サイト内の現在位置

クラウド型統合管理サービス

NetMeister ネットマイスター

NetMeister Ver3.0/Ver4.0/Ver5.0

(ネットマイスター)
NetMeister ネットマイスターNetMeister ネットマイスター

「NetMeister」とは?

「NetMeister(ネットマイスター)」は、顧客単位・拠点単位でネットワーク機器の管理が可能なクラウド型のサービスです。

対象のIX/WAシリーズをご使用の方なら「無料」でご利用いただけます。

無料

遠隔で拠点に設置された機器の状態が把握でき、運用管理が効率的に行えます。

便利

クラウド上で状況確認ができ、管理者の負担を大幅に削減

NetMeisterはブラウザで簡単アクセス。異常時はメールで通知可能

多彩な管理画面で体系的な管理を実現

ネットワーク全体の正常・異常の状況確認と最新のアラーム一覧が確認できます。

ダッシュボード画面

ダッシュボード

拠点に設置されたNetMeister対応機器の一覧、地図による拠点位置の確認ができます。また拠点ごとにメモを残すこともできます。

拠点画面

拠点画面

装置毎にファームウェアバージョンやIPアドレスの確認やコンフィグフファイルのダウンロード、ファームウエア更新などのアクションが可能。

装置画面

装置画面


NetMeisterを、ぜひお試しください。

無料登録
お問い合わせ

2020年3月25日 Ver5.0をリリースしました

2019年9月26日 Ver4.0をリリースしました

2019年3月27日 Ver3.0をリリースしました

NetMeisterは、こんなお悩みをお持ちの、こんな方におすすめします!

ネットワーク管理者
ネットワーク障害の復旧に時間がかかるし、社内のネットワーク管理も負担だなあ。何かいいシステムないかな?
SIer
障害コールから解決までに時間がかかるし、お客さまごとの固有情報の管理が負担だなあ…何か一元管理できるシステムがあればいいのに。

NetMeister Ver3.0の新機能

モニタリング・監視に関する機能

デバイスマップ

拠点内のネットワーク機器の接続可視化を行います。図のサークル内の数値は接続された端末(PC等)の数を示します。サークルをクリックすると、接続された端末の一覧を表示します。

※ NetMeister Ver3.0対応した機器に限ります。

デバイスマップの画面

UTM脅威レポート機能

NetMeister Ver3.0に対応したUTM機器(UTMライセンスを適用したIXシリーズ、Aterm SA3500G)で検出されたネットワーク上の脅威や、Webカテゴリ毎のアクセス状況をレポート表示します。

脅威検出状況(全体)
脅威検出状況(URLフィルタリング)

装置画面の表示情報を拡張

これまでの装置に関する固有情報に加え、「VPN」や「無線LAN」等のタブを新設します。これによりさらに詳細な状況を確認できるようになります。装置概要には「メモ」欄が追加されます。

装置情報の画面

リモートメンテナンスに関する機能

コンフィグ管理・反映機能(追加機能)

NetMeister Ver3.0に対応した機器の設定(コンフィグ)情報を機器から吸い上げてクラウド側に保管しておくことが可能です。また保管したコンフィグを機器に反映させることもできます。

コンフィグ画面コンフィグ画面詳細

お知らせ機能の強化

異常を検知したときにメール通知を行う機能があります。Ver3.0では、この検知できる異常の種類に、「ネットワークモニタ」「リンクダウン」が追加されます。

ネットワークモニタ
異常を検知したときにメールで通知

ネットワークモニタは、IXシリーズ・WAシリーズ、およびAspire UX・WXのルータボードで利用可能な、ホスト監視・経路監視やその後のアクションの設定が行える機能です。

この機能では監視対象のホスト・経路は自由に設定ができるためさまざまな異常を検出し通知するためのトリガとしても非常に有効となります。

たとえば、業務上重要なサーバなど特定の端末の死活監視に異常が起きた場合に、メール通知をするといったことが可能になります。

ネットワークモニタ
ホスト監視・経路監視や、その後のアクションの設定が行える

対象機器を拡大

UTM、無線LANアクセスポイント、LANスイッチの機器にも対応しました。

NetMeister Ver4.0の新機能

モニタリング・監視に関する機能

メトリクス表示

NetMeister Ver4.0に対応したWAシリーズの装置詳細画面からメトリクス情報(データ通信量・アンテナレベル)を確認することができます。

メトリクス表示

UTM脅威分析

NetMeister Ver4.0に対応したUTM機器の装置画面からUTM脅威分析を行うためのログ検索画面にアクセスが可能になります。
UTMのセキュリティログはNetMeister上に最大90日分蓄積されます。

UTM脅威分析画面
UTM脅威分析画面

対応機器

UNIVERGE IXシリーズ+UTMライセンス

UNIVERGE IXシリーズ(要UTMライセンス)
FWバージョン:Ver10.2.x以降

  • 本機能はIXルータ+UTMライセンスオプションのみご利用可能です。SA3500Gは将来サポート予定。また1時間あたりのセキュリティログ保存容量に関しては制限があります(10MB予定)。

リモートメンテナンスに関する機能

リモートアクセス機能

NetMeisterの装置画面から、Web設定画面にアクセスが可能になります。

Web設定リンク機能
  • 本機能をご利用頂くには、親機(IX/WA)にインターネット通信が可能なグローバルIPアドレス(IPv4)が設定されている必要があります。

かんたん設定機能

ダイナミックVPN設定ウィザード

簡単操作で複数拠点のダイナミックVPN接続設定が行えます。

センター装置側の設定
[1]VPNの構成選択
VPNの構成選択画面
[2]センター装置の選択
センター装置の選択画面
[3]事前共有鍵の設定
事前共有鍵の設定画面

拠点装置側の設定
[1]拠点装置の追加
拠点装置の追加画面

  • 本機能はNetMeisterに接続された、NetMeister Ver4.0に対応したファームウェアバージョンのIXシリーズでのみ使用可能です。

その他

機能改善された項目

項 目 内 容
UTM脅威レポート 凡例表示改善 グラフ表示の凡例をグラフにかぶらない様、グラフ枠の外に表示するよう改善しました。
装置情報を付加 表示しているレポートがどの装置であるか判別できるように装置情報を冒頭に表示する表に追加しました。
印刷対応 印刷時、適切な位置でページ区切りを行うように改善しました。
子機のオフライン判定の高速化 従来「子機」モード対応の装置のオンライン・オフラインの判定はその装置画面表示後、数秒~十数秒かかっていましたがこの時間を高速化しました

各種表示の改善

GoogleMapのピン表示改善

拠点画面のGoogleMap表示にて、拠点の場所および異常の有無を示すアイコンがロケーションによって見ずらい場合がありましたが、ピンに使用しているアイコンを改善しました。

ファームウェアの最新表示

装置画面ではファームウェアのバージョンを表示しておりますが、そのバージョンが最新である場合、「最新」というアイコンが表示されるようにしました。

設定引継ぎ改善

「設定引継ぎ」機能にて、引き継げる情報に装置情報の「メモ」も引継げるように改善いたします。

NetMeister Ver5.0の新機能NEW

装置の状態表示に関する機能

装置詳細画面の表示拡張

NetMeister Ver5.0に対応したIX/WA/RTUシリーズの装置詳細画面から装置のCPU使用率、メモリ使用率、温度を確認することができます。またポートのリンク状態、GE0ポートのトラフィック情報をグラフで表示することも可能です。

装置画面

周囲アクセスポイント表示

NetMeister Ver5.0よりNA1500Aで周囲アクセスポイントを確認可能。
SSIDや電波強度なども確認することができます。

周囲アクセスポイント表示画面

Aspire WX 再起動チェックボックス追加

Aspire WXの特定のコンフィグ変更・反映のための再起動チェックボックスが追加されました。

UNIVERGE Aspire WX 再起動チェックボックス

ロール機能

NetMeister Ver5.0より許可する機能を任意で選択し、新しい権限を作成することが可能です。作成した権限はグループに属している既存アカウントの権限変更や、グループに他の方を招待する時に利用することができます。

ロール追加機能

操作履歴表示

NetMeister Ver5.0より操作履歴を確認することが可能です。誰が何時、何を行ったのか確認することが可能です。

操作履歴表示
無料登録
お問い合わせ
NetMeister

「NetMeister」に関して、対応機器、機能、マニュアルなどの情報を掲載しています。

NetMeisterを、ぜひお試しください。


無料登録
お問い合わせ

NetMeisterは、こんなお悩みをお持ちの、こんな方におすすめします!

ネットワーク管理者
ネットワーク障害の復旧に時間がかかるし、社内のネットワーク管理も負担だなあ。何かいいシステムないかな?
SIer
障害コールから解決までに時間がかかるし、お客さまごとの固有情報の管理が負担だなあ…何か一元管理できるシステムがあればいいのに。