ページの先頭です。
本文へジャンプする。
本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. キーテレフォン/IP-PBX
  4. UNIVERGE Aspire X(販売終了品)
  5. 特長/機能
  6. IPネットワーク
ここから本文です。

(販売終了品)

UNIVERGE Aspire X

特長/機能 - IPネットワーク

UNIVERGE Aspire Xの新規販売を終了させていただきました(保守サービスは継続)。

コミュニケーション連携やネットワーク環境に対するお客様の幅広いニーズに対応

IP電話サービスをはじめ、事業所間・事業所内の音声・データ統合ネットワークの構築までをサポート。通信・管理コストの削減と、業務効率化に貢献するIPテレフォニーを実現します。

IPネットワーク

IPネットワーク

メインオフィス

  • 音声ネットワークとデータネットワークの統合を図ります。
  • IP内線電話機や無線LAN端末によりレイアウトフリーを実現します。

サテライトオフィス

  • VPNを構築しなくてもインターネット接続環境があれば主装置を置かずにIP多機能電話機を接続するだけでメインオフィスの内線として利用できます。

メインオフィス

  • IPネットワークで接続することにより、拠点間の内線通話料金が無料となります。

運用に合わせたIPネットワーク接続方法を選択できます

複数オフィスに設置したUNIVERGE Aspire XをIPネットワークで接続することで、音声・データ統合ネットワークを構築し事業所間の通信コストを削減できます。IPネットワーク上でオフィス毎に独立したシステムを構築したり複数オフィスをひとつのシステムとして動作させたり、運用に合わせたIPネットワーク接続方法を選択できます。

IPトランク(SIP/H.323)接続

オフィスに構築されたUNIVERGE Aspire XをIPトランクを使って接続する方法です。各々の拠点で独立した電話システムを構築する事ができ、拠点間の通話はIPネットワークによって無料化を実現します。

IPトランク(SIP/H.323)接続

  • 各システム毎に独立した内線番号管理が可能。各オフィス毎に管理者がいる場合に有効です。
  • 他システムの内線を呼び出す場合は、事業所番号をダイヤルした後に内線番号をダイヤルする事で内線を個別に呼び出せます。

ネットワーキング

同一システム内の内線電話機を呼び出すのと同じ方法で他システムの内線電話機を呼び出す事ができたり、機能の一部をシステム間共有する事ができます。オフィス毎に独立したシステムでありながら、ひとつのシステムで動作しているかのようなシームレスなコミュニケーション環境を構築できます。

ネットワーキング

  • 全システムで内線番号を管理することで、内線番号をダイヤルするだけで他システムの内線電話機を呼び出す事が可能です。
  • その他、パーク保留の共有化やテキストメッセージの表示など、同一システムで動作しているかのようなシステムを構築できます。

AXリンク

同一システム内の内線電話機を呼び出すのと同じ方法で他システムの内線電話機を呼び出す事ができたり、機能の一部をシステム間共有する事ができます。オフィス毎に独立したシステムでありながら、ひとつのシステムで動作しているかのようなシームレスなコミュニケーション環境を構築できます。

AXリンク

  • ひとつのシステムとして動作する為、プライマリシステムで複数オフィスのシステム全てを管理する事ができます(内線番号、電話帳など)。
  • パーク保留、テキストメッセージなど「ネットワーキング」で共有できる機能の他にも、他システムの外線ボタンを自システムの電話機に割り付けて他システムの外線から発信したりする事もできます。
  • 広大な敷地に複数システムを構築する場合など特に有効です。

CCIS(コモン・チャネル・インターオフィス・シグナリング)

NEC製コミュニケーションサーバ UNIVERGE SV8500/SV8300とUNIVERGE Aspire XをIPネットワークで接続でき、拠点間で内線番号での呼び出しができます。

CCIS(コモン・チャネル・インターオフィス・シグナリング)

  • メインオフィスにUNIVERGE SV8500/SV8300、小規模オフィスにUNIVERGE Aspire X  を設置するなど、オフィス規模に合わせた機器選定が可能です。

システム間の機能共有で業務効率の向上

「ネットワーキング」や「AXリンク」を使ってIPネットワーク接続する事で、システム間で以下のような機能を共有する事ができます。IPネットワーク化によりコスト削減だけでなく、これにより業務効率化も実現します。

内線相互接続

他システムの内線を自システムの内線と同じように呼び出すことが可能です。また着信側では発信側の内線の名称を表示します。

内線相互接続

パーク保留共有

共通パーク保留ボタンを使って保留した通話は、システム間で共通で保留され、他のシステムでも同じパーク保留番号で応答できます。

パーク保留共有

テキストメッセージ

不在にする時、あらかじめ登録したメッセージ( 最大24文字) の中から設定しておくと、着信時に発信者側の電話機へ設定したメッセージを表示させることができます。

テキストメッセージ

デジタルコードレスローミング

どこのシステムにいても、同じ内線番号で使用することができるので、出張など、拠点間を移動しても同様の内線番号で呼び出すことができます。

デジタルコードレスローミング

本格的なルータ機能を搭載

本格的なルータ機能を搭載

主装置にルータ機能を搭載したことで、従来IP電話サービス直収容時や拠点間でIPネットワークを構築する際に必要だった外付けルータが不要になる上、ヴァーチャルプライベートネットワークの構築も可能となります。また、高性能VoIPゲートウェイとして、音声とデータの統合、IPモバイル環境の構築など、様々な付加価値を提供できます。

IP電話サービスのマルチキャリア対応

通信事業者各社が提供するIP電話サービスを直接収容することが可能です。

 

KDDI株式会社

Designing The Future KDDI

  • KDDI IPフォン
  • KDDI 光ダイレクト
  • auひかり ビジネス

東日本電信電話株式会社

NTT東日本

  • ひかり電話オフィスA(エース)
  • ひかり電話オフィスタイプ
  • ひかり電話ビジネスタイプ

フュージョン・コミュニケーションズ株式会社

Fusion Communications

  • Fusion IP-Phone

西日本電信電話株式会社

NTT西日本

  • ひかり電話オフィスA(エース)
  • ひかり電話オフィスタイプ
  • ひかり電話ビジネスタイプ

Skype Technologies社

Skype Connect™ Certified

  • Skype Connect

NTTコミュニケーションズ株式会社

NTT Communications

  • OCNドットフォン・オフィス
  • .Phone Direct
  • IP電話サービスの料金およびサービスの詳細につきましては、各キャリアへお問い合わせ下さい。

ダイヤルした番号による発信外線の自動選択機能

ダイヤルした番号による発信外線の自動選択機能

ARS(オートマティックルートセレクション)機能で、IP電話サービス対応外の番号への発信、またはIP電話サービス障害時に自動的に一般公衆回線へ迂回し発信させることが可能です。

内線IP化による工事コストの削減

LANケーブルの差し替えだけで、内線番号や設定環境を変えずにそのまま移動

レイアウト変更時、同一LAN内であればLANケーブルを差し変えるだけでそのまま利用できるので、簡単かつ工事費の削減も可能です。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る