ページの先頭です。
本文へジャンプする。
本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 導入事例
  3. フードサービス業
  4. 大和実業株式会社 様
ここから本文です。

大和実業株式会社 様

大和実業株式会社

長期安定稼動を図る信頼性とデザイン性を兼ね備えた新POSシステムを導入。多業態運用に対応できる必要機能を標準パッケージとして搭載しており、従来より低コストかつ短期間でシステム構築を実現

業種 卸売・小売業・飲食店 業務
製品 FoodFrontia TWINPOS5500Ui, FoodFrontia Pro ソリューション・サービス フードサービス業

導入ソリューション

システム構成

システム構成図システム構成図

この事例の製品・ソリューション

導入前の背景や課題

新しいスタイルの提案を通じ、長く愛される店舗を目指す

ごだいご各地の名品を取り寄せたこだわりの京風おでんと創作和食料理を提供「ごだいご」

オーダーエントリーシステムカラー画面で見やすく操作がしやすいため、オーダー入力もさらに短縮化

1955年『やぐら寿司』のオープンに始まり、以後、ボトルキープ制の導入や高級会員制クラブの先駆けとなる『エスカイヤクラブ』をはじめ、現在のチェーンタイプの居酒屋の草分け的地位となる『やぐら茶屋』、そして『アジアンキッチン』『ザ・ワインバー』など、新たなビジネススタイルと業態を次々と開発し、飲食業界をリードしてきた大和実業株式会社様。

人が集まる場所に、さまざまな業態の店舗を集中出店するドミナント戦略を取られており、そのエリアの中でさらにスクラップ&ビルドを繰り返し、新事業の投入や既存店の見直しを図ることで、規模の大きさより強さを誇る体質強化に努めてこられました。

また、創業50年を越えた今でも、どうすればお客様にもっと喜んでもらえるかを考え続け、常に時代のニーズにふさわしいサービスを提供しており、現在では15業態からなる飲食店を、全国に71店舗直営しています。

選択のポイント

多業態運用を考慮し、導入システムを選定

POSターミナルお客様から見える背面デザイン性を向上させたPOSターミナル

カラー液晶タッチパネル見やすく操作しやすいカラー液晶タッチパネルを搭載

お客様へより良いサービスを提供するため、長年使用していたシステムの更新を検討する際、従来機のアプリケーション資産を生かすつもりでしたが、その移行費用が高く、なかなかスタートできない状況にありました。大和実業株式会社 総務部・システム 課長 柳田 忍氏はシステム導入検討の経緯をこう語っています。

「従来は独自システムのため、構築には多くのコストがかかっていましたが、導入スピードとカスタマイズを含めた価格面を熟慮した結果、今回はパッケージシステムをベースに検討するという方向となり、NECインフロンティアを含めた6社の競合としました」と、さらに、選定の理由をこう続けます。

「(1)基幹の販売システムとの連携、(2)カスタマイズ要件を含めた価格面、(3)店舗運用を考慮したパッケージとしてのPOS機能、この3点を選定の大きな軸に検討し、当社のシステム部門・営業部門から最も評価が高かったNECインフロンティアに決定しました。特に、当社は幅広い業態を展開していますが、NECインフロンティアのFoodFrontiaは必要機能のほとんどを標準パッケージ機能でカバーし、個別仕様のためのカスタマイズは最低限で済ませることができたため、費用・納期を含めて、従来より低コストでシステム導入を実現できました」

導入後の成果

IT/ネットワークの活用により、更なる業務効率やセキュリティの向上を検討

「POS/オーダーエントリーシステムの導入・展開はとてもスムーズに行えましたし、POSやハンディターミナルの操作性、POSのデザイン面は現場のスタッフにも好評です。また、機器・システムが自社開発かつ保守までをトータルにサポートしてもらえるという点や、POSには障害率の低いシリコンディスクを採用するなど、店舗の運用を考慮した信頼性の高いシステムという点も評価できます。加えて、多店舗管理機能を用い、まったく客層が異なる昼と夜の営業を別店舗として管理することで、より精度の高いPOSデータを採取・分析し、店舗の運営戦略に活用できる点も導入した効果として表れてきています。さらに今後の展望として、お客様の要望を見極めながらセルフオーダーシステム導入の検討や、今回のシステム導入あたり刷新したネットワークを活用し、例えばWebカメラによる本部から現場への指示や、不正防止などのセキュリティ面の向上へ検討したいと考えています」(同社 柳田氏)

大和事業株式会社 総務部・システム 係長 塚本 佳昭 氏

大和事業株式会社
総務部・システム
係長
塚本 佳昭 氏

「今回のシステム導入後、本部での業務軽減につながっています」

大和事業株式会社 総務部・システム 主任 右衛門佐 佳久 氏

大和事業株式会社
総務部・システム
主任
右衛門佐 佳久 氏

「システム導入はとてもスムーズに行え、とても安心しました」

大和事業株式会社 取締役 廣瀬 昌久 氏

大和事業株式会社
取締役
廣瀬 昌久 氏

「飲食業の中でIT活用の先駆者としてやってきた自負があり、今後も積極的に伸ばしていきたい」

大和事業株式会社 総務部・システム 課長 柳田 忍 氏

大和事業株式会社
総務部・システム
課長
柳田 忍 氏

「店舗の業務軽減につながるIT導入を今後も目指したい」

  • フラッシュメモリを用いた記憶媒体のこと

お客様プロフィール

大和実業株式会社

所在地 大阪府大阪市北区茶屋町19-19
アプローズタワー18F

大和実業株式会社

設立 1955年10月1日
従業員数 500人(内正社員 160人) ※2014年3月現在
概要 「やぐら茶屋」「アジアンキッチン」「ごだいご」などの居酒屋や「ザ・ワインバー」、ショットバー「エスプリ」などの他、会員制クラブ「エスカイヤクラブ」を運営
URL [新規ウィンドウ]http://www.daiwa-j.com/

この事例の製品・ソリューション

(2009年12月8日)

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る