ページの先頭です。
本文へジャンプする。
本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 小売業・専門店
  4. ポーラ美術館 様
ここから本文です。

ポーラ美術館 様

ポーラ美術館

売上や在庫データのリアルタイム把握でき、在庫・発注・棚卸など各種業の効率化を実現

業種 運輸・サービス業 業務
製品 StoreBASE ソリューション・サービス 小売業・専門店

導入ソリューション

システム構成

システム構成図システム構成図

この事例の製品・ソリューション

導入前の背景や課題

ポーラ美術館

ポーラ美術館は、「箱根の自然と美術の共生」をコンセプトに 2002年9月に開館致しました。建物は周囲の環境との調和をはかり、建物のほとんどを地下に置いて、森の風景の中に溶け込むような形にしています。また展示室照明は美術作品が最大限美しく鑑賞できるよう、最新の光ファイバー照明を採用しました。優れた作品と、美しい緑の自然、そして光に満ち溢れた建築空間が織りなす美の世界をお楽しみください。

選択のポイント

システム導入の背景

ポーラ美術館

ポーラ美術館様は従来からNEC製POSを使用しておりますが、経年とともに在庫発注作業に不便が生じており、システム見直しにあたり、これら課題解決が必須の条件でした。

システムの課題としては

  1. 売上データ、在庫データ等の集計がバッチ処理のため、棚卸データの作成に時間がかかり、深夜作業になるケースが多い。
  2. 商品点数が多く、商品検索作業に時間がかかり、発注業務が効率的にできない。
  3. 買取・委託商品の管理ができず、棚卸資産管理が煩雑である。

ことであり、これら課題が解決できるStoreBASEを導入することになりました。

導入後の成果

システム導入の効果

売上データ/在庫データのリアルタイム把握

本部サーバでは各ショップの単品レベルでの売上データ/在庫データがリアルタイムに把握できるので、タイムリーな対応が可能になりました。

多彩な分析機能の実現

定型分析帳票の他、非定形分析ツールにより、ユーザ自身によるデザインが可能であり、またCSV形式での出力もできるのでEXCEL等での集計も可能になりました。

棚卸業務の効率化

在庫データがリアルタイムで把握できるようになったため、これまで棚卸時にバッチ処理にて行っていたデータ集計作業が必要なくなり、棚卸業務を効率よく行うことができました。

店舗業務の軽減化とミスの削減

StoreBASEの特売機能により、セール品の価格変更ができるようになりました。そのため、従来行っていた会計時の値引操作が不要となり、入力ミスの削減とオペレーション時間の短縮が実現できました。

発注業務のスピードアップ、精度アップ

商品マスタの機能が改善され、不要不急の商品データは画面に表示されなくなり、商品検索がスムーズにできるようなりました。

このため、発注業務の効率化ができました。

在庫管理の効率化

従来システムでは買取商品と委託商品の分割管理ができず、棚卸評価を手作業で行っていましたが、今回のシステムで可能になったため、大幅な作業の効率化が実現できました。

お客様プロフィール

ポーラ美術館

所在地 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

ポーラ美術館

設立 平成14年9月6日
従業員数
概要
URL [新規ウィンドウ]http://www.polamuseum.or.jp/

ポーラ美術館のコレクションは、ポーラ・オルビスグ ループのオーナーでありました鈴木常司(1930-2000)が40年余をかけて収集した美術作品、総数約9,500点から成っています。コレクションの中核は、19世紀フランス印象派やエコール・ド・パリなどの西洋絵画400点であり、また日本の洋画、日本画、東洋陶磁、日本の近現代陶磁、ガラス工芸、化粧道具なども多数収蔵し、大変幅広いコレクションとなっております。ポーラ・オルビスグループは、「美と健康の事業を通じて、豊かで平和な社会の繁栄と文化の向上に寄与する」という企業理念を掲げ、ポーラ文化研究所(1976年)、ポーラ伝統文化振興財団(1979年)、ポーラ美術振興財団(1996年)を設立し我が国の文化や美術の研究・振興・普及に取り組んでまいりました。

髪かざり(ピエール・オーギュスト・ルノワール)髪かざり
(ピエール・オーギュスト・ルノワール)

アザミの花(フィンセント・ファン・ゴッホ)アザミの花
(フィンセント・ファン・ゴッホ)

睡蓮の池(クロード・モネ)睡蓮の池
(クロード・モネ)

この事例の製品・ソリューション

(2008年6月)

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る