サイト内の現在位置を表示しています。

小売業向けPOSシステム RegiGrow 導入事例むらからまちから館 様

複数のシステムを統合し、発注から精算・在庫管理までの業務を効率化
リアルタイムで販売状況を把握し、欠品による機会損失を防止

業種: 卸売・小売・飲食店   業務: 営業・販売   製品: RegiGrow TWINPOS 9500Fi TWINPOS 9500Vi
ソリューション・サービス: 小売業・専門店

事例の概要

課題背景

  • 軽減税率に対応したPOSシステムに更新したい

  • POSや販売・在庫管理など店舗運営にかかわるシステムを統合したい

  • 精算業務の工数を削減し、販売・在庫管理の精度を向上させたい

成果

7つのシステムを統合し、業務効率と販売・在庫管理の精度が向上

軽減税率に対応するだけでなく、POS、販売・在庫管理など複数のシステムをひとつに集約し、精算業務の工数を大幅削減。データ連携が原因の精算誤差もなくなり、販売・在庫管理の精度が格段に向上

リアルタイムで販売状況を把握、適切な指示により機会損失を防止

POSからリアルタイムで売り上げや在庫数が確認できるため、適切なタイミングでの指示や発注が可能となり、欠品による機会損失を防止

導入システム

システム構成図

本事例に関するお問い合わせはこちらから

事例の詳細

導入前の背景や課題

POSを含む複数のシステムを統合し、業務を効率化したい

地域総合専門館 むらからまちから館 部長 吉田 ひとみ 氏
地域総合専門館
むらからまちから館
部長
吉田 ひとみ 氏

全国商工会連合会が運営する、日本唯一の公設地域総合専門館「むらからまちから館」様。東京・有楽町駅前の店舗には全国の地域特産品や産地直送野菜が所狭しと並べられ、いつもたたくさんのお客様で賑わっています。

今回むらからまちから館様は、店舗運営にかかわるシステムをNECプラットフォームズの小売業向けPOSシステム「RegiGrow(レジグロー)」に刷新。従来システムについて、部長の吉田 ひとみ 氏は次のように語ります。

「POS、販売・在庫管理、ポイントカードなど目的別に7つのシステムを使用し、データ連携はイン・エクスポートを手動で行っていました。手間がかかるうえエラーが頻発し、POSと販売管理システムに精算誤差が生じるなど、正確性と工数が悩みでした。

各種カード端末も手入力だったので、ミスが起こることもありました。さらにスペース上、カウンターの背後に端末があったため、カード処理をする店員の手元が見えずお客様が不安に思う場合もあり、改善が必要でした」

また、アンテナショップという性質上、軽減税率制度への対策についても課題があったと言います。

「食料品と酒類といった区分だけでなく、委託と仕入れの商品が混在しているため、従来システムでは軽減税率を適用することは難しく対応に苦慮していました」

選択のポイント

7つのシステムがひとつに集約

むらからまちから館様は今回のシステム更新において、“複数システムの統合”を強く望んでいました。

「委託商品の軽減税率対応はもちろんですが、発注から販売・在庫管理に至るまで総合的にカバーできるシステムを条件に、複数の会社へ提案を依頼しました。 その中でも、必要な機能がワンパッケージに集約された「RegiGrow」は一際目を引きました」

選ぶ楽しさと柔軟なカスタマイズ対応

全国の特産品が所狭しと並ぶ店内
全国の特産品が所狭しと並ぶ店内

使用環境や目的を考えると、店内の通常販売と店舗前での仮設販売では機器構成を変える必要があります。

「店舗前のPOSは開・閉店時に移動させるため、配線不要な無線LANに対応し、可動式で省スペースなもの、店内は据え置き型で、必要な周辺機器がコンパクトにまとまっているものが理想でした。NECプラットフォームズの提案は、POSやオプションの選択肢が多く”自分たちに最適な機器を選ぶ楽しさ”がありました。

また混乱を防ぐため、これまでの帳票や画面構成を踏襲しカスタマイズするなど、柔軟な対応も高評価でした」

安心の365日一貫保守体制

土日祝日も営業しているむらからまちから館様は、もしもの時に備え、保守サービスも重要視していました。

「いつ・どんな不具合が起きても、365日受け付けているコールセンターや、ハード・ソフトに関係なく対応してくれる一貫した保守体制が整っていることはとても安心感があり、決め手のひとつになりました」

導入後の成果

法令対応や業務効率化に加えサービスも向上

新システム稼働により、法令対応や業務効率などが向上だけでなく、お客様サービスも向上しました。

「委託・仕入れ共に軽減税率への機能対応が完了し一安心です。データ連携が原因の精算誤差も解消され、確認作業にかかる時間が大幅に減りました。さらに、各種カード端末がカウンター上に設置されPOSと連動したことで、操作の透明性と正確性が向上し、より安心してカード類を ご利用いただけるようになりました」

リアルタイムな販売状況把握で機会損失を防止

店内に設置されたPOS
店内に設置されたPOS

新システムでは、POSからも販売状況や在庫状況がリアルタイムで確認できるようになりました。

「従来はレジを締めた後でないと正確な売り上げや在庫数を確認できず、追加発注などは翌日の対応でした。

しかし現在はリアルタイムで把握できるため、適切なタイミングでの指示や商品発注が可能になり、欠品の防止に役立っています。お客様から在庫を尋ねられた時にも、POSですぐに調べられるので重宝しています。

在庫の棚卸し精度も向上し、確認作業時間が約30%短縮されるという期待以上の効果もありました」

最後に、今回を振り返り吉田氏は次のように語ります。

「NECプラットフォームズは我々の要望を受け止め、実現のため真摯に対応してくれました。今後はこのシステムを活用し、さらなるお客様サービス向上に努めます」

お客様プロフィール

むらからまちから館

所在地 〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館1F
設立 1995年4月
資本金 1,000万円
事業内容 全国各地の地域特産品や産地直送野菜などの販売
URL new windowhttp://murakara.shokokai.or.jp/

パートナー企業

株式会社ミロク情報サービス

所在地 〒163-0004
東京都新宿区四谷4-19-1 MJSビル
URL new windowhttps://www.mjs.co.jp/
  • 本事例は、パートナー企業との協業によるものです。

本事例に関するお問い合わせはこちらから

(2018年12月14日)

  • 記載されている会社名、製品名、サービス名などは該当する各社の登録商標または商標です。
  • このページに掲載されている情報は公開日時点の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。