら、営業日や時刻、レシートNoで撮影動画を簡単に検索して閲覧することができるため、不正行為を抑制し、POSレジ周りのセキュリティ強化を図れます。また、POSレジの操作映像と違算金・会計ミスの実態を紐づけて、会計ミスの改善を図ることができます。ベテランスタッフの接客映像などを従業員教育へ活用すれば、人材育成にも役立てることができます。

ジャーナル連携カメラシステム

POSシステム、オーダーエントリーシステム、セルフオーダーシステムの導入で、飲食店のさまざまな課題を解決します。