サイト内の現在位置を表示しています。

Governance(ガバナンス)

社会価値の継続的な創出と企業価値の最大化をはかるためには、コーポレート・ガバナンスの強化が重要であると考えております。そのために、当社は経営環境の変化に対応して迅速な意思決定を行うことができる経営体制をとるとともに、経営の透明性および健全性の確保に努めております。

社会ソリューション事業を展開するNECグループの一員である当社にとって、お客さまをはじめとする社会からの信頼を獲得、維持することは最も大切なことであると考えています。当社では、コンプライアンスを、法令遵守のみならず、社会通念や一般常識に照らして適切な行動をとることまでも含めた広義の概念としてとらえています。

ESG視点の経営の優先テーマであるコンプライアンス徹底のための重要な活動として、競争法や贈収賄防止規制遵守のための体制強化など、公正な取引の推進に積極的に取り組んでいます。

災害発生時に、その被害による事業へのダメージを低減するとともに、速やかに復旧することで、お客様のシステム安定稼働とお客様への商品・サービス提供を継続できるように、事業継続計画 (BCP:Business Continuity Plan)を策定し、訓練、レビューなどから継続的改善を図る事業継続マネジメント(BCM:Business Continuity Management)活動を実施しています。

お客様が求める価値ある製品の提供のため、グローバルな市場から、必要な資材・サービス等を適切な品質・価格・納期で調達します。いかなる活動においても、NECグループ企業行動憲章およびNECグループ行動規範に基づいて、関係法令の遵守、公正な取引関係を尊重します。

お客さまの期待水準を達成するため、全社員一人ひとりが自ら担当するプロセスで品質を作りこみ、ベタープロダクツ・ベターサービスを提供し続けます。

当社グループは、より良い商品やサービスを提供し社会の発展に寄与するため、お客様やお取引先様からお預かりした情報資産および当社グループの情報資産を守ることが責務と考え、ここに情報セキュリティ基本方針を定め、実践することを宣言します。

当社は、お客様と社会にセキュアな製品をご提供することで、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、製品セキュリティによる持続可能な社会の実現に貢献します。