ページの先頭です。
本文へジャンプする。
本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. キーテレフォン/IP-PBX
  4. UNIVERGE Aspire UX
  5. 機能/ソリューション
  6. 豊富なマネジメントツール
ここから本文です。

UNIVERGE Aspire UX

豊富なマネジメントツール

ユーザープログラミング

PCのWEBブラウザから、UNIVERGE Aspire UXの基本設定、電話機毎の各種設定などのメンテナンスを行うことができます。

【VMファイル(メールボックス)】短縮ダイヤルデータと名称設定[拡大する]拡大する

【VMファイル(メールボックス)】VMファイル(メールボックス)[拡大する]拡大する

【電話機設定(内線番号設定)】電話機設定(内線番号設定)[拡大する]拡大する

ユーザープログラミングで設定可能な項目一覧

  • 時計カレンダー設定
  • 内部保留音の曲目選択
  • 自動運用モード切替設定
  • DISAユーザーID設定
  • メールボックス番号設定
  • Eメール通知設定
  • テキストメッセージ設定
  • 外線一般着信時の鳴動電話機設定
  • 短縮ダイヤルデータと名称設定
  • 手動運用モード設定
  • DSSコンソールのボタン登録
  • ドアホン鳴動電話機設定
  • ACDスキルテーブル設定
  • ACDスキルベース設定
  • KDDI内線Cメールメッセージ設定
  • KDDI内線Cメールメッセージパターン設定
  • 電話機設定(内線番号設定)
  • 電話機設定(機能設定)
  • 電話機設定<個別短縮ダイヤルデータと名称設定>
  • 電話機設定<機能ボタン割付>
  • 電話機設定<多機能電話機の仮想内線鳴動データ設定>
  • 電話機設定<VMファイル>
  • 電話機設定<カールコードレス子機の機能ボタン設定>
  • 外線設定<外線の名称設定>
  • 外線設定<外線毎の自動転送設定>
  • 外線設定<短縮ダイヤルデータと名称設定>
  • UCアカウントのユーザー情報設定
  • 電話機設定コピー
  • VRSファイル<VRSファイルのアップロード/ダウンロード>
  • VMファイル(内線)<VMファイルのアップロード/ダウンロード(内線)>
  • VMファイル(メールボックス)

ユーザーマネジメントツール

センター電話帳や短縮ダイヤル、ボイスメールの録音データ情報等を管理することができます。

【電話帳データ設定】電話帳データ設定[拡大する]拡大する

【短縮データ設定】短縮データ設定[拡大する]拡大する

【発信規制データ設定】発信規制データ設定[拡大する]拡大する

【ボイスメールデータ設定】ボイスメールデータ設定[拡大する]拡大する

ユーザーマネジメントツールで管理可能な項目一覧

電話帳データ設定
  • センター電話帳データの編集
短縮データ設定
  • 短縮ダイヤル(共通/グループ)データの編集
発信規制データ設定
  • 個人登録発信規制データの編集
ボイスメール管理
  • ボイスメールメンテナンス情報
    <録音時間残量表示、メールボックス情報表示>
  • メールボックス毎の録音データリスト
    <録音データリスト表示、ダウンロード/削除>
  • VRS/VM応答メッセージ用の音声ファイル変換
  • ボイスメール機能のエクスポート(CSV)
UC100アカウント情報管理
  • アカウント情報の編集
発着信情報管理
  • 発信・着信履歴のダウンロード(CSV)

料金管理プログラム

料金管理プログラム

複数拠点に設置したUNIVERGE Aspire UXをIPネットワークで接続することで、音声・データ統合ネットワークを構築し事業所間の通信コストを削減できます。UNIVERGE Aspire UXはお客様の運用に合わせたさまざまな接続方法から選択できます。

CMS(コールマネジメントシステム)

CMS(コールマネジメントシステム)

UNIVERGE Aspire UXより送出される通話情報をパソコンで受信し、データベースとして格納、集計、出力させることができます。内線番号毎、内線グループ毎、外線毎、外線グループ毎発着信数の集計出力ができ、呼量により求められる適正回線数を把握できます。

不正アクセス検出オプション

システムを経由する外線発信を監視し、規定したルールに反した異常な動作を検出、管理者へEメールで通知することができます。さらに、管理者がEメールに返信することで当該発信を規制することができ、セキュリティレベルを高めることが可能です。

不正アクセス検出オプション

停電対応

オプションのバッテリを備えることで、停電時でも最大3時間まで通常稼動し、バッテリが切れた後でも停電用電話機により発信することができます。停電復旧後はシステムが自動で復旧し、通常の動作に戻ります。

停電対応

NTP対応

NTP対応

NTP(Network Time Protocol)に対応しております。

  • NTPサーバへの接続が必要です。

パワーセーブ

NTP対応

電話を使わない時間はパワーセーブ機能を使用することで電話機の待機電力をゼロにでき、消費電力低減に貢献します。システムの構成により約30%~50%程度の消費電力低減が期待できます。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る