サイト内の現在位置を表示しています。

社内の情報共有が面倒なうえ、正しく伝わらない

UNIVERGE Aspire WX電話から始める働き方改革

電話を切ったあと、同じ内容を繰り返しメンバーに話している

  • 電話で話した内容を部内のメンバーに伝えるのが面倒くさい。
  • ちゃんと説明したつもりだが、相手に正しく伝わっていなかった。
  • 正確に伝わらないから認識に差がでる。だからあとになって問題が生じることが多い。
  • 情報共有に時間がとられる。

書類を見ながら話をする男性二人の写真
Aspire WXで解決!
通話内容を周りにも聞かせる
「次回のミーティングまでに必要な資料は…」

電話中に部内で共有したい情報があれば、電話機のスピーカボタンを押して、周囲の人に聞こえるようにします。

その場で情報を共有することができるので、効率的です。

オープンスペースで手軽に情報共有する
「発売のスケジュールが変更になりそうです」

一度で関係者全員の認識を合わせるには、電話会議が最もスピーディです。

ワイヤレス電話機は持ち運びができるので、ミーティングスペースやオープンスペースで関係者と電話会議を開催できます。

情報共有にTV会議は最適だけど、会議室はいつも誰か使っている

  • 電話だけでは、なかなか相手に伝わらないことがある。
  • TV会議の予約は、1週間先まで埋まっているのが日常。

会議室でミーティングをしている写真
Aspire WXで解決!
Web会議ならいつでも使える
Web会議ならいつでも使える

Web会議なら、予約不要で思い立った時に、相手の顔や同じ資料を見ながら会話ができるので、スピーディに情報をシェアできます。

Aspire WXなら、月額費用をかけずに*1利用できるのが特徴です。

  • *1
    インフラにかかる費用は別途発生します。