サイト内の現在位置を表示しています。

段ボール開梱機

段ボール開梱作業を自動化し、人的リソースを有効活用

物流・流通や製造業界で日々大量に届く段ボール。人の手で開梱するには膨大な工数とケガなどの作業リスクがともないます。

この手間のかかる段ボール開梱作業を自動化することで、人的リソース再配分が可能になるとともに、カッター作業による危険性の排除や交換刃/折刃が荷物に混入することを防止でき、職場の安全性向上に貢献します。

特長

箱の天面のみカット

段ボール上部から約6mmの位置で箱の周囲をカット。粘着テープへの接触が少なく、カッター部品の劣化を防ぎます。

サイズ混在でも再設定不要

開梱対象に異なる箱サイズが混在していても、箱位置を自動で調整し連続開梱が可能です。

幅広いサイズの開梱に対応

最小200mm~最大600mm角までの段ボールサイズを自動で開梱します。

高いカスタマイズ性

コンベア連接による自動供給/搬出を実現することにより、省人化対応が可能です。

お客様のメリットと導入効果

人的リソースを有効活用

開梱作業にかかる工数を削減し、人的リソースを他の業務に配分することで業務効率化に貢献します。

開梱時のケガのリスクを削減

カッター作業などによる怪我のリスクを排除でき、職場の安全性が向上します。

開梱後そのまま棚へ収納可能

天面カットにより中の物品が取り出しやすく、専用トレイへ詰め替えなしで棚などに収納できます。

設置サイズがコンパクト

装置サイズが W:1400mm×D:1300mm×H:2000mm※とスリムな設計のため、省スペースでの導入が可能です。(※コンベア除く)

準拠規格

法令に基づき準拠する規格は以下のとおりです。

  • 電気用品安全法
  • VCCI
  • RoHS
  • ロボット安全規格 ISO10218-2
  • 機械類の基本安全規格 ISO14121(ISO12100)

仕様

項目 仕様
対応ワーク ダンボールサイズ 縦横:200~600mm、高:80~380mm、重量:~14Kg
ダンボール種類 段ボール規格 Aフルート、Cフルート、Wフルート
カット関連 カット方法 600 x 600 の4辺カット(サイズ違いによる段取り不要)
カット長さ 段ボール上面から一律位置でカット(デフォルト 上面から6mm)
能力 カットサイクル 60s以下(Typical)
良品率 97%以上(作業者が手で簡単に分離出来れば良品と判定)
設備 サイズ 1400mm (W) x 1300mm (D) x 2000mm (H)
重量 200Kg
用力 電源 100V/30A(単相3線) 50/60Hz
エアー 0.5MPa 15リットル/分以内
安全装置   非常停止スイッチ(安全回路により本体電源を落とします)

外観図

装置サイズ W:1300mm×L:1400mm×H:2000mm

本体外観

天面カットイメージ

開梱後の段ボール

自動搬送(供給・排出コンベア)との組み合わせ例

オプションの共有コンベアおよび搬出コンベアと装置本体の組み合わせ

活用例

物流配送センター

製造工場

食品業界

小売り業配送センター