サイト内の現在位置を表示しています。

PoC用スタートセット

難設置IoTアクセス端末

PoC用スタートセット

PoC用スタートセット

防水・防塵・電池駆動の「難設置IoTアクセス端末」を使ったPoC(概念実証試験)を手軽に短期間で開始できる「PoC用スタートセット」をご用意しております。

屋外や電源のない場所など、環境を選ばずにPoCを実現します。

PoC用スタートセット RS485 type・3G type・無線LAN type

ラインナップ

製品タイプ 概要
ベーシック type センサや通信等、種類の豊富なArduino用シールドを搭載可能です※1
2.4GHz特定小電力無線にて、難設置IoTアクセス端末間で通信できます。
RS485 type RS485の物理インタフェースをもち、設備機器との通信が可能です。 2.4GHz特定小電力無線にて、3G type、無線LAN typeへデータを送信できます。
3G type モバイル網と接続可能です※2
2.4GHz特定小電力無線で受信したデータを、サーバへアップできます※3
無線LAN type 無線LANネットワークと接続可能です。
2.4GHz特定小電力無線で受信したデータを、サーバへアップできます※3
  • ※1

    搭載可能なArduino用シールドには大きさの制限があります。

  • ※2

    ネッツワイヤレス用のSIMを搭載。別途、使用料金が発生します。

  • ※3

    データはサーバ内に蓄積し、ブラウザでデータを閲覧可能です。また、専用ツールでダウンロードできます。

製品タイプ センサ
インタフェース
共通部※4 ネットワーク
インタフェース
クラウド
サーバ
HW改造 FW改造
ベーシック type
RS485 type RS485固定 ×
3G type 3G固定 ×
無線LAN type 無線LAN固定 ×
  • ※4

    共通部とは、「MCUボード、筐体一式、バッテリ、2.4GHz特定小電力無線モジュール、ACアダプタ、コンソールツール」を示します。

  • 「▲」はお客様の仕様に合わせて、必要な機器をご用意ください。

スタートセットの製品仕様

スタートセットの特長

MCUボード用の「当社APIライブラリ」や既存の「Arduino用スケッチ」と「お客様のアプリケーション」を組み合わせ、効率よく専用ファームウェアを開発できます。

専用ファームウェアを開発

スタートセットの活用例

「スタートセット」単体の活用例

移動/停止検知システムの実現が可能!!

IoT用アクセス端末の加速度センサで移動/停止を検知すると、センサ情報を上位システムへ通知します。

スタートセット単体

「スタートセット」+「市販のArduino用シールド」を組み合わせた活用例

ロケーション&環境監視システムの実現が可能!!

「スタートセット」+「市販のArduino用3Gシールド」+「市販の温湿度センサ」を組み合わせた活用例です。IoT用アクセス端末が収集した温湿度情報を3G網経由でユーザ端末に通知します。

「スタートセット」+「市販のArduino用シールド」

3台の「スタートセット」を組み合わせ、親局-子局のシステムを構築した活用例

複数のロケーション&環境監視システムの実現が可能!!

3台の「スタートセット」を組み合わせた活用例です。
1台を親局、2台を子局に分け、子局が収集した情報を親局を経由して上位システムへ通知します。

「スタートセット」+「市販のArduino用シールド」

「スタートセット RS485 type」、「無線LAN type」を組み合わせた活用例

設備監視システムを容易に構築可能!!

「RS485 type」が収集した設備情報を「無線LAN type」を経由して、クラウドサーバに蓄積します。
クラウドサーバに蓄積した情報はお客様の端末等にグラフ表示することができます。
また、専用ツールを使用してお客様の端末等にダウンロードすることもできます。

「スタートセット RS485 type」、「無線LAN  type」を組み合わせた活用例

PoC用スタートセット(ベーシック type)

PoC用スタートセット

必要機能をすべて自開発できる組込み開発者向け

本製品は「遠隔モニタリングPoC(Proof of concept:概念実証)」に必要な4つの機能「防水・防塵」「電池駆動」「通信」「センサ」を提供する開発キットです。

お客様自身が自由にハードウェアやファームウェアを開発(改造)できます。

特長

防水・防塵筐体(IP65)を用意

屋外はもちろん、屋内の水回りなどでも使用できます。

-20~+70℃で使用可能な筐体・MCUボード

人の出入り、滞在が困難な環境でも設置できます。

電池駆動に対応

リチウム一次電池を搭載、電源のない環境でも使用できます。

Arduino互換のインターフェースを搭載

センサや通信等、種類の豊富なArduino用シールドと接続し、すぐに活用できます。

通信モジュールを標準装備

Arduino用シールドとは別の通信機能を使用できます。

FW開発環境とAPIを用意

多様なArduino用シールドライブラリを活用し、迅速なFW開発を行えます。
デバッグ用ACアダプタを用意しています。

添付品

  • MCUボード:1枚
  • 2.4GHz無線モジュール:1枚
  • リチウム一次電池(14400mAh):1ケ
  • 筐体:一式
  • ACアダプタ:1ケ
  • コンソールツール FW開発用:一式

スタートセットの添付品

仕様

MCUボード

項目 仕様
基板サイズ(WHD) 53×110×1.6 mm
温度 -20~70℃
湿度 85%RH以下(非結露)
電源電圧 DC 5V(ACアダプタ)
DC 3V(リチウム一次電池)
内部モジュールIF Arduino用シールドIF
通信モジュールIF

筐体

項目 仕様
サイズ(WHD) 102×144×88 mm
耐防水防塵性能 保護等級 IP65
耐塩害性能 JIS C 0024 (2種)
耐振動性能 JIS E 4031 (区分 2)
備考 ケーブル取入口 2つ

「スタートセット」ベースの検証機開発を承ります
(有償カスタマイズ対応)

PoC用スタートセット(RS485 type・3G type・無線LAN type)

PoC用スタートセット RS485 type・3G type・無線LAN type

データ収集から見える化までをOneStopで実現したい方向け

「RS485機能」(RS485 type)、「3G機能」(3G type)、「無線LAN機能」(無線LAN type)をそれぞれ搭載したPoC用開発キット3タイプ。

クラウドサーバも提供しており、データ収集から見える化までをOneStopで実現できます。

【ACアダプタ駆動に対応し 新発売】

特長

  • スタートセット+クラウドサーバを用意
    データ収集から見える化までをOneStopで実現できます。
  • IP65対応の防水・防塵筐体
    屋外はもちろん、屋内の水回りなどでも使用できます。
  • ACアダプタ・電池駆動に対応
    屋内でのACアダプタによる駆動のほか、リチウム一次電池の搭載が可能。
    屋外や電源のない環境でも使用できます。
  • 2.4GHz特定小電力無線モジュールを標準搭載
    余計な配線は不要。IoTアクセス端末同士の近距離通信を実現します。
  • ファームウェア開発環境とAPIを用意
    当社製のAPIを使用し、迅速なファームウェア開発を行えます

zoom拡大する

ブラウザ閲覧イメージ
加速度センサ、温度センサ、RS485から取得したデータをグラフ表示できます。

 

ブラウザ閲覧イメージ

システム構成例

システム構成例:製造機器

仕様

製品概要

製品タイプ 概要
RS485 type RS485の物理インタフェースをもち、設備機器との通信が可能です。
2.4GHz特定小電力無線にて、3G type、無線LAN typeへデータを送信できます。
3G type モバイル網と接続可能です※1
2.4GHz特定小電力無線で受信したデータを、サーバへアップできます※2
無線LAN type 無線LANネットワークと接続可能です。
2.4GHz特定小電力無線で受信したデータを、サーバへアップできます※2
  • ※1
    ネッツワイヤレス用のSIMが搭載されています。別途、使用料金が発生。
  • ※2 
    データはサーバ内に蓄積し、ブラウザでデータを閲覧可能です。また、専用ツールでダウンロードできます。

製品仕様(各Type共通)

電源電圧 DC5V(ACアダプタ)
DC3V(リチウム一次電池)
温度 -20~60℃
湿度 85%RH以下(非結露)
  • ACアダプタ使用時の温度範囲は0~40℃

筐体(各Type共通)

サイズ(WHD) 102×144×88 mm
耐防水防塵性能 保護等級 IP65
耐塩害性能 JIS C 0024(2種)

「スタートセット」ベースの検証機開発を承ります
(有償カスタマイズ対応)

ダウンロード

ドキュメントダウンロード

PoC用スタートセットの取扱説明書をダウンロードできます。ページを開くにはID/PWが必要です。

  • IDは、スタートセットに同梱の『取扱説明書 本編』の表紙右下にある「***-A04XXX-001-00」の「***(3桁の英数字)」です。
  • PWは、同取扱説明書 「6.2.筐体」表の右下(欄外)に記載されている9桁の英数字の下8桁を入力してください。