サイト内の現在位置

コンパクトボックス型コントローラ

コンパクトボックス型コントローラコンパクトボックス型コントローラ

製造業・工場IoTにおける外観検査の自動化やAIを活用した人手不足の解消、DX化など、様々なIoTの普及・拡大により、大量の情報を処理する必要が出てきています。
そのため、クラウドではなくデバイスや利用者の近くの機器でデータをリアルタイム処理する「エッジコンピューティング」のニーズが広がってきています。

コンパクトボックス型コントローラシリーズは、小型な筐体に インテル®製プロセッサとAMD Zynq™ UltraScale+™ MPSoC のチップを搭載した2種類のモデルを用意しており、さまざまな分野のビジネス用途に合わせたシステムをご提供します。

カスタムボード(※)やFPGA論理実装の受託開発も承っていますのでお客様の開発をご支援します。
PoCから量産、研究用途までお気軽にお問い合わせください。

  • 本製品に搭載できる形での、お客様ごとのカスタムボード

インテル®製プロセッサを搭載。組込みコントローラやデータ処理端末など、様々な用途でご活用いただけます。
拡張ボックスを増設することで、さらなる拡張性を実現します。

コンパクトボックス型コントローラ / 拡張ボックスモデル

コンパクトボックス型コントローラ / 拡張ボックスモデル

AMD Zynq™ UltraScale+™ MPSoCを搭載。FPGAが得意とするエッジAIやカメラ映像・画像のリアルタイム処理などにご活用いただけます。

AMD Zynq UltraScale+ MPSoC搭載モデル

AMD Zynq™ UltraScale+™ MPSoC搭載モデル

NEC独自の通信技術「 ExpEther™」を使用したオプション製品。
拡張ボックスモデルと組合せ、遠隔クライアントや工作機械などでご活用いただけます。

 ExpEther(1G)クライアント / ボード

コンパクトボックス型コントローラ オプション ExpEther™(1G)クライアント / ボード

お知らせ

2023年8月31日
お知らせ
MPSoC搭載モデルの製品名称は「AMD Zynq™ UltraScale+™ MPSoC搭載モデル」へ変更となりました
2022年12月1日
お知らせ
インテル® Celeron® G4900Tプロセッサーを搭載した製品の受注を再開しました