UNIVERGE Aspire WXで創るNew Normal ビジネスコミュニケーションインフラ

テレワークインフラ

new windowお問い合わせnew window

インターネットのイメージインターネットのイメージ

自宅とオフィスをつなぐネットワークパッケージ
従業員にテレワークのインフラを

仕事をする女性の写真

従業員の自宅のネットワーク環境は、従業員ごとに異なります。企業責任として、自宅環境に依存しないテレワーク環境をすべての従業員に提供することが求められます。Aspire WXなら、ネットワークだけでなく、電話環境まで整えることができます。

自宅からワイヤレスでインターネット接続

POINT 1

自宅とオフィスをVPN接続

POINT 2

会社への代表電話を自宅で受けられる

POINT 3
自宅でもAspire WXが使えます

POINT 1

自宅にネット環境がなくても大丈夫
ワイヤレスでインターネット接続

SIMを搭載したワイヤレスルータだから、電源をつないだらすぐにインターネットへ接続します。自宅のインターネット環境は必要ありません。

LTEだけでインターネットに接続できるWA2612

  • ワイヤレスルータ「UNIVERGE WA2612-AP」は、SIMを搭載しているので、このルータだけでLTEを使ってインターネットに接続できます。
  • だから、自宅に光回線がない、有線LANをどこにつないだらいいかわからない、といった従業員のさまざまな事情に左右されません。

WAルータ
PC
無線LANにPCを接続してVPNでオフィスにアクセスできます

POINT 2

複雑な設定や構築は不要
自宅とオフィスをカンタンにVPN接続

カンタンに自宅とオフィスを高いセキュリティ(VPN)で接続。それだけで自宅がオフィスに早変わり。いつもの事務所と同じようにパソコンが使えます。

UNIVERGE Aspire WXとWAルータの接続

  • オフィスの「UNIVERGE Aspire WX」と、自宅のワイヤレスルータ「UNIVERGE WA2612-AP」で、カンタンにVPN接続。
  • あらかじめ設定を入れておけば、従業員の方は自宅に帰って電源を入れるだけで、すぐにVPN環境ができあがります。
  • あとはパソコンを繋げば社内LANに接続できるので、オフィスと同じネットワーク環境で業務が行えます。

POINT 3

電話応対のための出社不要
自宅で会社の代表電話を受けられる

テレワーク時の課題として「会社への代表電話に対応できない」という話をよく聞きます。「UNIVERGE Aspire WX」なら、自宅に電話を置いてオフィスと同じように応対できます。

Aspire WXの構成図

  • 動作させたいときに、回線キャリアの転送サービス(ボイスワープ等)で「UNIVERGE Aspire WX」に転送させます。
  • VPNでつながった自宅の卓上固定電話機「DT900」は、「UNIVERGE Aspire WX」に転送された代表電話に対して鳴動します。
  • もちろん、自宅の卓上固定電話機「DT900」はオフィスの電話と同様に、保留や転送など、ビジネスフォンの機能が使えます。

オペレータの女性

コールセンターのオペレータにも

「UNIVERGE Aspire WX」は、豊富なコールセンター機能を提供します。コールセンターのオペレータ業務もテレワーク環境で簡単に実現できます。

UNIVERGE Aspire WX コールセンター向け機能(一部)
  • 待機時間優先ルーティング
  • スキルベースルーティング
  • ラストコールルーティング
  • MIS集計アプリケーション
  • グラフィックビューア
  • IVR機能
  • コールマネジメントシステム
  • 通話録音(ロガー)