サイト内の現在位置を表示しています。

TWINPOS 9700Ti

スタンド型POS TWINPOS 9700Ti

縦型ディスプレイでスペース効率に優れ、 セルフ運用にも適したスタンド型POS

TWINPOS 9700Tiの特長

(再生時間:44秒)

セルフレジにも使えるPOS端末 TWINPOS 9700Ti

(再生時間:59秒)

TWINPOS 9700Tiの特長

有人レジはもちろん、セルフレジの運用にも適したPOS

TWINPOS 9700Tiは、セルフレジの運用にも適したPOS端末です。有人レジとして運用しているPOSの機器構成を大きく変えずに、セルフレジを構築可能。ハードウェア資産を有効活用しながら、POSのセルフ化を実現します。

有人レジから構成を大きく変更せずキャッシュレスセルフレジに活用、または専用什器を搭載して現金対応セルフレジに活用
※専用什器の画像はイメージです。

有人レジの運用にも、セルフレジの運用にも適している理由

縦型ディスプレイでスマートフォンのような画面表示を実現

従来のスクエアディスプレイのほか、新たに縦型ディスプレイも選択可能。縦型ディスプレイでは、スマートフォンのような画面表示を実現することができます。

TWINPOS 9700Ti

有人レジ画面例

有人レジ画面例

セルフレジ画面例

セルフレジ画面例

※画面はサンプルです

運用やレジカウンタのスペースに合わせて構成可能

TWINPOS 9700Tiは、設置先のスペースや運用方法に合わせて、画面の大きさや画面数、周辺機器などを柔軟に選択いただくことが可能です。

1画面構成タイプ

1画面構成タイプ
ディスプレイの下に決済端末の設置スペースを確保
セルフレジ運用にも最適

2画面構成タイプ

2画面構成タイプ
横幅を30cmに抑え、幅の狭いカウンターへの設置も可能

使いやすい操作感

フラットサーフェス
画面からフレームまでフラットなのでお手入れも簡単

見た目も美しい、画面とフレームに段差のないフラットディスプレイを採用。装置内への水や埃の侵入を軽減するだけでなく、日常のお手入れもさっと拭くだけで簡単に行えます。

長期にわたって安心・安全に運用していただけるプラットフォーム

POSに最適なOSを採用、アプリケーション資産の移行性も考慮

スマートデバイスとの親和性があり、POSシステムに最適なWindows®のEmbedded OS、「Windows® 10 IoT Enterprise LTSC 2019」の採用で、長期サポートを実現します。

また、OPOS仕様準拠ドライバを継続サポートすることで、現在お使いのPOSアプリケーションのスムーズな移行環境を提供。従来のソフトウェア資産を最大限ご活用いただけます。

Powered by Windows Embedded / OPOS

さらに進化したウイルス対策*

SolidProtect™/McAfee™
SolidProtect™/McAfee™

“未知の脅威への対策が可能なセキュリティソフト”である「SolidProtect™」は、POSの運用動作にほとんど影響を与えない許可リスト方式のウィルス対策ソフトウェアです。

一度導入すればメンテナンス不要で強固なウィルス対策環境を継続的に維持できるため、運用管理の軽減と運用コストの削減に貢献できます。

また、「TWINPOS Virus Cleaner」との組み合わせで、より安心な環境を構築できます。

  • *
    オプション

信頼性の追求

シャットダウン用UPSバッテリを装備

瞬断や停電時にシステムやファイルを安全にクローズする時間を確保するUPSバッテリを標準で搭載しています。

不意の停電にも、自動シャットダウン機能で大切なデータを確実に守ります。

システムの長期安定稼動を実現するシリコンディスクを採用

ストレージデバイスには、フラッシュメモリをディスクの代わりにしたシリコンディスクを採用。長期間安定した運用を実現します。

保守性を考慮した設計でTCO削減に貢献

メインボード、ストレージ、メモリ等は、容易に交換できるよう、保守性を考慮して設計しています。

耐久性も向上

埃・油煙等の侵入を抑え、優れた耐久性を実現するファンレスタイプをご用意。優れた静音性も実現します。

キーボードには防滴対策が施されており、水物を扱う環境でも、装置故障の危険性を軽減することができます。

多彩な業務を高速処理する高性能CPUと大容量メモリ*

高速・高性能CPU、4GB(最大8GB)のメモリで、POS業務だけではなく、多彩なアプリケーションやミドルウェアを利用でき、お客様の成長戦略に応えます。

  • *
    オプション