サイト内の現在位置

UNIVERGE Aspire Xの サポートは終了しました

UNIVERGE Aspire XUNIVERGE Aspire X

UNIVERGE Aspire X

2008年3月に出荷開始し、10年以上にわたり長らくご愛顧いただきましたUNIVERGE Aspire Xは、2020年3月31日をもってすべてのサポートを終了させていただきます。
「ビジネスに色気を」のキャッチコピーを掲げ、ビジネスフォン市場へ大きなインパクトを与えた、木目パネルを搭載したブラック電話機、積み上げ式の小型モジュールを採用した主装置。
私たちにとってUNIVERGE Aspire Xは、それまでのビジネスフォンの常識を打ち破る挑戦の始まりでした。
UNIVERGE Aspire Xはその役目を終えますが、このシステムが生んだオフィスコミュニケーションの理想を求め続ける精神は、Aspireブランドとして今もなお、私たちの心の中で燃え続けています。
Aspireらしくあり続けること。
それは、最新システムUNIVERGE Aspire WXへ引き継がれています。

UNIVERGE Aspire Xをご利用中のお客さまへ

UNIVERGE Aspire Xの品質には自信を持っていますが、精密機器であることから経年使用により故障のリスクは高まります。万が一が起こる前に、システム入れ替えのご検討をお願いいたします。突然の故障が起きてしまった場合、Aspire Xの保守部品の提供は行えませんので、新しい電話システムへの入れ替えが必要となります。

電話システムの入れ替えには数週間の期間がかかります

新設には時間を要します

新設には時間を要します

営業機会の損失にもつながります

お客さま対応が滞ります

お客さま対応が滞ります

意思決定の遅延や業務の効率ダウンにつながります

社員同士のコミュニケーションも停滞します

社員同士のコミュニケーションも停滞します

UNIVERGE Aspire Xの見た目

UNIVERGE Aspire Xの電話機、主装置の外観はこちらです。もしオフィスの電話設備がこれらに似ていたら、購入された販売店へお問い合わせください。

(後継機であるUNIVERGE Aspire UXでも使われている場合があります)

UNIVERGE Aspire Xで使われている電話機

UNIVERGE Aspire Xで
使われている電話機

UNIVERGE Aspire Xの主装置

UNIVERGE Aspire Xの主装置

UNIVERGE Aspire WXに入れ替えるとできること

UNIVERGE Aspire X
Aspire WX

電話以外にも、チャットやWeb会議、スマートフォンの内線化など、豊富なコミュニケーションツールを利用できます。

コミュニケーションツール

電話機も、カラーディスプレイ、タッチディスプレイ、無線LAN対応など、Aspire Xの電話機からは大きく進化しています。

最新の電話機

もちろん、今お使いの短縮ダイヤルや電話帳はそのまま引き継げます。電話の運用もそのまま継続できます。

マネジメントツール

ビジネスフォンの、次のスタンダード

UNIVERGE Aspire WX

日本のオフィスコミュニケーションを長年支え続けてきた、Aspireシリーズ最新機種、「UNIVERGE Aspire WX」の詳細はこちら。

最新の働き方を知る

テレビCM
ICTソリューションで 働くを支える、ものづくり
NECプラットフォームズ テレビCM 新入社員篇
IT情報コラム
あなたの会社にヒントとひらめきを
ITがもっと身近に感じる情報コラム